人間嫌いを考える本・・・

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)
    この痛快さを面白がっていてはいけない。しかしおもしろい!優位性を維持しようとする中国軍に、特殊作戦群は消耗を強いられてゆく。でもこれ、与那国、多良間島の話決着見ないまま、尖閣に飛ぶの??かわぐち先生の悪い癖?

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気
    一気に読ませてもらった。逸話の断片は知っていたが、まとまると凄まじい内容。「ヤマト」も「ブルーノア」も私は好きだ。その製作の背景でドロドロの戦いが繰り広げられていた実態がここにまとめられている。「ヤマト完結編」初日公開版最終3分がいかにして無くなったかの経緯にびびった!!

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか?

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月31日 (日)

藤子・F・不二雄大全集の内容

藤子
公式サイトでも発売カウントダウンが始まった。
昨日たまたま京都駅近くの大型書店に立ち寄ったところ全集のパンフが置いてあり、その内容の凝った事に唖然となり、勢いで第一期33巻を予約してしまった。
Q太郎は旧オバQから網羅するみたいで、第一期では新オバQは入らないようだ。残念だが来年以降のラインナップに期待しよう。個人的に魅力を感じるポイントとしては
○ジャングル黒べえ復活
○ドラえもん完全収録 → パンフの収録内容によると「最終回1(小学4年生71年版)」「最終回2(小学4年生72年版)」とあってそれぞれ初収録の様子。ドラえもんに寄らずほんとうの「完全収録」となるのかどうか?
○学年誌繰り上がり順収録 → これはすごい。企画した人はおそろしくマニアックな人だ。
○同作品学年誌別構成 → これで「頭がパー」版のパーマンも読める。すごくマニアックだ。

 とにかく、本当にすごい企画だ。出てきて実はカックンということにはどうかならないで欲しい。また、「オーバーオーバー」の回や「忘れとんかち」の回の様な表現上の問題による描き直しも元に戻されているかどうか、現物を手に取ってみるまではすごく心配だ。短期間で無くなってしまうのではなくて、手塚全集みたいに末永く手元に置けて、いつまでもその時代の子供らが楽しめる全集になってもらいたい。

2009年5月24日 (日)

「DS故障は無償交換!?任天堂の“神対応”は本当か」の実態

そういう記事を見つけたので読んできたのだが、これ、多少尾ひれが付いているもののあながち本当だったりする。

 とにかく、対応はずば抜けて親切だ。任天堂は私の住んでるところの学区内に本社があり、さらには職場の近所には工場もあるので、なんかあったときには持ち込みが可能だ。特に本社はすごい。大理石か何かでできた広~いホールに通されて実に丁寧に話を聴いてくれる。門番のおっちゃんからして親切だ。実に周知が行き届いている。うちの職場のスタッフもこうありたいもんだ。
 利便性がいいのでよく持ち込みはするのだが、この間はDSLiteのBボタンが、おそらく「バンドブラザーズ」のやり過ぎで馬鹿になってしまい修理を依頼したのだが、購入2年を経過した白モデルで、所々汚れが入り込みとても「白い」DS」とは言えなかったしナイトメアのシールもいろいろ貼っていた。2週もしないうちに帰ってきたのだが、Bボタンの修理は元より、おそらく外装もほぼ交換?(清掃されたのではないと思う)されていた。シールはさすがにはがされていたので記事とは違っていたが、それでもはがしたやつをわざわざ別のぽち袋に入れて返してくるという念の入れようなので、実に気配りのある誠実な対応と言える。
 また、以前にも初代DSの蝶番部分が破損した時も丁寧に梱包されて速攻で帰ってきた。それでもって修理代は0円だった。ちゃんと明細書は入っているが、いまんところ実費は請求されたことはない。
 X-BOX360が壊れた時のマイクロソフトの電話対応も実に丁寧だったのだが、修理金額と送料が中古360が買えるくらいの額だったので、そう思うと任天堂の対応はほぼ「神」さんと言ってもいいと思う。

 さすがにディスクシステムの修理や書き換えはできなくなったし、SFC以前のサポートは終了したのだけれども、GBCポケモン銀のバックアップ電池の交換には去年未だにきちんと対応してくれたし、これも2年ほど前に初代GBAの画面の修理を依頼したときには電池の蓋が無くなっていることにも気づいてくれて、「同じ色のがあるか探しますね」と倉庫を探してくれてこれは30円の実費で同じのをわけてくれてという感じだ。
 そういうことで、記事はだいぶ「うわさ」の部分はあるものの任天堂のアフターサービスの実態は自分のみた感じこういうところだ。

2009年5月16日 (土)

魔境伝説アクロバンチと国際映画社作品・・・

 オークションで落とした「魔境伝説アクロバンチ」のDVDが届いたのでゆっくりと堪能する。
Banch02
 正直なところ、アクロバンチを始め国際映画社のロボットアニメについては成功している作品は少ないと思う。何に書いてあったか忘れたが、国際映画社の作品の三大要素みたいなのがあって
1,魅力的なキャラ設定
2,凝った世界観
3,地味な作画(笑)   とこの3つに尽きると思う。
アクロバンチなんかはまさにこの典型で、いのまたむつみさんのキャラクターに期待が膨らみ、古代のロマンに賭ける情熱の物語!という煽り文句にぐおーっときて、第1話の作画で萎えてしまったという感じだ。私は高校2年生だった。ブライガーのオープニング以降、作画の出来については個人的には裏切られっぱなしで・・・・それでも、アクロバンチとかガルビオンなんかは時々降って沸いたように作画の良い回があるのと、どれも意欲作ではあったのでわりあい熱心に見ていたのだった。そんな中で突然変異のように現れたのが第11話の「悲恋のサバ王宮」だった。いのまたむつみさんの設定を完全に無視してるとしか思えない(笑)越智一裕さんの作画も演出も良かった(谷口守泰さんがこの回の動画描いてるのがなんともすごい)。グレンラガン4話の「作画崩壊」なんてかわいいもんだ。毎回画は変わってこの頃はあたりまえだったもんだ。当時アニメージュでもこの回の特集が組まれていて、金田伊功さんが各パートごとの良いポイントを評価していたと思う。後年、うちの家にもビデオデッキがやってきて、その時に友人の火星大王くんからこの回をダビングしてもらい繰り返し見たもんだ。今回DVDで再見してスローで色々と見たりして楽しんだところ、当時は気がつかなかった作画の遊びなんかがさらにいっぱいあってつくづく感心してしまった。自称サバの王女シルビアが吉田理保子さんが声優で、その他の声優さんの布陣も個人的に豪華ですごく安心して楽しめてしまった。
この回とても良くできているのだが、残念なのは最後がやっぱし遺跡荒らしになってしまっている(毎回荒らしてる)のとアクロバンチ大活躍なのに合体シーンはこの回には出てこないということだろうか。
Banch01
もっとも、第9話「吼えよグリフォン」(知らなかったがもりやまゆうじさんが作画していた)と第12話「はるかなるエーゲ」で合体シーンはちゃんと出てくるのだがどの回もちょっとずつカットされていて、完全な合体シーンというのは存在してるのかどうか気になってしまった。線画だけで構成された画面は改めて見て(まあ、単純に制作が間に合わず色が塗れなかったのが原因らしいけれど)すごくかっこいいと思う。一番完全な形に近いのは第2話で放送された合体訓練のシーンだと思うのだが、最後のところでレイカが合体に失敗してしまい、両手をブンッと突き上げる決めポーズが省略される。やっぱし完全なシーンの放映というのは無かったのかもしれない。

2009年5月10日 (日)

真マジンガー 衝撃Z編を見る

 深夜枠にやってるというのは知っていたが、昨日たまたまチャンネルをひねっているとやっていたので見てしまった。原作に近い内容でなかなかおもしろいと思う。全体的にはテンポが悪い展開でなんとなく冗長に思ったのだけれども、ちょっとよかったポイントとしては
・この回の敵の機械獣がグロイザーXで、成層圏から熱海を空爆しながらただ落下してくるという「空爆ロボ」本来の姿に立ち返ったかっこよさに感心した。
・光子力ビームを教える宿屋の女将(?)はたしかバイレンスジャックの黄金都市編に出てきたヤクザの姐さんで、マニアックで良かった。この人たしかジャックのナイフで頭からまっぷたつに、ついでに素っ裸にされて死んでしまうんだったと思う。
・暗黒寺警部がでているということはボスの出番は無いのかも?

家内が「パイルダーの操縦方法がバイクまんまやん」と言うのだが、原作漫画では兜十蔵博士が兜甲児にポンポンバイクを買い与えていて、それはパイルダーの運転方法とほぼ同じであって密かな訓練のためという台詞があるのだ!と言うとすごく感心していた。

 監督はなんと今川泰宏さんなのでちょと期待して見てみようと思う。
 これは「衝撃Z編」とあるけれど、この後「グレート編」とか「紅蓮台座ー編」とかに続くのだろうか???

アニメ様365日 を読む

 WEBアニメスタイルというサイトの「アニメ様365日」というコンテンツが個人的にすごく楽しみだ。「アニメスタイル」は雑誌媒体でも2号ほど出たと思うのだが、新刊が出ないなあ・・・・と思っていたら知らない間にWEB媒体になっていた。編集長の小黒祐一郎さんという人が結構なペースで書いておられるのだが、毎回実に興味深い。おそらく自分と同じオタク第一から第二世代ではないかという年代の人で、取り上げている作品やアニメーターへの興味がほぼ一致している。金田伊功さんについての思い入れからスタジオZ5とかの作画の鋭い担当アニメ作品への思い出話の回が特におもしろく、最近では「魔境伝説アクロバンチ」の回まであって、個人的にすごく思い入れのある「悲恋のサバ王宮」の越智一裕さんの作画について色々と書いてあった。他にもDr.スランプアラレちゃんで芦田豊雄さんが作画を担当した回をちゃんとチェックしてあったり、ゴールドライタンをはじめとするなかむらたかしさんの作画の魅力とかにも触れてある回があって、私がアニメに感じている魅力と同じようなところを突いているのがいいのかもしれない。

 さて、ちょっと感化されてオークションで「アクロバンチ」と検索すると以前発売されていたDVDの2巻をとても安価で落札に成功。週末、少しアクロバンチに燃えてしまったのだった。

個人的においしいとおもうアイス

個人的においしいとおもうアイス
ガリガリ君Rich!杏仁マンゴー味。これはなかなかおいしいと思う。
個人的に杏仁豆腐がすごく好きで、マンゴーも好きなので素晴らしい組み合わせと思う。
ちゃんと杏仁豆腐の味がするところがすごい。

最近のポケモンサンデーは

最近のポケモンサンデーは
なかなかクオリティ高い。とても子供番組とは想えない。今回もDSのゲーム「空の探検隊」をリアルに再現するという内容で、ゲーム内に出てくる「パッチールのカフェ」を渡辺直美がコスプレ(?)して再現。またモエヤンの二人がソーナノとソーナンスにコスプレするなど、思わず苦笑してしまった。

2009年5月 3日 (日)

今治市・せんざんき のなぞ

今治市・せんざんき のなぞ
とりの唐揚げのことをこっちではせんざんきというらしい。なんでか?
ちなみに、餃子の王将で鶏の唐揚げを頼むと「えんざーきー いーがー」と言っており、このせんざんきとなんらか関係があるのかもしれない。無いかもしれない。

今治市・ドンドビのなぞ

今治市・ドンドビのなぞ
親戚の伯母の家に行く途中で「かわったなまえじゃろ!」とおしえてもらう。
かつて今治城の堀と繋がっていた川が海の潮位で変化するのを調整していた樋門らしい

2009年5月 2日 (土)

一族の集まり

一族の集まり
今治着。皆さんあつまってくれて宴会。

えらく渋滞

えらく渋滞
家内の親父さんの実家に集合がかかり、愛媛県の今治へ。朝五時に家を出たのに中国道はすでに混んでるいて、ナビ使って迂回しながらなんとか山陽道へ。さあこれからとおもったらこんどは事故で渋滞〓
道のりは遠いです

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

ついった

その筋の音楽

  • 戸川純 with Vampillia -

    戸川純 with Vampillia: わたしが鳴こうホトトギス
    最初聞いたとき、滑舌の悪くなったひょろひょろ声の戸川純さんに絶句してしまった。ちがう!なんかちがう!? しかし、繰り返し聞くうちに印象が変わってきた。タイトル曲「私が鳴こうホトトギス」の意味が分かったような気になりで泣けた。絶景なるかな・・・・ (★★★★★)

  • 音楽:渡辺宙明 -

    音楽:渡辺宙明: Columbia Sound Treasure Series「透明ドリちゃん」オリジナル・サウンドトラック
    このようにマニアックなサントラが今発売されるとは。宇宙刑事ギャバン流用曲最後のピースがここに明らかになる。若き日の「柿崎澄子」さんを思い出しながら聞こう! (★★★★)

  • 坂本龍一 -

    坂本龍一: 音楽図鑑-2015 Edition-(紙ジャケット仕様)
    以前の版にに比べて大幅な音質の向上+追加収録曲。特にdisk2を聞いていると、このアルバムがどのように形作られていったかを思い巡らせることができて非常に興味深い。紙ジャケ大好き!! (★★★★)

  • ゴダイゴ -

    ゴダイゴ: 西遊記
    発売は私小五の頃。50歳近くなって、今改めて聞いて実に絶妙な構成であることを実感。ゴダイゴのアルバムでありドラマ西遊記のサントラという立ち位置がバランス取れていて素晴らしい。 (★★★★)

  • 戸川純 -

    戸川純: TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST&RARE 1979-2008
    内容的にはダブってしまう方もいるのだろうけれど、私のようにこれまでのアルバムを買ってこれなかった人には非常に価値の高い中身だと思う。特にDISC-3の「ラジャ・マハラジャ」は必聴だ! (★★★★)

  • 飯島真理 -

    飯島真理: blanche(ブランシュ)(紙ジャケット仕様)
     飯島真理さんにリン・ミンメイのイメージばかりを重ねていけない!!吉田美奈子さんのプロデュースが光るこのアルバムは癒しとしても聞き応えありと思う。 (★★★★★)

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30