人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 人も捨てたもんではないと実感できない近況・・・・・・ | トップページ | 小学館が藤子・F・不二雄大全集発刊を発表!! »

2009年3月22日 (日)

バッティングセンター捜し

バッティングセンター捜し
息子がバッティングセンターに行きたいと時々言うのだが、いいバッティングセンターが実は京都には少ない事に気がつく。以前はMKタクシーが経営していたボーリング+バッティングセンターがそこかしこにあったのだが、知らない間にバッティングセンター経営から撤退していたようだ。手頃なのはラウンド1のスポッチャなのだが、定額で打ちっぱなしなのはいいとして、休日には混んでいて、また機械のメンテナンスの状態も良くなくてなんとも利用しにくい。
 個人的には100円で**球とか200円で**球みたいなシステムの方が個人的には利用しやすいのだが、プリカ方式とか定額制とかが京都近辺は多くて、息子といろいろ探してみたところ、久御山町に結構自分らのニードに合った所を発見。結構混んでたもののなかなか楽しめる。いいところなのだが、これでたばこ臭くなくて古いテレビゲーム機コーナーが併設されていたら文句なしなのだが・・・・・。

« 人も捨てたもんではないと実感できない近況・・・・・・ | トップページ | 小学館が藤子・F・不二雄大全集発刊を発表!! »

コメント

http://www.battingcenter.com/cgi-bin/whatsnew/whats_display.cgi?id:data+rec:20081006145454040

昨日、久々にここに行ってみたのだが。
レトロゲーム結構置いてあった。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バッティングセンター捜し:

« 人も捨てたもんではないと実感できない近況・・・・・・ | トップページ | 小学館が藤子・F・不二雄大全集発刊を発表!! »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31