人間嫌いを考える本・・・

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)
    この痛快さを面白がっていてはいけない。しかしおもしろい!優位性を維持しようとする中国軍に、特殊作戦群は消耗を強いられてゆく。でもこれ、与那国、多良間島の話決着見ないまま、尖閣に飛ぶの??かわぐち先生の悪い癖?

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気
    一気に読ませてもらった。逸話の断片は知っていたが、まとまると凄まじい内容。「ヤマト」も「ブルーノア」も私は好きだ。その製作の背景でドロドロの戦いが繰り広げられていた実態がここにまとめられている。「ヤマト完結編」初日公開版最終3分がいかにして無くなったかの経緯にびびった!!

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか?

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月24日 (日)

「妙」法

「妙」法
息子のタグラグビーの応援。「妙」が目の前に・・・。今度登ろう。

2010年1月22日 (金)

ニンテンドー本社対応

ニンテンドー
wiiが調子悪く、修理に出かける。本社が私の所の小学校区にあるのでこれが実に便利だ。相変わらず対応は非常に丁寧だ。2週間かかるらしい。モンハン3が出来ないのが寂しいところだが・・・・

長浜盆梅展

盆梅
昨日から始まったので、また家内と見に行く。ずっと以前は慶雲館という立派なお屋敷だけが会場でお抹茶も無料でいただいて・・・だったのだが規模が大きくなって別館を整備されたぶんちょっと内容的に薄まったような気がしないでもない。沢山の人が見れるようにとあればこれがいいのだろうな。
順路の終わりの所の売店のおばちゃんがやたらと元気で、ついしじみの佃煮を買ってしまった。出入り口の対応もシルバー人材関係の方なのだろう?毎回応対が非常に丁寧で気持ちが良い。地元が一生懸命に県外のお客をもてなそうという町の姿勢が素晴らしいといつもながら感心する。
まだ始まったばかりなので梅の見所はもう少し先かも知れない。けれどとても良い香りはするので時期をみてどうぞ。

2010年1月17日 (日)

アサルトガールズを見る

アサルトガールズ
押井守さんの新作と聞いて、まあまただまされるんやろうなあ・・・・とたかをくくっておく。
今回は高校1年生の娘が同行。去年のスカイクロラ見て押井守さんの作品はおもしろいと思えるようになったらしい。「あんまり期待しないように」と重ねて言っておく。
上映館はうちの近くにあるミニシアター。お客は自分らを入れて10人いなかった。でも、それらしい人が見に来ている。

 見終わって正直に、やっぱしなあ・・・・という印象。また裏切られたとは思うが、映画としてはすっきりしてなかなかおもしろかった。案の定スターシップトウルーパーズみたいなど派手アクションには絶対にならない。一応「アヴァロン」の世界観を踏襲しているけれど、お話の上での直接的なつながりはなく・・・というところで押井守フリークへの映画とは言えず・・・・・・。かといってモンハンとかRPGオタクに向けた映画・・・・・ということでもなく。もちろんアニメオタクに媚びてる映画でもない。ガジェットをもっといっぱい出して、砂蛇みたいなのばっかりで無くっていろんな種類の敵を設定して、ラスボスもそれらしいのを用意して、「死んでしまうとは情けない」以外にもゲームオタクが好きそうな台詞をいっぱい増やしたらさぞかし一般受けするような映画になるだろう。けど、その方向には絶対に行かないのが押井守だ。
 とにかく、なーんにもない映画。印象に残ったのは黒木メイサの抜群のプロポーションと菊地凛子の妙な踊りだけ。でもこの映画、見せたかったのはそれだけなのだろう。押井守が理屈を捨てて個人的な萌え映画に走ってしまったというのはある意味ですごいなあと思う。

 とてもおもしろかったのだが、残念なのはイエーガーの藤木義勝さんがせっかく自分でつくったムードを壊してしまっているように思う。後半、パーティーを組むか組まないかでいろいろあるのだが、その件がすこししつこい。あと、ラスボス戦後の演技とか・・・・。かつてケルベロスで「藤木に演技をさせてはいけない・・・・」と悟ったはずなのになんでまた・・・・・。ほんとに、突っ立ってるだけでものすごく画になる人なのになあ。

2010年1月 9日 (土)

宇宙戦艦ヤマト 復活編を見る

ヤマト
 前から内容が気になっていたのだがようやくレイトショウで見ることができた。上映開始まで観客は私一人。おおっ、これは貸し切りか??と思いきや最後には5人。なんか怪しそうな人ばっかしで・・・・(私も)。
 惜しい。実に惜しい内容だ。例えるならば、浪花節を聞きに行って、知らない間にオペラ聞かされて帰ってきたような印象。自分らが期待していたのは、マクロスフロンティアみたいなノウハウを駆使した、元祖オタクの血中濃度がカーッと上昇するような今風のヤマトだ。中盤まではやや薄口ながらもかなり健闘していたと思う。宇宙の異変(カスケードブラックホールの出現)〜第一次人類移民船団の遭難〜古代の近況〜古代地球への帰還〜新生ヤマトの発進〜第3次移民船団を守る戦闘 とくどくど説明は多いながらも派手な戦闘場面主体でぐいぐい引っ張ってゆく構成にはなかなか楽しませてもらった。惑星間連合の化けの皮がはがれる辺りからなんとなく失速が始まったがそれでもおもしろかった。最後、カスケードブラックホールの実態の件であの方の作家性みたいなのがえらく全面に出てしまって意味不明のまんま「復活編 第1部 完」となる。え?第1部なんて聞いてないで!?

 「エネルギー充填120%!!」とかコスモパルサーの機体に「乾坤一擲」とかのマーキングがあったり、アクエリアスの海の描写にはグッとくるものがあるしなかなかがんばっているのだけれど、もう一息オタクのハートに歩み寄って欲しい。特務艦「信濃」とかは実に惜しいメカで、活躍のさせようにもう一ひねりほしいところだし、雪の乗っていた護衛艦は実は「スーパーアンドロメダ」級戦艦という名称なので台詞で一言表してほしかった。
 何にしても、これは続編には期待する。湖川友謙さんの作画を堪能できたのもよかったし。毛嫌いせずみんなみてください。

2010年1月 1日 (金)

今年度納豆餅についての補足

さて、年を越して家内に改めて上手に納豆餅を焼いてもらった。
P1030939
作ったその日に食べたのと全然味が違っている。やはり数日寝かしたほうがおいしいことが証明された。
P1030940
納豆が餅のロールの中で発酵している状態・・・というのがおわかりいただけるだろうか?納豆の塩加減は相当に辛かったのだが周りの餅に浸透してちょうど良い加減だ。

たまたま、ご近所から京北町で売られている納豆切り餅をいただいた。
P1030937
これはつきこんであるというか、ついた餅に混ぜ込んであるタイプだ。これはこれでまんべんなく納豆の味が餅にしみこんでおいしいと思う。裏面には京北町の納豆餅の由来が書いてあって「遠く室町時代、高厳院が開山された常照皇寺(じょうしょうおうじ)の里には、大豆を稲藁で発酵させた『山国納豆』が農村の食文化として受け継がれてきました。またお正月には納豆を焼いた餅に包んだ『納豆餅』で祝いました。」とのこと。常照皇寺は亡きばあちゃんの実家のすぐ近くにある紅葉の名所として非常に風情のあるいいお寺。ばあちゃんや村のおじさんに聞いていたのは「天皇さんがお越しになったときにごちそうをしようと大豆を炊いて藁に包んで置いておいたら糸をひいてしまっていて、それでも食べたらとてもおいしかったので土地の名産とした」らしい。ほんとかどうかはともかく、こういう伝承は想いを馳せて楽しいものですな。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

ついった

その筋の音楽

  • 戸川純 with Vampillia -

    戸川純 with Vampillia: わたしが鳴こうホトトギス
    最初聞いたとき、滑舌の悪くなったひょろひょろ声の戸川純さんに絶句してしまった。ちがう!なんかちがう!? しかし、繰り返し聞くうちに印象が変わってきた。タイトル曲「私が鳴こうホトトギス」の意味が分かったような気になりで泣けた。絶景なるかな・・・・ (★★★★★)

  • 音楽:渡辺宙明 -

    音楽:渡辺宙明: Columbia Sound Treasure Series「透明ドリちゃん」オリジナル・サウンドトラック
    このようにマニアックなサントラが今発売されるとは。宇宙刑事ギャバン流用曲最後のピースがここに明らかになる。若き日の「柿崎澄子」さんを思い出しながら聞こう! (★★★★)

  • 坂本龍一 -

    坂本龍一: 音楽図鑑-2015 Edition-(紙ジャケット仕様)
    以前の版にに比べて大幅な音質の向上+追加収録曲。特にdisk2を聞いていると、このアルバムがどのように形作られていったかを思い巡らせることができて非常に興味深い。紙ジャケ大好き!! (★★★★)

  • ゴダイゴ -

    ゴダイゴ: 西遊記
    発売は私小五の頃。50歳近くなって、今改めて聞いて実に絶妙な構成であることを実感。ゴダイゴのアルバムでありドラマ西遊記のサントラという立ち位置がバランス取れていて素晴らしい。 (★★★★)

  • 戸川純 -

    戸川純: TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST&RARE 1979-2008
    内容的にはダブってしまう方もいるのだろうけれど、私のようにこれまでのアルバムを買ってこれなかった人には非常に価値の高い中身だと思う。特にDISC-3の「ラジャ・マハラジャ」は必聴だ! (★★★★)

  • 飯島真理 -

    飯島真理: blanche(ブランシュ)(紙ジャケット仕様)
     飯島真理さんにリン・ミンメイのイメージばかりを重ねていけない!!吉田美奈子さんのプロデュースが光るこのアルバムは癒しとしても聞き応えありと思う。 (★★★★★)

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30