人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« スティール・ボール・ラン23巻 | トップページ | 朝食は「おせきもち」 »

2011年5月28日 (土)

EUROX←TAO

先月買ったガリアンDVD-BOXの方はジョルディーがスラーゼンの人馬兵軍団と合流し、そろそろランベルが味方になり、アズベスが倒れるというところ。異文明非干渉の話も思っていたよりも早くに伏線を張ってあって、初見の時とはだいぶ印象が違う。地味だけれどもしっかりした筋書きを楽しんでいる。やっぱし主題歌2曲がすごくいい。エンディング「星の一秒」は泣ける。歌ってるEUROXはたしかバイファムの主題歌を歌っていたグループの流れを汲んでいたのでは?と思ってwikiで調べていると「TAO」というグループ。ああ、そんな名前だったわ。「ハローバイファム」は全くの英語歌詞で歌えへんぞ~ってみんなで言ってた覚えがある。また、その後パイオニアか何かのCMソングもこのグループが歌ってて、知り合いにシングルレコード、そうまだレコードだった、を録音させてもらってよく聞いていたもんだ。
 なんだかすごく興味がでてきたのでamazonで調べると、おおちゃんとCDが紙ジャケで再販されている。しかも高音質仕様。早速注文してしまう。
Dsc07032
アルバム名「Far East」
ボーナストラックでちゃんと「HELLO, VIFAM」「NEVER GIVE UP」それによく聞いてた「遊室民」も収録。
ボーナストラックがないとちょっと地味かも知れないけれど、なかなかに気持ちいい完成度の高いアルバム。やっぱしバイオリンが入るのがいい(笑)
折り込みで当時のインナーが入ってるのと、TAOからEUROXへの変遷についての解説書も同梱してあって非常に満足度の高い内容だった。「NEVER GIVE UP」はこんなにいい歌だったのかと再認識。今日の移動のお供にさせていただこう

« スティール・ボール・ラン23巻 | トップページ | 朝食は「おせきもち」 »

コメント

ガリアンもそうだけどボトムズやドラグナーも最近になって見直して
みると当時と感じ方がかなり変わっている。旧作をあえて今見直して
みるのも意外と新鮮な感動がある。ボトムズはその勢いで最近出た
続編まで見てしまって「蛇足だよ!」とつっこんでしまったり・・・。
ダグラムとかレイズナーももっかい通しで見てみたいと思った。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36085/51788292

この記事へのトラックバック一覧です: EUROX←TAO:

« スティール・ボール・ラン23巻 | トップページ | 朝食は「おせきもち」 »

ついった

その筋の音楽

  • 戸川純 with Vampillia -

    戸川純 with Vampillia: わたしが鳴こうホトトギス
    最初聞いたとき、滑舌の悪くなったひょろひょろ声の戸川純さんに絶句してしまった。ちがう!なんかちがう!? しかし、繰り返し聞くうちに印象が変わってきた。タイトル曲「私が鳴こうホトトギス」の意味が分かったような気になりで泣けた。絶景なるかな・・・・ (★★★★★)

  • 音楽:渡辺宙明 -

    音楽:渡辺宙明: Columbia Sound Treasure Series「透明ドリちゃん」オリジナル・サウンドトラック
    このようにマニアックなサントラが今発売されるとは。宇宙刑事ギャバン流用曲最後のピースがここに明らかになる。若き日の「柿崎澄子」さんを思い出しながら聞こう! (★★★★)

  • 坂本龍一 -

    坂本龍一: 音楽図鑑-2015 Edition-(紙ジャケット仕様)
    以前の版にに比べて大幅な音質の向上+追加収録曲。特にdisk2を聞いていると、このアルバムがどのように形作られていったかを思い巡らせることができて非常に興味深い。紙ジャケ大好き!! (★★★★)

  • ゴダイゴ -

    ゴダイゴ: 西遊記
    発売は私小五の頃。50歳近くなって、今改めて聞いて実に絶妙な構成であることを実感。ゴダイゴのアルバムでありドラマ西遊記のサントラという立ち位置がバランス取れていて素晴らしい。 (★★★★)

  • 戸川純 -

    戸川純: TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST&RARE 1979-2008
    内容的にはダブってしまう方もいるのだろうけれど、私のようにこれまでのアルバムを買ってこれなかった人には非常に価値の高い中身だと思う。特にDISC-3の「ラジャ・マハラジャ」は必聴だ! (★★★★)

  • 飯島真理 -

    飯島真理: blanche(ブランシュ)(紙ジャケット仕様)
     飯島真理さんにリン・ミンメイのイメージばかりを重ねていけない!!吉田美奈子さんのプロデュースが光るこのアルバムは癒しとしても聞き応えありと思う。 (★★★★★)

最近のトラックバック

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28