人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« ポメラ | トップページ | BS2 ゼロ年代珠玉のアニメソングスペシャルを見てしまう »

2010年8月14日 (土)

山本弘「MM9」を読む

 とにかくテレビとは別物なのだということはよ〜くわかった。怪獣とか**とかがなんで存在できて、廃れるのか?ということを「多重人間原理」とかいう架空の論理で括ってくれる。もうとんでもない与太話。好き嫌いは分かれると思うけれど、私はとてもおもしろく読ませてもらった。ラスト、MM9に当たる怪獣が予想通りアレで現れるのだけれど、それを退治したオチが******が存在する可能性だったのもなかなか楽しかった。

 テレビの方はパトレイバーの初期OVAみたいになってますけれどどうなっちゃうんでしょう?(笑)

« ポメラ | トップページ | BS2 ゼロ年代珠玉のアニメソングスペシャルを見てしまう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山本弘「MM9」を読む:

« ポメラ | トップページ | BS2 ゼロ年代珠玉のアニメソングスペシャルを見てしまう »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30