人間嫌いを考える本・・・

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)
    この痛快さを面白がっていてはいけない。しかしおもしろい!優位性を維持しようとする中国軍に、特殊作戦群は消耗を強いられてゆく。でもこれ、与那国、多良間島の話決着見ないまま、尖閣に飛ぶの??かわぐち先生の悪い癖?

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気
    一気に読ませてもらった。逸話の断片は知っていたが、まとまると凄まじい内容。「ヤマト」も「ブルーノア」も私は好きだ。その製作の背景でドロドロの戦いが繰り広げられていた実態がここにまとめられている。「ヤマト完結編」初日公開版最終3分がいかにして無くなったかの経緯にびびった!!

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか?

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月31日 (木)

今年度・納豆餅の出来

 やはり、今年も納豆餅の時期がやってきた。これがないとうちは正月を迎えられない。例年同じことをレポートしているが今年も克明に記録しておきたい。
P1030931

P1030932
まずは納豆の選択が重要。うちはこの数年「美山健康納豆」という製品を使っている。純粋に藁苞納豆であることにはこだわっておきたいですね。
P1030903
その納豆を塩で和える。「納豆に塩」ということに意外に抵抗感のある人が多いようで、個人的にびっくりしているのだが、うちの場合こうしないといけない。塩加減はかなり濃いめにする。塩分控えめは大切かもしれないが、こうしないとおいしい納豆餅にならない。あとうちの弟(37歳)のこだわりで「100回以上は混ぜないとおいしい納豆状態は得られない」らしいが、この辺は好みで・・・・。
P1030915

P1030917
そしてここもポイントで、取り粉にあわせてきな粉を使う。きな粉は砂糖とかは混ぜずにそのままで。取り粉よりも割合は多めにしたほうがいい。これは、数日後納豆餅を焼いたときに非常に香ばしいことになる。
P1030918
つき上がった餅をのし状に広げる。
P1030919
納豆を投入。餅が冷めてしまわないうちに手早く。
P1030923

P1030924
そしてロール状にまとめてゆく。納豆餅には餅と一緒につきこんでしまうやり方のところもあるけれど、自分のところでは納豆が丸ごと入ってるこのやり方がおいしいと思う。
P1030926

P1030930
そして完成。1本は関東の親戚に(京北町出身で、これを楽しみにしてくれている)。もう1本はうちのもの。個人的にはできてから3~4日以上経ってから切り分けて食べるのがおいしいと思う。餅の中で納豆が発酵し、濃いめの塩が餅にしみてなんともいえないおいしさになってくる。ある意味での発酵食品だ。
P1030933
待てなかったので、作って翌朝に焼いてしまった。おいしい。今年も上出来だ。母の腕も確実に上がっている。これを伝えてくれた京北町熊田のおばさん(故人)に感謝を。こういう伝統的な味が失われてゆかないように確実に伝承してゆきたい・・・・けど、家内も娘も納豆苦手なんだな(笑)


2009年12月29日 (火)

鮒寿司買い

鮒寿司買い
滋賀県近江高島市にある某店に、お正月用の鮒寿司を買い出しに出かける。年の暮れにここへ来るようになってもう3年~4年経つだろうか?湖北の方にいったら道の駅とかでけっこう鮒寿司は手に入る。わざわざこの店を選ぶのは、失われつつある年末のムードを得たいからなのだと思う。店のご主人は今年も穏やかで愛想良く、店中が発酵臭で満ちていて「ああ、この雰囲気だ・・・」と満足する。

かくし芸大会の終焉


ブログネタ: 『新春かくし芸大会』終了へ…見納めは寂しい?参加数

時代のながれですわな。こんだけ多様なニーズがある中で「百貨店」的番組は生き残りにくいのでしょう。

2009年12月23日 (水)

大怪獣バトル・ウルトラ銀河伝説を見る(ネタバレ)

Img_poster_b
 小6の息子といっしょに見に行ってきた。これは、かなりおもしろかった。内山まもる先生の「ザ・ウルトラマン」を彷彿とさせるような世界観をベースにかなり凝った画面づくりがとても良いかんじだ。ここ何本かのウルトラマン映画ではCG丸出しのウルトラマンや怪獣が戦うような場面がわずかにあり・・・・まあそういう表現をしないと描けないような場面なのだけれど・・・今回のウルトラ銀河伝説では怪獣もウルトラマンも極力スーツ姿をCGの背景とうまく合成するような方向で作ってあったようで、不自然さはあんまし感じなかった。
 私はビデオの「ウルトラ大怪獣バトルギャラクシー」は見ていないのだが、知らなくても充分に楽しめる。人類がただウルトラマンに「守られる」存在で無くって、ウルトラマンらと肩を並べて戦おうとしており、最後にその域に到達するという展開には非常に感銘をうけてしまった。
 ウルトラその筋のおじさん達のための「ひねり」も非常によくひねってあって
・ゼロを鍛えているのがレオで、セブン→レオ→ゼロの師弟関係の連環に唸った
 ゼロがレオキックを使うところで燃える!!
・「ウルトラ念力」が活躍!!(息子は「ウルトラ念力」は知らない。大体にしてレオは見ていない)
・ダンのカプセル怪獣ブリーダーぶりにレイが感動するシーンもよかった。大怪獣バトルも元を辿ると・・・・・
・ウルトラマン多数登場。あんな人もこんな人もいる・・・・。あの人の光線誤射シーンには笑った
・タロウ教官最強!!ウルトラダイナマイトの応用で光の国を守るところとか、マン、セブンがウルトラバリアーで寒冷の難を逃れる描写などウルトラ裏設定を知っていると(タロウがウルトラ兄弟で最強とかセブンが宇宙人戦に慣れていたとか)色々とお話が想像できてたのしい。

 ウルトラマンをよく知っていれば何倍にも楽しめる作りはメビウス以降の傾向としてとても良いことだと思う。劇場のあちこちで親父が息子に説明している姿が見られるのがなんともおかしい(私もだいぶ濃い説明を・・・)
 ところで、M78星雲人は元々人間と同じ姿であったが、太陽の爆発により氷河期を迎えてしまい、それを回避するために人工太陽を作りそのエネルギーを受けてウルトラマンの姿となったというお話をメビウスが説明するシーンがあるのだが、これって内山先生のマンガにあったような?なかったような?


2009年12月13日 (日)

セブン・インストール完了第一印象

セブン・第一印象
なんか空き容量増えてるなあ。

セブン・インストール

セブン・インストール
なんかもう7時間はかかってる。空き容量を16G確保するのに2時間。インストールに5時間。
ターゲットはSONYのVAIO VGN-TZ90S。長い道のりだったがやっとおわりそうだ。

2009年12月11日 (金)

出張先で痛たたた

あいたたた
田舎でも、こういうがんばってる人いるんですな・・・・

2009年12月 6日 (日)

藤子・F・不二雄大全集「バケルくん」を読む

 Soutei_bakeru
とんでもなく忙しかったので、本屋に取り置いてもらって一週間も経ってしまった。2日間かけて読了。おもしろかった。バケルくんは旧てんとうむしコミックス版全2巻(ジャングル黒べえがちょっと収録されてるやつ)を弟が持っていたのを何度も読んだのと、FFランド版もちゃんと購入しとても楽しませてもらった。これまでで不満だったのは「ドラとバケルともうひとつ」がフォローされていないというところで、今回巻末に数回分の扉が掲載されており、昔学年誌にそういう企画モノがあったということをどうしても信じてもらえなかったのが今回証明できて(べつにどうでもいいことだが・・・)とても安堵している。残念なのは「マンガの書き方編」が紹介されていないことか(しつこい)。
 で、バケルくんはかなりおもしろかった。長くは続かなかったけれど、個人的にはキテレツ大百科よりもおもしろいかも知れない。「魂だけの宇宙人」「お化け屋敷」「空き地で野球」など藤本マンガのエッセンスと昭和の子供の世界はきっちり押さえながら、パーマン的な設定から単純な亜流にしてしまわずに、子供らの関係性の世界に徹底的にこだわった展開が魅力なのだと思う。ある意味藤本先生版の「少年時代」とも読めないでもない。カワルの手に入れた不思議な人形の力を軸に、この町の子供社会での人間模様の変遷が肝なのだと思う。カワルが単に野球が下手ということを繰り返すのではなく、4年間の連載のなかでヘタなりに実力を知って、バケルと変身人形の力を使って成長してゆくところが非常に良かった。
 キャラではバケ田バケ左右衛門が秀逸。「お金がいくらでも出てくる財布」がらみのギャグがとんでもなくおもしろい。ゴン太もただの乱暴者でなくユメ代が好きという設定がすごく活きていていい。魂が一つで体が五つというわかりにくい表現も、バケ田一家が同じ動きをトレースすることで実にうまく表現しているし、また見ていておもしろい。
 お話はまず設定編の最初2話がおもしろい。FFランド版は持っていたが意外に未収録が多いのもちょっとびっくりした。魂だけの宇宙人の星に行く話はとてもおもしろかった。個人的には「殴り屋」の回とバケ田一家が「洋服屋」を始める話、「ゴキブリラーメン」の回にユミちゃんのお父さんが北極で遭難してサンタクロースに会う回がすごく好きだ。別冊コロコロ収録版はちょっと画的に蛇足ではあるし、物語のテンポも若干よろしくない。けれどちゃんと収録してあるところがすごい。

 まあ、実に内容の濃い全集で毎月がとても楽しみだ。早く特典応募のFAXを送らないといけない!!

マクロスF劇場版〜虚空歌姫〜を見る

 オタクの曲がり角を二つ三つ通過しかかっている娘(高1)と息子(中2)にたかられて見たのは一週間ほど前のこと・・・。20090704_849769_t
テレビの後日談なのかと思っていたら、再構成モノでどこまでの話をどうまとめるのか?と興味津々だったのだが、素直になかなかおもしろかった。テレビ版よりも話もキャラの設定も整理されていて、かなりおもしろくなっていたと思う。見終わって娘が言っていたが「ナナセさんが存在消されてたよね」って。本当だ、これは整理だな。大枠の話は第7話までをトレースしながら、シェリルが何のためにフロンティアに来たのかが明確にされている。これが良かったのだと思う。ランカの下積みとかなんとなくうざったい展開も多いけれど、戦闘シーン主体でなく、アルトとランカとシェリルの関係にこだわった展開に絞ったのは正解と思う。
 歌関係はさすがの菅野ようこさんで、非常に充実している。シェリルの新曲もなかなか良かったが、ランカの下積みCMソング連発はすごくよかった。特にファミリーマートのCMソングは秀逸で、ファミマで流れているのでないかとわざわざ聞きに行ってしまった私もどうかしている(笑)
 どうやらちゃんとまとめて発売されるみたいだ。こっちの方は買ってしまうかもしれないなあ(笑)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

ついった

その筋の音楽

  • 戸川純 with Vampillia -

    戸川純 with Vampillia: わたしが鳴こうホトトギス
    最初聞いたとき、滑舌の悪くなったひょろひょろ声の戸川純さんに絶句してしまった。ちがう!なんかちがう!? しかし、繰り返し聞くうちに印象が変わってきた。タイトル曲「私が鳴こうホトトギス」の意味が分かったような気になりで泣けた。絶景なるかな・・・・ (★★★★★)

  • 音楽:渡辺宙明 -

    音楽:渡辺宙明: Columbia Sound Treasure Series「透明ドリちゃん」オリジナル・サウンドトラック
    このようにマニアックなサントラが今発売されるとは。宇宙刑事ギャバン流用曲最後のピースがここに明らかになる。若き日の「柿崎澄子」さんを思い出しながら聞こう! (★★★★)

  • 坂本龍一 -

    坂本龍一: 音楽図鑑-2015 Edition-(紙ジャケット仕様)
    以前の版にに比べて大幅な音質の向上+追加収録曲。特にdisk2を聞いていると、このアルバムがどのように形作られていったかを思い巡らせることができて非常に興味深い。紙ジャケ大好き!! (★★★★)

  • ゴダイゴ -

    ゴダイゴ: 西遊記
    発売は私小五の頃。50歳近くなって、今改めて聞いて実に絶妙な構成であることを実感。ゴダイゴのアルバムでありドラマ西遊記のサントラという立ち位置がバランス取れていて素晴らしい。 (★★★★)

  • 戸川純 -

    戸川純: TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST&RARE 1979-2008
    内容的にはダブってしまう方もいるのだろうけれど、私のようにこれまでのアルバムを買ってこれなかった人には非常に価値の高い中身だと思う。特にDISC-3の「ラジャ・マハラジャ」は必聴だ! (★★★★)

  • 飯島真理 -

    飯島真理: blanche(ブランシュ)(紙ジャケット仕様)
     飯島真理さんにリン・ミンメイのイメージばかりを重ねていけない!!吉田美奈子さんのプロデュースが光るこのアルバムは癒しとしても聞き応えありと思う。 (★★★★★)

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30