人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« ギラギラした男とは・・・・・ | トップページ | 戦隊とわたし・・・・ »

2009年4月25日 (土)

グレンラガン螺巖篇を見る

グレンラガン螺巖篇を見る
息子(中2)と娘(高1)が「見にいこう!!」というので行くことにする。そういう構成の家族連れはさすがに少ない。初日の初回だったが8分くらいのお客の入りだった。
おもしろいかどうか?以前に2時間近くの総集編的映画の構成力に感心してしまった。息子らと私も同意見だったのだが、絶対にまとまらないだろうとたかをくくっていた。ふたを開けてみると大きく飛ばされたエピソードはほとんどない印象で、よくテッペリン攻略からあのラスト近くまで過不足なくまとめたもんだと感心する。ラスト近辺までそんなに変更点ないなあ・・・と思っていたら終盤で一気にたたみかけてきた。これにもすごく感心した。ああいう風に決着つけるんだなあ・・・・。
 映画の半券を近くにあるアニメイトに持って行くと特製のシールがもらえるらしくって、わざわざもらいに行ったが、これはちょっとばかし恥ずかしかった。

« ギラギラした男とは・・・・・ | トップページ | 戦隊とわたし・・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グレンラガン螺巖篇を見る:

« ギラギラした男とは・・・・・ | トップページ | 戦隊とわたし・・・・ »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31