人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年3月27日 (日)

藤子・F・不二雄全集 バウバウ大臣を読む

1301185578439.jpg
 みきおとミキオ とのカップリング本。パジャママンに次ぐ個人的な目玉だ。
先月発刊の「チンプイ」はこのバウバウ大臣の二番煎じというイメージが自分にはあって、『自分は実は星の王子様(王女)』という要素の使い回しを藤子先生が自らやってしまっている事に、あまり良い印象を抱いていなかった。
 さて、期待のバウバウ大臣だが正直今ひとつだった。自分が読んでいたのは「小学三年生」版だったということがわかり、一番印象に残っていた話も「ミウ電気で大活躍」であったこともわかってすごくすっきりした。バウバウ大臣のキャラがあまり際立っていないというのか?「星の再興のためには手段を選ばない」みたいなぶっ飛んだ性格だったらもっと弾けていておもしろくなったのかもしれない。連載期間も短いが、本当に小品という全体的な印象だったのでおもしろかったという記憶からの期待が大きすぎたかもしれない。ラストの星の再興の展開も急転すぎるけれど「100年か200年後にまた(科学の力で)生まれ変わって会いましょう」というオチはなかなかムードがあって良かったと思う。
 小学生の頃に読んだマンガを再読してこういう期待はずれになることって、よくありますね。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年5月 »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31