人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 今年度・納豆餅の出来 | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト 復活編を見る »

2010年1月 1日 (金)

今年度納豆餅についての補足

さて、年を越して家内に改めて上手に納豆餅を焼いてもらった。
P1030939
作ったその日に食べたのと全然味が違っている。やはり数日寝かしたほうがおいしいことが証明された。
P1030940
納豆が餅のロールの中で発酵している状態・・・というのがおわかりいただけるだろうか?納豆の塩加減は相当に辛かったのだが周りの餅に浸透してちょうど良い加減だ。

たまたま、ご近所から京北町で売られている納豆切り餅をいただいた。
P1030937
これはつきこんであるというか、ついた餅に混ぜ込んであるタイプだ。これはこれでまんべんなく納豆の味が餅にしみこんでおいしいと思う。裏面には京北町の納豆餅の由来が書いてあって「遠く室町時代、高厳院が開山された常照皇寺(じょうしょうおうじ)の里には、大豆を稲藁で発酵させた『山国納豆』が農村の食文化として受け継がれてきました。またお正月には納豆を焼いた餅に包んだ『納豆餅』で祝いました。」とのこと。常照皇寺は亡きばあちゃんの実家のすぐ近くにある紅葉の名所として非常に風情のあるいいお寺。ばあちゃんや村のおじさんに聞いていたのは「天皇さんがお越しになったときにごちそうをしようと大豆を炊いて藁に包んで置いておいたら糸をひいてしまっていて、それでも食べたらとてもおいしかったので土地の名産とした」らしい。ほんとかどうかはともかく、こういう伝承は想いを馳せて楽しいものですな。

« 今年度・納豆餅の出来 | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト 復活編を見る »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年度納豆餅についての補足:

« 今年度・納豆餅の出来 | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト 復活編を見る »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30