人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 藤子・F・不二雄大全集の内容 | トップページ | Stand by for action! バリー・グレイ作品集を聞く »

2009年6月 7日 (日)

PSoneCOMBOを買う

は
 職場の近くの中古ショップでびっくりするような値段で売っていたので1週間様子を見て、まだ店頭においてあったのでこれは私が手に入れる運命と知り買ってしまう。相場の1/3位のお値段だった。そういう訳なのでどこかに不具合でもあるのかと思っていたのだがそうでもなかった。画面には傷もないし、強いて言えばディスクを入れる蓋のラッチが引っかかってしまいやすいということか。久々にPS1のゲームを遊んでいて、ディスクの読み込みが遅いことを除けばかなり楽しめる。ナムコミュージアム4の「アサルト」なんかとても良い具合だ。「ベイグラントストーリー」を今度こそはラストまでクリアしてやろうとアルティマニアも引っ張り出してきたが、手始めに「ネオ・アトラス2」の三度目の挑戦を行うことにする。
 コンボモニターがとにかく欲しかったし、こういうつぶしの効くモニターが恐ろしく安価で手に入ったのが嬉しい。外部接続の秘訣も大体納得できたのでいずれDCとかGCをつないで楽しませてもらうことにしよう。

« 藤子・F・不二雄大全集の内容 | トップページ | Stand by for action! バリー・グレイ作品集を聞く »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PSoneCOMBOを買う:

« 藤子・F・不二雄大全集の内容 | トップページ | Stand by for action! バリー・グレイ作品集を聞く »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31