人間嫌いを考える本・・・

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)
    この痛快さを面白がっていてはいけない。しかしおもしろい!優位性を維持しようとする中国軍に、特殊作戦群は消耗を強いられてゆく。でもこれ、与那国、多良間島の話決着見ないまま、尖閣に飛ぶの??かわぐち先生の悪い癖?

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気
    一気に読ませてもらった。逸話の断片は知っていたが、まとまると凄まじい内容。「ヤマト」も「ブルーノア」も私は好きだ。その製作の背景でドロドロの戦いが繰り広げられていた実態がここにまとめられている。「ヤマト完結編」初日公開版最終3分がいかにして無くなったかの経緯にびびった!!

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか?

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月31日 (水)

ゲーム&ウオッチとそのもどきにはまる日々

オークションで落とす
 平成20年は悪かったことばかりでもない。Yahooオークションにはずっと以前から興味があったのだが、自分で落札するということに対してどうにも敷居の高さを感じ続けていて、必要なモノ・・・・例えば原付のパーツなんかをずっと人に落としてもらっていたのだが、先頃弟に方法やマナーを教えてもらって自分で好きなモノを落札できるようになったのだ。自分は落とせる金額に制限があって、まあその方が無駄遣いしなくっていいかもしれない、自然とねらい目は限られてくるのだが、ゲーム&ウオッチがモノによっては非常に良い価格で手にはいるということがわかってきたのだ。手始めにマルチスクリーンのドンキーコングを手に入れたのだが、自分の家の近所のレトロものショップでは軒並み7000円から1万円オーバーとすごい価格なのが1/3位でかなり程度のいいものが手に入った。
 最近嬉しかったのはこのドンキーコングjrで、宇治の商工会議所のギャラリーで指をくわえているしかなかったのが、ちゃんと動作するやつ(あたりまえか)を入手できて遊べているのがなんともすばらしい。ドンキーコングjrは海外版GBAのカートリッジの移植版で遊んでいて、非常に出来が良かったので感心していたのだが、現物はさらに良い感じだ。ゲーム性もなかなかに高くて良作だと思う。ファミコン以前の携帯ゲームツールでは以前にエポック社のパクパクマン2をジャンク品で手に入れて嬉しかったこともあるのだが、遊んでいてゲーム性やビジュアル(といっても擬似的なものだけれども)に制限がある中での工夫の部分で非常に感慨深いものがある。
 中1の息子が140点出して大喜びしていたら、弟が(39歳)やってきて400点オーバーして引き上げてゆきなんとも大人げないやつとあきれてしまっている年の暮れなのだったsmile

 

超合金・宇宙大帝ゴッドシグマの感慨・・・・・

ゴッドシグマ
 ええことのなかったこの一年の中で、多少はよかったこともないではなかった。
 わたしの勤めている事業所の別部門のおばちゃん職員さんが、「ばこばこさん、古いおもちゃ好きやって聞いたんやけれど、息子の持ってた超合金もらってもらえへんかなあ・・・」と相談をうけた。その息子さん、私と同い年くらいですでに遠方でお仕事なさってて、大事にしていたおもちゃの類をある程度処分しようとされているらしい。できれば売らずに大切にしてくれる人を探していたらしく、私に白羽の矢を立てていただいたというとてもありがたいお話。
 いろいろあってその職員さんのアパートまで車で行って、現物をみせていただいてすごくびっくりした。箱は若干の痛みがあるものの内容がほぼ完全な状態なのだ。陸振王と海鳴王のパンチ部分がぱっと見た感じ見あたらなかったが、落書きとかもなくって恐ろしいばかりの保存状態だった。さらにはボルテスVのボルトインボックスまでいただいて・・・・これは保存度が70~80%位だったけれどそれでも天空剣はちゃんと残っていて、合体したときの整合性は保てている。さらにおまけでジャンボマシンダー勇者ライディーンとロボコン(?)をつけてもらっておなかいっぱいで帰ってきたのだった。
 「ばこばこさん、きっとプレミアついてると思うしくれぐれも大切にしてな」とのこと。なんとなく気になったのでネットで相場を見てみたら・・・・なかなかにすさまじい取引価格だった。ゴッドシグマって話はハチャメチャだったけれども玩具としてはおそろしく完成度は高くて、パッケージのところにも「世界の超合金」と堂々と記してある。今冷静に考えてみて、同じプロポーションの3体のロボットがΔ型に3体合体してスラッとした8頭身ロボになるというのはゲッターロボ以上に無茶苦茶かもしれない。まあ、この頃はこれで良かったのだ。敵のエルダー軍が未来の世界からやってきた設定というのもあんまり生きていなかったし、そのため最終話で主人公がゴッドシグマで未来の世界に旅立ってゆくというのもぱっとしなかった。メインキャラはエリア88の新谷かおるさんがデザインしていたと思うが、なかなかに魅力的でよかったのに。主人公側の博士が、番組後半で基地を宇宙船化して敵の本拠に侵攻することに反対するようになり、「あれ?でもこれって裏切ってるふりして、実は味方なんやろうなあ・・・」と信じていたら実はちゃんと裏切っていたという驚愕のオチが待っているというのもなかなかにびっくりしてしまう展開だった。
 ファーストガンダムとほぼ同時期の放映だったけれども、まだまだ大らかな頃だったのだなあ・・・・とおもちゃをみて感慨に浸らせてもらったのだった。

2008年12月30日 (火)

がんばった君にはブレードランナーを

がんばった君にはブレードランナーを
 気がつけば地獄のような仕事の日々に区切りがついて、つかの間の休暇がいただけた。いったいこの間何をしていたのか?自分でも何だったのか?まあ、ほんの一時仕事は忘れることにしよう。
 まあ、そんなに悪いことばかりでもなかったのだが、仕事を投げずにがんばり抜いたら「謎の円盤UFO」BOXの2か「ブレードランナー」の豪華な方のBOXを買ってもええことにしようと自分に言い聞かせて、なんとか保たせたこの数ヶ月・・・・。選んだのはブレードランナーの方だった。発売後1年を経てまだ在庫があったのは自分が買ってもええという神様のお告げなのかなんなのか?DVDながら画質の向上が著しい。こんなきれいな画面の映画だったのだな?ファイナルカットを初めて見る。こんなに未公開のカットがあったのだなDISK-3に収録されている日本語吹き替え版が20年ほど前に毎日放送系でみた吹き替えそのまんまだったのですごく感動する。レオンに襲撃されるデッカードの場面で「4年しか生きられないつらさがわかるか?」と聞かれたデッカードが「わかるよ~」と答える情けなさがこの吹き替え版のええ所だと個人的には思う(昔見たレンタルビデオの字幕では「まったくだ」と答えるのが、個人的にしっくり来ない)。
 このBOXの肝はやっぱし「ワークプリント版」の収録だろう。有名な「二つで充分」の正体が明らかになるのだ。この年になって現物を拝見し、すごく納得する。しかしあれは何丼?なのだろう?余計に謎になってしまう。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

ついった

その筋の音楽

  • 戸川純 with Vampillia -

    戸川純 with Vampillia: わたしが鳴こうホトトギス
    最初聞いたとき、滑舌の悪くなったひょろひょろ声の戸川純さんに絶句してしまった。ちがう!なんかちがう!? しかし、繰り返し聞くうちに印象が変わってきた。タイトル曲「私が鳴こうホトトギス」の意味が分かったような気になりで泣けた。絶景なるかな・・・・ (★★★★★)

  • 音楽:渡辺宙明 -

    音楽:渡辺宙明: Columbia Sound Treasure Series「透明ドリちゃん」オリジナル・サウンドトラック
    このようにマニアックなサントラが今発売されるとは。宇宙刑事ギャバン流用曲最後のピースがここに明らかになる。若き日の「柿崎澄子」さんを思い出しながら聞こう! (★★★★)

  • 坂本龍一 -

    坂本龍一: 音楽図鑑-2015 Edition-(紙ジャケット仕様)
    以前の版にに比べて大幅な音質の向上+追加収録曲。特にdisk2を聞いていると、このアルバムがどのように形作られていったかを思い巡らせることができて非常に興味深い。紙ジャケ大好き!! (★★★★)

  • ゴダイゴ -

    ゴダイゴ: 西遊記
    発売は私小五の頃。50歳近くなって、今改めて聞いて実に絶妙な構成であることを実感。ゴダイゴのアルバムでありドラマ西遊記のサントラという立ち位置がバランス取れていて素晴らしい。 (★★★★)

  • 戸川純 -

    戸川純: TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST&RARE 1979-2008
    内容的にはダブってしまう方もいるのだろうけれど、私のようにこれまでのアルバムを買ってこれなかった人には非常に価値の高い中身だと思う。特にDISC-3の「ラジャ・マハラジャ」は必聴だ! (★★★★)

  • 飯島真理 -

    飯島真理: blanche(ブランシュ)(紙ジャケット仕様)
     飯島真理さんにリン・ミンメイのイメージばかりを重ねていけない!!吉田美奈子さんのプロデュースが光るこのアルバムは癒しとしても聞き応えありと思う。 (★★★★★)

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31