人間嫌いを考える本・・・

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)
    この痛快さを面白がっていてはいけない。しかしおもしろい!優位性を維持しようとする中国軍に、特殊作戦群は消耗を強いられてゆく。でもこれ、与那国、多良間島の話決着見ないまま、尖閣に飛ぶの??かわぐち先生の悪い癖?

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気
    一気に読ませてもらった。逸話の断片は知っていたが、まとまると凄まじい内容。「ヤマト」も「ブルーノア」も私は好きだ。その製作の背景でドロドロの戦いが繰り広げられていた実態がここにまとめられている。「ヤマト完結編」初日公開版最終3分がいかにして無くなったかの経緯にびびった!!

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか?

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月27日 (月)

戦隊とわたし・・・・




コネタマ参加中: 好きな『戦隊モノ』、教えて!


 好きな戦隊ヒーローは個人的には「ゴレンジャー」に尽きると思う。当時少年サンデーを購読していて、突然にゴレンジャーの連載は始まった。正直「つまんないなあ〜」という感想だった。原作漫画はすごく暗い。テレビ版青レンジャーの宮内洋さんはすごく好きだったが漫画版のアオはなんか好きになれなかった。キャラそのものの個性は絶対にテレビの方が良かった。漫画は突然に「ゴレンジャーごっこ」になってしまった。テレビ版のおふざけは好きだったが漫画版はどうもいまいちやり過ぎだと思った。ロボコンが出てくるのもなんか納得ゆかなかった。
 テレビ版は「野球仮面」の回と「機関車仮面」の回が好きだった。あとキレンジャーを誘惑してビフテキを食べるなんとか仮面も好きだった。
 ジャッカー電撃隊もすごく好きだった。スタート時のシリアスさがなんともいえず好きだった。ジャッカーも後半宮内洋さんがかっさらっていってしまったのがなんともよかったのか悪かったのか評価に苦しいところだが、最終話の一話前の話が結構シリアスでよかった。
 バトルフィーバーも好きだ。勝ったときにバトルフィーバーロボの中でみんなが握手するのが好きだった。
 デンジマンが内容的にはピークだったのかも知れない。近畿ではガンダムが終わって5時半からデンジマンだった。アクションもメリハリがあってかっこよかったし、特撮も、ストーリーも良かったしバランスが取れていたと思う。
 サンバルカンは岸田森さんがすべてだった。
 ゴーグルV。第1話はほとんどオレオレ詐欺のノリで進んでゆくので、そういう意味で見てみるとなかなかおもしろいと思う。
 忍者キャプターとか銀河大戦とかサイバーコップとかバトルホークとかレスキューフォースとか亜流も好きだなあ。集団ヒーローには個性のぶつかり合いみたいな魅力があると思う。でもサンバルカンみたいに没個性してしまうこともある。その分作り手は難しいと思う。この数年の戦隊モノでは「タイムレンジャー」が飛び抜けていると思うのだけれどもどうでしょうねえ???

2009年4月25日 (土)

グレンラガン螺巖篇を見る

グレンラガン螺巖篇を見る
息子(中2)と娘(高1)が「見にいこう!!」というので行くことにする。そういう構成の家族連れはさすがに少ない。初日の初回だったが8分くらいのお客の入りだった。
おもしろいかどうか?以前に2時間近くの総集編的映画の構成力に感心してしまった。息子らと私も同意見だったのだが、絶対にまとまらないだろうとたかをくくっていた。ふたを開けてみると大きく飛ばされたエピソードはほとんどない印象で、よくテッペリン攻略からあのラスト近くまで過不足なくまとめたもんだと感心する。ラスト近辺までそんなに変更点ないなあ・・・と思っていたら終盤で一気にたたみかけてきた。これにもすごく感心した。ああいう風に決着つけるんだなあ・・・・。
 映画の半券を近くにあるアニメイトに持って行くと特製のシールがもらえるらしくって、わざわざもらいに行ったが、これはちょっとばかし恥ずかしかった。

2009年4月 4日 (土)

ギラギラした男とは・・・・・




コネタマ参加中: 「ギラギラした男」「ギラギラした女」と言って思い浮かぶ有名人は誰?


○藤岡弘さん
○松崎しげるさん
やっぱ濃い~人がそういうイメージですな(笑)

小学館が藤子・F・不二雄大全集発刊を発表!!

まだ、手塚先生の「新宝島」の復刻版も手にれていないのだが、こんなすげー話を聞いてしまった。
http://www.shogakukan.co.jp/fzenshu/
を見るとまず新オバQがようやくまともな値段で読めるようになるのだろうという期待。ドラえもんの未収録、パーマンの初回掲載時が読めるかどうかが期待のされるところ。この際なのでキテレツくんもバケルも海の王子も小遣いの続く限り買い直してしまおうと思ってしまうが・・・・・

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

ついった

その筋の音楽

  • 戸川純 with Vampillia -

    戸川純 with Vampillia: わたしが鳴こうホトトギス
    最初聞いたとき、滑舌の悪くなったひょろひょろ声の戸川純さんに絶句してしまった。ちがう!なんかちがう!? しかし、繰り返し聞くうちに印象が変わってきた。タイトル曲「私が鳴こうホトトギス」の意味が分かったような気になりで泣けた。絶景なるかな・・・・ (★★★★★)

  • 音楽:渡辺宙明 -

    音楽:渡辺宙明: Columbia Sound Treasure Series「透明ドリちゃん」オリジナル・サウンドトラック
    このようにマニアックなサントラが今発売されるとは。宇宙刑事ギャバン流用曲最後のピースがここに明らかになる。若き日の「柿崎澄子」さんを思い出しながら聞こう! (★★★★)

  • 坂本龍一 -

    坂本龍一: 音楽図鑑-2015 Edition-(紙ジャケット仕様)
    以前の版にに比べて大幅な音質の向上+追加収録曲。特にdisk2を聞いていると、このアルバムがどのように形作られていったかを思い巡らせることができて非常に興味深い。紙ジャケ大好き!! (★★★★)

  • ゴダイゴ -

    ゴダイゴ: 西遊記
    発売は私小五の頃。50歳近くなって、今改めて聞いて実に絶妙な構成であることを実感。ゴダイゴのアルバムでありドラマ西遊記のサントラという立ち位置がバランス取れていて素晴らしい。 (★★★★)

  • 戸川純 -

    戸川純: TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST&RARE 1979-2008
    内容的にはダブってしまう方もいるのだろうけれど、私のようにこれまでのアルバムを買ってこれなかった人には非常に価値の高い中身だと思う。特にDISC-3の「ラジャ・マハラジャ」は必聴だ! (★★★★)

  • 飯島真理 -

    飯島真理: blanche(ブランシュ)(紙ジャケット仕様)
     飯島真理さんにリン・ミンメイのイメージばかりを重ねていけない!!吉田美奈子さんのプロデュースが光るこのアルバムは癒しとしても聞き応えありと思う。 (★★★★★)

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31