人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 村の老舗駄菓子屋の閉店 | トップページ | コンビニ本・包丁人味平を読む! »

2009年7月18日 (土)

問題ある?復刻サントラ?ガルビオンANDブライガー

問題ある?サントラ・ガルビオンANDブライガー
仕事の帰りに新劇場版エヴァの新しいCDを買おうと思ってCDショップに寄ると、たがみよしひさ先生画の「ガルビオン」が目に入った。え?とおもってよく見ると新譜のコーナーにブライガーも置いてある。そんなん知らなかったなあ・・・・。なんかもうガルビオンで頭の中一杯になってしまったので、つい衝動買いしてしまう。よく見ると側面の表示が「超高速ガルビオン」になってる。良くも悪くもガルビオンの音楽って80年代ドラマっぽい感じで、個人的には過不足無かったのだが、なんかamazonではえらく音質が酷評されてる。アナログ原盤がマスターなのか?という疑いだ。自分はあんまり耳は肥えていない方なのでなんとも言えない。ただ、昔のアナログLPそのまんまの内容なので、タイトル曲とかの短い音楽なんかを網羅してくれると嬉しかったのだが・・・・・。
 このメーカーさらに8月に「バクシンガー」「アクロバンチ」を。その先には「バルディオス」なんかをラインナップしている。良いのだけれど、バルディオスは羽田健太郎さんということもあるし、ちょっとやそっとの内容ではマニアの皆さんは納得しないだろうなあ・・・・。

« 村の老舗駄菓子屋の閉店 | トップページ | コンビニ本・包丁人味平を読む! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 問題ある?復刻サントラ?ガルビオンANDブライガー:

« 村の老舗駄菓子屋の閉店 | トップページ | コンビニ本・包丁人味平を読む! »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31