人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 「けいおん」の原風景 | トップページ | エスプガルーダ2をクリア »

2010年5月 4日 (火)

大村憲司「春がいっぱい」

春がいっぱい
 オークション七回目位のチャレンジでようやくGET。長らくミュージックテープでしか持っていなかったのでなかなか感慨深い。改めてインデックスに目を通すと「SEIKO IS ALWAYS ON TIME」は坂本龍一が、「THE DEFECTOR」「MAPS」は高橋幸宏がそれぞれ作曲。このあと飯島真理さんのファーストアルバムも坂本・大村のラインでプロデュースなんですな。次はその辺を探していこう!!

« 「けいおん」の原風景 | トップページ | エスプガルーダ2をクリア »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大村憲司「春がいっぱい」:

« 「けいおん」の原風景 | トップページ | エスプガルーダ2をクリア »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31