人間嫌いを考える本・・・

  • 江戸川 乱歩: 幽霊塔

    江戸川 乱歩: 幽霊塔
    文体がやや古風なのに慣れると、途端に面白くなってくる。謎の美女「秋子」の過去を紐解く怪奇小説。売りはやはり宮崎駿の妄想的解説だ。そもそもは黒岩涙香という作家が米国の小説「灰色の女」を翻案した「幽麗塔」という作品がルーツとしてあり、これを涙香のファンだった江戸川乱歩がリライトした、という三者三葉の違いを宮崎駿が例の画の密度で解説してるページが素晴らしい!! (★★★★)

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき (12) (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき (12) (ビッグコミックス)
    いよいよあと1巻で終局らしい。人質となった島民は?中国空母「広東」との決戦の行方?そしてなぞの秘密兵器の存在の有無? この社会情勢でこの内容はやっぱしヤバい? (★★★★)

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気 (講談社+α文庫)

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気 (講談社+α文庫)
    早くも文庫化。「単行本未収録エピソード満載」とあるけどそんなに物量はない印象。再読して改めてこの人凄まじい生き方したんやと思う (★★★★★)

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか? (★★★★★)

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月15日 (月)

T・Pぼん スペシャル版を読む

 P1020120
藤子・F先生のT・Pぼんが装丁が新しくなって再販がかかっていた。よく見ると「スペシャル版」との記述が・・・・。コミックトム掲載時の未収録がとうとう公開かと期待するが、とりあえず3話の採録ということでよかったのか悪かったのか?原稿紛失なんかの事情があるのならば複写でもいいから読みたかったのは、ファンの誰もがおもってるのでなかろうか?
 P1020121
 私がT・Pぼんを読んだのは初出からだいぶ経ってからで、FFランド発行時だった。藤本先生の歴史オタク加減が遺憾なく発揮されている濃い内容に脱帽してしまい、FFランド版3巻を一気に読んだ。ところがFFランド版はリームが居なくなってからの話がなぜか収録されず、まだその頃には寂れた本屋の隅っこに残っていた潮出版社版を何とか入手することができて、ぼんの正隊員編も一気に読ませてもらった。お話部分の出来もすごく好きなのだが、藤本先生独特の節度を保ったエロ描写も全開で、特に後半のヒロイン安川ユミ子くんは個人的には藤本作品通じてベストの女性キャラクターだと思う。
 P1020122
 「未収録5話」の売り文句にもまけてしまって、嶋中書店版も息子らに読ませてもいい常勤版として買ってしまう。とにかく読んでない話があるのならばなんとしても読んでみたいと思わせるだけのおもしろさがこの漫画にはあると思う。はやいところ再来月にならんだろうか。楽しみなのだな。


2008年9月14日 (日)

「大決戦 超ウルトラ8兄弟」を見る

あ
息子(小5)と見に行く。とても楽しみだった映画だ。
結構な人の入りで、自分の様な子連れのお客がすごく多い。恐ろしいことに息子の担任の先生家族と偶然劇場で鉢合わせになり、あまつさえ私らの真後ろの席でびびってしまった。この担任の先生、その筋ではないものの、先生になるきっかけが「ウルトラマン80」だったという猛者で、なかなかに濃い熱血先生だったりする。まあ、そのことは置いておいて・・・・・。
 さて、肝心の映画そのものはどうだったかというと、前作「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」をより濃い方向に発展させたような映画で、基本はメビウスの外伝のような構成になっている。ネタバレになってしまうので細かくは書かないが、とにかく40歳前後のまじめなウルトラファンが見たらほとんど全編にわたって鳥肌が立ちっぱなしという感じの内容だ。だから、小学生にはこの映画の本当のすごさやメッセージは伝わりにくいのではと思う。良くも悪くもラストの「突き抜けた結末」は「寅さん」以外の何物でもないと思う。でも、毎日ストレスを抱えながらがんばっている自分らの世代にはこういう非合理的なラストは「わかる」のだと思う。終わってから息子の担任と「これって、俺らに『仕事がんばれ』って言ってるって事ですよね・・・」と確認しあってしまった。
 映画の中で特にすごい場面だったのは、中盤で旧ウルトラヒロインの皆さんがフラダンスを踊るシーンで、菱見さんもほんとうにおばちゃんなんだけれどまだまだ画面栄えするところがすごい。榊原るみさんも星光子さんも桜井浩子さんも実にきれいだった。そのバックで団次朗さんや森次浩二さんなんかが演奏してるので、この場面は個人的にはこの映画のキモだと思ってしまう。ウルトラマンでまだこんだけすごい画が撮れるんやなあ・・・と感慨深くなってしまった。
 細かなこだわりも徹底してあって、北斗はちゃんとパン屋やってるし、郷のやってる自動車修理工場も一瞬しか名前が写らないが「坂田自動車修理工場」だった。

 とにかく、とても優れた「おっさんムービー」だと思う。40代のウルトラファンは必見だと思う。

2008年9月10日 (水)

金メダリストが母校に・・・・

Image0690
ソフトボールの江本奈穂投手が私の母校に講演にこられるということで、宿直明けで職場から母校へと向かった。まあ、結構な人だかり。おばちゃん連が多い。上野さんの力投でなんか影が薄かった感じだけれども、紹介ビデオ見てるとすごく活躍していた人。うちの息子は運良くソフトボール部で1球づつキャッチボールさせてもらえるという栄誉に預かっていた。教務主任の先生が江本投手の投球をキャッチするというイベントがあったのだが、下投げとは思えないほど早い。手元でぐぐっと伸びるとはこのことなんだなあ・・・と実感したのだった。その後は金メダルタッチもみんなさせてもらっていて、うちの家内も嬉しそうに触らせてもらっていた(o^-^o)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31