人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« じゃりン子チエの音楽 | トップページ | 原付の構造 »

2008年11月 3日 (月)

死ぬに死ねないそういう筋の事情・・・・

 とにかく、10月は悪夢だった。11月に入ってからも悪夢続きだけれど・・・・それでも12月の小休止が視野に入ってきていてちょっとは気が休まらないでもない。この状況からいつ逃げてやろうか?とそればっかり考えてしまうが見逃してももらえんだろう。
 X-BOX360の雑誌を読んでると「怒首領蜂」と「ケツイ」が移植される様子。今月末までがんばれば「オトメディウス」も出ることだしこれでちょっと元気出た。
 さらにレンタルビデオでやっとマクロスFの3巻を借りられる。噂の第7話「ファースト・アタック」を見るが、これ第7話でこんなテンションでいいのか?というような内容。かの「愛は流れる」のリメイクなのだけれども、いろいろと細かなところにそういう筋のファンを唸らせるような仕掛けがたくさんしてあって、特にルカのバルキリーから遠隔操縦されるゴーストと、ケーニッヒ・モンンスターには泣いた。とどめはマクロス・クオーターで、重力子反応砲でもうおなかいっぱいになってしまった。またちょっと元気出た・・・・。
 月末には藤子先生の「TPぼん」豪華版の3巻が出るのと、近々「新宝島」の復刻版が出るとのこと。よく手塚プロダクションがOKだしたもんだなあ。

 なんかいろいろと煩悩をくすぐられるものが、色々と出てくるので、まだくたばるわけにはいかんなあ。

« じゃりン子チエの音楽 | トップページ | 原付の構造 »

コメント

TPぼんの3巻、売ってたので昨日買って来た^^
ずいぶん前にアニメ化もされてたんだと全然知らんかった。見てみたいなぁ^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 死ぬに死ねないそういう筋の事情・・・・:

« じゃりン子チエの音楽 | トップページ | 原付の構造 »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30