人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 藤城誠治・光と影の世界展を見る | トップページ | 復刻堂新製品 »

2009年9月26日 (土)

世界ことわざ事典

 P1030534
 この前行ってきた「藤城誠治」展で展示のあったことわざ辞典の装丁がすごく気になってamazonで探してみたところ、サンプル写真はないものの、数点それらしい商品を見つけることができた。その中で横浜の古書店に問い合わせると、探しているものと間違いないようなのと、状態もよさそうなので注文してしまう。
 昨日モノが届き確かめると定価がわかり、半額くらいの中古本で状態は非常によく確かに藤城誠治さんの影絵の装丁だった(本文の挿絵はまったく違うモノだった)。装丁だけで買ってしまったというのは自分としてはあんまりない経験だ。昭和62年の本で初版本。なんとなく嬉しい。本文はまだちゃんと読んでいないが
 ○すべての道はローマに通ず
 ○鉄は熱いうちに打て
 ○天は自ら助くる者を助く
みたいなよく知られたものから
 ○犬を溺れさせようとするものは狂犬病だとなじる
 ○魚は頭から臭くなる
 ○羊の毛を取りに行って自分の髪を刈られて帰る
といったなんだかよくわからないものまであって、なかなか楽しめそうだ。

 この辞典は「中国ことわざ」とか「故事成語」みたいにシリーズ化されてるようでそっちの装丁も藤城誠治さんなのかどうか気になるところだ。

« 藤城誠治・光と影の世界展を見る | トップページ | 復刻堂新製品 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界ことわざ事典:

« 藤城誠治・光と影の世界展を見る | トップページ | 復刻堂新製品 »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31