人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« オーディーン・光子帆船スターライト | トップページ | 「けいおん」の原風景 »

2010年5月 2日 (日)

AddressV125G

アドレス
 休日だが仕事だ。近隣のクライアントを訪問した後に、隣町で取引先と植樹をするというなんともよくわからない内容(苦笑)。今日のような状況で役に立ってくれるのは、。一月ほど前に原付から乗り換えたSUZUKIのアドレスだ。いわゆるK9という形式になるのだが、巷で言われているほどに鈍足ということはなく、町乗りでは必要にして充分なパワーだと思う。まあ、スクーターというと50ccしか乗ったことがないので比較がそういうことになるのだが、足下に荷物が置けて、それなりにコンパクトな車体で、2段階右折とか面倒な事がなくって、125ccというのはこの上なく便利だ。今日のように訪問系の仕事があったときには、どうにも駐車できないようなところへいく必要があり、そんな時にはコンパクトなスクーターという形態はスーパーの駐輪場なんかに留めておけるので非常にありがたい。パクられたら泣くけど。さらに、移動すべき距離が中途半端なときやスケジュールが詰んでいるときには125ccという排気量が物を言う。カスタムパーツとかは山のように出てるみたいなので、小遣いためて改造してやろう。ローンがきついけど・・・・・

« オーディーン・光子帆船スターライト | トップページ | 「けいおん」の原風景 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AddressV125G:

« オーディーン・光子帆船スターライト | トップページ | 「けいおん」の原風景 »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31