人間嫌いを考える本・・・

  • 江戸川 乱歩: 幽霊塔

    江戸川 乱歩: 幽霊塔
    文体がやや古風なのに慣れると、途端に面白くなってくる。謎の美女「秋子」の過去を紐解く怪奇小説。売りはやはり宮崎駿の妄想的解説だ。そもそもは黒岩涙香という作家が米国の小説「灰色の女」を翻案した「幽麗塔」という作品がルーツとしてあり、これを涙香のファンだった江戸川乱歩がリライトした、という三者三葉の違いを宮崎駿が例の画の密度で解説してるページが素晴らしい!! (★★★★)

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき (12) (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき (12) (ビッグコミックス)
    いよいよあと1巻で終局らしい。人質となった島民は?中国空母「広東」との決戦の行方?そしてなぞの秘密兵器の存在の有無? この社会情勢でこの内容はやっぱしヤバい? (★★★★)

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気 (講談社+α文庫)

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気 (講談社+α文庫)
    早くも文庫化。「単行本未収録エピソード満載」とあるけどそんなに物量はない印象。再読して改めてこの人凄まじい生き方したんやと思う (★★★★★)

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか? (★★★★★)

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月23日 (日)

ブルース・ウィリス「ハドソン・ホーク」


ブログネタ: ブルース・ウィリス出演映画で好きな作品は?参加数拍手


Howk
これは、アルマゲドンでもダイ・ハードでもなく、個人的には絶対にこの映画だ。
正直言って、この映画はつまんない。普通に見てすごく失敗している映画だと思う。
ブルース・ウィリス演じる、盗みと金庫破りのプロであるホークが、レオナルド・ダ・ヴィンチの作った完全なる錬金術マシーンを巡って、偏執狂の悪党達と戦うというストーリー。盗みを行うときには時間を計るために相棒と歌いながら仕事をするとか、好物がカプチーノとか色々と洒落た設定が工夫されていたのにおもしろさの仕掛けが充分に伝わらなかったのが敗因だったと思う。すぐ前にダイ・ハード2みたいなヒットを飛ばしていただけに、みんなそういう映画を期待してしまっていたら、実はコメディーで肩すかし喰らってしまったというところだろうか。かのラジー賞にもノミネートされてしまっていたと思う。しかし、私と家内はこの失敗している要素をなぜか非常に好意的に受け止めることができていて、未だにおもしろかった映画に挙げている。いやー、これおもしろいんだけれどなあ・・・・。ファミコンソフトもあったように思う・・・?


永井豪先生新連載「激マン!」を見る

Mgoraku10
仕事前のコーヒーとパンを買いに入ったコンビニで、永井豪先生の画が目に入った。冒頭はデーモンに襲われる入浴中(推定)の牧村美樹さんから始まる。もう、このシチューエーションだけで自分は食らいついてしまった(笑)デビルマン裏話からのスタートらしいけれど、とにかくストーリーに関わってる人がアツイ・アツイ。永井豪版「燃えよペン」とでもいうのか?そんな情熱を持って魔王ダンテからデビルマンに移行していったのだというセミドキュメント。実名の伏せ方も「少年マンガ人」とかもうバレバレな感じがまたいい。
 連載を多く持って、締め切りに間に合わせる方法として「アシスタントをたくさん雇う」ことではうまくいかないと先生は断言。「睡眠を削る」「食べながら描く」それでも間に合わなかったら「食べずに描く」というところがもう最高!!。
以前マンガ夜話のデビルマンの回でいしかわじゅんさんが「売れっ子漫画家はたいていアシスタントが描いている」という意味の発言をして、永井豪先生が怒って反論されていたがまだ根に持っておられるのか?

 チャンピオンREDでは「デビルマン対ゲッターロボ」なんかも連載されているようでそっちの方も読んでみたいなあ。でも、マイナー誌は近所の本屋では読めないんだな・・・・・

2010年5月15日 (土)

エスプガルーダ2をクリア

え
X-BOX360・アレンジモードですが一応アゲハでノーコンティニュークリア。
このアレンジはアレンジなりのおもしろさがあってなかなかアツイ良い出来だと思います。この前出たケツイのX-MODEはイマイチだったけれど。
仕事の帰りに家電量販店のゲーム売り場を覗いたら「デススマイルズ2」の予約を受付していて特別版には「付属の音楽CDは単独でのゲーム音楽発売の予定はありません」とのお言葉。そんなこと言われたらなあ・・・・。

2010年5月 4日 (火)

大村憲司「春がいっぱい」

春がいっぱい
 オークション七回目位のチャレンジでようやくGET。長らくミュージックテープでしか持っていなかったのでなかなか感慨深い。改めてインデックスに目を通すと「SEIKO IS ALWAYS ON TIME」は坂本龍一が、「THE DEFECTOR」「MAPS」は高橋幸宏がそれぞれ作曲。このあと飯島真理さんのファーストアルバムも坂本・大村のラインでプロデュースなんですな。次はその辺を探していこう!!

2010年5月 3日 (月)

「けいおん」の原風景

けいおん
 ここんところ、長女(高2)と長男(中3)は深夜アニメをよく見ている。二人ともライトノベル好きであることからの流れなのか?さすがの私にも、どうにも深夜枠アニメはついて行けないところがあって・・・・マクロスFは除いて・・・・、とにかくメカが出てこないというのがどうもいけない。
 ただ、「けいおん」については多少見られる部分はあって、それは主人公らの行った楽器屋がどう見ても十字屋三条店地下楽器売り場であったり、京福電車が走っていたり、おそらく生活場面の原風景として「京都」近辺のどっかの場所を参照しているのだろうなあ・・・・という場面がいっぱいなところに好感が持てているのだ。そういうことで、主人公らの学校の原風景についての記事がこの前の京都新聞の夕刊に載っていて、これは滋賀県の豊郷小学校(滋賀県犬上郡豊郷町)という所だそうだ。
 さらに、前回のけいおんは修学旅行の話で彼女らが京都に行くという話で、特に北野の天神さんのつるつるの「牛」辺りの描写はかなりきっちりロケハンしてあるのだろうなあと思わせる出来だった。嵐山渡月橋近辺の再現もなかなか濃かったし、トヨタのSIENTAとはっきりわかる「車」が町を通り抜けていった所は家内も感心していた。

 京都アニメなかなかすごいなあ・・・・。うちの職場の近所なんだなあ・・・。
 
ついでに「いばらの王」の片山一良監督は京都宇治の人らしいんだな・・・・・。

2010年5月 2日 (日)

AddressV125G

アドレス
 休日だが仕事だ。近隣のクライアントを訪問した後に、隣町で取引先と植樹をするというなんともよくわからない内容(苦笑)。今日のような状況で役に立ってくれるのは、。一月ほど前に原付から乗り換えたSUZUKIのアドレスだ。いわゆるK9という形式になるのだが、巷で言われているほどに鈍足ということはなく、町乗りでは必要にして充分なパワーだと思う。まあ、スクーターというと50ccしか乗ったことがないので比較がそういうことになるのだが、足下に荷物が置けて、それなりにコンパクトな車体で、2段階右折とか面倒な事がなくって、125ccというのはこの上なく便利だ。今日のように訪問系の仕事があったときには、どうにも駐車できないようなところへいく必要があり、そんな時にはコンパクトなスクーターという形態はスーパーの駐輪場なんかに留めておけるので非常にありがたい。パクられたら泣くけど。さらに、移動すべき距離が中途半端なときやスケジュールが詰んでいるときには125ccという排気量が物を言う。カスタムパーツとかは山のように出てるみたいなので、小遣いためて改造してやろう。ローンがきついけど・・・・・

オーディーン・光子帆船スターライト


ほんとだ・・・・出てるわDVD(笑)
失敗してるけれど意欲作。主人公メカが戦闘艦でないところがいいのだ。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31