人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 藤子・F・不二雄全集 バウバウ大臣を読む | トップページ | テレビゲームの音楽は侮れないですよ・・・・・ »

2011年5月 1日 (日)

機甲界ガリアンDVD-BOXを買う!


 4月始めにドンデラマンチャの録画に失敗し、そこから色々とピンチな状況が続いていた。ローンも沢山残っているのだが、鬱な気持ちを吹っ飛ばすためにもここは一発「劇場版イデオン」のBlu-rayか「ガリアン廉価版DVD-BOX」のどっちかで気合いを入れようと悩んで、ガリアンを買ってしまう。
 テレビ本編も再見したかったが、「鉄の紋章」が見たかった。特に邪心兵のウネウネした動きが無性にみたい気分だったのはなんでか?当時はあんまし意識していなかったが沖浦啓之さんが作画していたのだな。剣で切るのではなく、「重さで打ち据える」描写がなかなかにかっこいい。
 本編も非常に丁寧な造りでおもしろい。ガリアンコックピットの全天モニターって網掛けもしてなんかすごく凝った仕掛けがしてあって、ちょっとびっくり。もしかしてエルガイムmkⅡよりも早く世にでたのではあるまいか?ジョルディー王子の通称がジョジョと聞いて息子らは大爆笑!笑うなよ。
 商品には解説書もなーんもなくって、非常に簡素な造りだがこの値段なので許してしまう。
 1話づつゆっくり楽しむことにします。

« 藤子・F・不二雄全集 バウバウ大臣を読む | トップページ | テレビゲームの音楽は侮れないですよ・・・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 機甲界ガリアンDVD-BOXを買う!:

« 藤子・F・不二雄全集 バウバウ大臣を読む | トップページ | テレビゲームの音楽は侮れないですよ・・・・・ »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31