人間嫌いを考える本・・・

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)
    この痛快さを面白がっていてはいけない。しかしおもしろい!優位性を維持しようとする中国軍に、特殊作戦群は消耗を強いられてゆく。でもこれ、与那国、多良間島の話決着見ないまま、尖閣に飛ぶの??かわぐち先生の悪い癖?

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気
    一気に読ませてもらった。逸話の断片は知っていたが、まとまると凄まじい内容。「ヤマト」も「ブルーノア」も私は好きだ。その製作の背景でドロドロの戦いが繰り広げられていた実態がここにまとめられている。「ヤマト完結編」初日公開版最終3分がいかにして無くなったかの経緯にびびった!!

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか?

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月31日 (日)

大合奏バンドブラザーズDX

あ
うちの家でもかなりブームになっている。100曲限定ダウンロードという割り切った設定が良かったのかどうなのか?買って2週間くらいで20曲ほどダウンロードにはとどまっている。間口は広く奥は深くという本当にゲームのお手本のような出来で、ちょっと遊ぶのにもやりこむにも適している。個人的には歌うモードが気に入っているのだが我が家では恥ずかしがってだれも遊んでくれない。強者はブラスバンドやってる娘(中3)で本格的作曲モードで久石譲の「風のとおりみち」を1週間かけて編曲して打ち込んでしまった。こんな事できる奴がうちにいるのだということがもう驚きだ。今度は「世界に一つだけの花」の編曲に取り組んでいる。ろくろくマニュアルも読んでないのにすごい奴だ(笑)

おりたたみ自転車屋

おりたたみ自転車屋
すごく重宝している折りたたみ自転車のKOMAがパンクしてしまったようで、買った先のLORO World RECUMBNTSを訪ねるが伏見にあったお店が無くなっており・・・・っていうかあんなへんぴな所では商売にもならんかっただろうが、HPを検索してみると五条壬生川に移転していたのだった。今日はOFFだったので朝からR1にKOMAを積み込んでお店探しにでかける。今回もへんぴなところかと思いきや、市バスの五条壬生川の真ん前にあったのでびっくりする。店の兄ちゃんがすごく苦労してチューブを外してくれる。こんな小径ホイールは私みたいな素人には無理だ。案の定空気の入れすぎがいかんかったようだ(笑)チューブは取り寄せになってしまった。
待っている間色んな降りたたみ自転車を見ていたが、その辺のホームセンターとかで売ってるようなセンスのないやつではなくて、めちゃくちゃかっこいい。これはええなあ!と思ったKUWAHARA製の奴はなんと20万円・・・・。アドレス125が買えてしまうではないか・・・・・。でもこういう乗り物には心が動くなあ・・・・・。ほしい・・・・。

2008年8月24日 (日)

ジオン公国?!

ジオン公国
行きつけの散髪屋で世間話をしていて
「ばこばこさん、この近くにねジオン公国っていうお好み焼き屋があるんですよ・・・・」との情報を得る。おいしいのかどうなのか?その店員さんも入ったことないらしいが、「うわさだと『マニアですか?一般の方ですか?』って聞かれるらしいですよ」とのこと。帰りに近くをうろつくと・・・・あった!(笑)「慈音弘国」と書いてる。看板の上には意味らしきことも書いてあったが・・・・。気軽には入れないなあ。
興味あれば、京都市南区、九条署の近辺を探してみてください。ちょっとわかりにくいとこではあります。

2008年8月17日 (日)

バトルスターギャラクティカ

宇宙空母ギャラクティカもギャラクチカもかつて大好きで、あの人らはちゃんと地球にたどりつけたのかどうか?すごく気がかりなのだが、結論を知るまでもなくリメイク版を楽しめることになった。
個人的にアメリカのテレビドラマはあんまし好きではないのだが、これにはおもいっきりハマってしまった。旧作の基本設定はその筋のファン向けに踏襲してあって、それでも曖昧だった部分とかを丁寧に設定し直してある。ギャラクティカがサイロンの攻撃を逃れた理由とかは旧作では単にラッキーという感じだったのが、バルターの裏切りとからめてちゃんとした理由が付いてきた。5万人が生き延びるまでのプロセスもなかなかに非情で、サイロンの攻撃をテロと捉えてそこからどう対処をおこなっていくかの考え方がなかなかにおもしろいと思った。
 たしか切通理作さんが言っていたと思うのだが、特撮やSFモノの荒唐無稽な世界は良いポイントもたくさんあって、極限の状況を設定できることから人間の本音が投影できるということがもっとも大きいということだ。9.11後のアメリカが抱えているトラウマがすごく反映されていて興味深い。今回は人間型のサイロンが生活圏に進入しているという所なんかも、旧作にはなかったなかなかに怖い感覚だ
 今回はちゃんと地球にたどり着いてくれるのだろうか?ギャラクティカの先行き以上にカプリカに生き残った兄ちゃんがどうなってしまうのか?という事の方が気になってしまうのだが・・・・・。

2008年8月16日 (土)

「ギララの逆襲」を見る

ギララ
 大阪まで見に行かないとだめかと思っていたら、近くのミニシアターでやっていた。この映画館昔はポルノ専門だったので個人的にはイメージ良くないのだが、今は個性あるプログラム展開をしていてなかなか侮れない。この「ギララの逆襲」も見に来る人なんているのか?と思っていたらなんのすごい人。この前娘と見に行った「スカイクロラ」よりも入っている(笑)。客層は特に特撮オタクということもなく、純粋に映画好きっぽい人が多い。
 映画自体も特撮モノを期待するとかなりはぐらかされる。「怪獣映画」としては見ないように。のっけからギララの進撃シーンは旧作のライブフィルムを使用している。ちょこっとだけγ号(名前は違う)も出てくるけれど活躍というレベルではない。あくまでも河崎実監督作品という事で見ないといけない。やってることは前作「日本以外全部沈没」と変わらないと思う。けれどこっちの方が絶対におもしろい。内容的には無理にギララを出す映画である必要もなかったように思う。ギララにしてしまったのだからもうちょっとその筋へのサービスは必要だったと思うが突然出てくる「ギララ名付け少年」にはすごく笑わせてもらった。出演陣はかなり豪華。あくまでも個人的にだけれど・・・・。森下悠里がなかなか良かったなあ・・・・(笑)
 最後の「アレ」のスーツアクターは本当にあの人なのだろうか?そこんところはすごく気になってしまう。

下鴨納涼古本まつり

下鴨納涼古本まつり
今年も下鴨糺の森でやってました。毎年早くに行くのだけれども、今年は最終日。そのせいかこれは!と思うような掘り出し物は見つからなかった。なんかこのカビ臭いのがいいんだよなー。

2008年8月14日 (木)

スカイクロラを見る

スカイクロラを見る
ライトノベル好きな娘が「スカイクロラ」の原作本を読んでいて、映画行こうか?と誘ってみると付いてきてくれることになる。

↓《以下ネタバレ含む》


薄々感じてはいたことだけれども見終わってみて、良くも悪くもやっぱしまた押井守にしてやられたという感じだ。押井作品にしてはかなりの時間を空戦場面に割いていてかなり見応えはあるし、娯楽作品の体裁は整っているのだけれども、結局ラストのオチはいつもの「この現実を生きている自分は自分でないのかもしれない・・・・・」的な方向に行ってしまうので、個人的には押井守健在!と喜んだのだが、さすがに中3の娘は「なんじゃこりゃ?」という印象の方が強かったようだ。
「キルドレ」については予習が必要。途中で説明が出てくるがちと遅すぎ。それと、この物語はどことどこの戦いなのか?がわからない。アニメ見慣れてる人でも知識なしではちと状況がつかみづらいかもしれない。
 ちょっとびっくりしたのは作中に出てくるドライブインの女将さん役で菱見百合子さんが声をアてていた。雰囲気のある声だったので誰だろうとは思っていたが。

2008年8月10日 (日)

誕生日プレゼント

誕生日プレゼント
弟からもらう。中身はiTunesカードだったが、何故のレッドインパルスなのか?

お盆前・・・・

 職場の先輩と一緒に昨年亡くなった元上司のお宅へ伺う。奥さんが出迎えてくださり、お茶をいただきながら思い出話などをさせていただく。今の自分があるのはこの上司のおかげであり、またこの奥さんにも色々とアドバイスしていただいた事も多く、ほんとうにもう足向けて寝られないくらいお世話になっているのだ。
 自分らの業界は実に狭い範囲の小さな仕事なのだが、それでも世の中の流れに合わせてちょっとづつ合理的に仕組みが整えられていっている。でもその中で合理化の弊害のようなものはあってシステムにのっかった動きしか取らさせてもらえない事も多くなってきている。じつにつまんない。今日は追い詰められてる今の自分の愚痴を聞いてもらおうと思っていたら、実は奥さんの仕事も逆風状態であるということを反対に知らされて。かといって怒ってちゃぶ台をひっくり返すようなことはしないのだと。いつかはまた良い風が吹くこともあるから焦ったりはしないと教えられ、私も甘えていてはいかんなあ・・・・と考えさせられてしまった。
 仏壇のなかで上司は笑っていた。今みたいなピンチでは上司ならどう考えるだろうか?ということを考えながら帰ってきたのだった。

2008年8月 3日 (日)

赤塚不二夫先生死去

赤塚不二夫先生死去
今朝の朝刊を見てびっくりする。私はどちらかというとおそ松くん、モーレツあ太郎よりも「レッツらゴン」「少年フライデー」「ノラガキ」辺りの一連の少年サンデー掲載漫画や「おじさんはパースーマン」「花の菊千代」なんかの学年誌漫画、「大先生を読む」辺りに楽しませてもらった世代で最盛期の赤塚先生の読者ではないかもしれない。

私が小学校2、3年生位にちばあきお先生のキャプテンを集めていて、平行して弟は赤塚先生の「天才バカボン」を集めていた。それを横からちょくちょく拾い読みしていたのだが、テレビとはまた違った反社会的な内容(?)に違和感を感じながらも楽しませてもらっていたのだった。特にKCコミックス版の15巻か12巻くらいだったか?の「左手で描いた漫画」とそれに続く「左足で描いた漫画」。「日本語の常識を覆す」回。「吹き出しの中に画を、画の所に文字で表現した漫画」「松・竹・梅・スカの4ランクをお金で描き分ける漫画家」の話などなど、読者と雑誌社に対してケンカ売ってるのではないかと思えるような作品は今をもってしてもう一度読んでみたい。
 かつて弟が漫画を処分しようとしたときにかろうじてサルベージできた漫画の中に、退色しシミだらけになったKCコミックス版バカボン6巻があり、いまも保存している。再読したが実におもしろい・・・・・。先生、いい作品をありがとうございました。

2008年8月 1日 (金)

久々の超マズドリンク!「グレープフルーツ&セロリ」

セロリ
基本的にダイエットを志しているのでこういったものにも気を使っているのだが、しかしながらこの「カロリ」の混ぜものシリーズ・・・・。マンゴーとにんじん、リンゴとトマトはまあ許せる範囲内として、この「グレープフルーツとセロリ」というのはいかがなものだろうか???
セロリってどっちかっていうと「嫌い」な割合の多い野菜だと思う。それをわざわざカクテル化するところが英断というかなんというか?飲むとつーんとセロリの香りがするのだbearingそれがまたなんともこなれていない味で、第一印象の正直なところいただけない。それでも何度か買って飲んでるというのはそれなりに成功しているというのか?惹きつけるものがあるのだろうか?

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

ついった

その筋の音楽

  • 戸川純 with Vampillia -

    戸川純 with Vampillia: わたしが鳴こうホトトギス
    最初聞いたとき、滑舌の悪くなったひょろひょろ声の戸川純さんに絶句してしまった。ちがう!なんかちがう!? しかし、繰り返し聞くうちに印象が変わってきた。タイトル曲「私が鳴こうホトトギス」の意味が分かったような気になりで泣けた。絶景なるかな・・・・ (★★★★★)

  • 音楽:渡辺宙明 -

    音楽:渡辺宙明: Columbia Sound Treasure Series「透明ドリちゃん」オリジナル・サウンドトラック
    このようにマニアックなサントラが今発売されるとは。宇宙刑事ギャバン流用曲最後のピースがここに明らかになる。若き日の「柿崎澄子」さんを思い出しながら聞こう! (★★★★)

  • 坂本龍一 -

    坂本龍一: 音楽図鑑-2015 Edition-(紙ジャケット仕様)
    以前の版にに比べて大幅な音質の向上+追加収録曲。特にdisk2を聞いていると、このアルバムがどのように形作られていったかを思い巡らせることができて非常に興味深い。紙ジャケ大好き!! (★★★★)

  • ゴダイゴ -

    ゴダイゴ: 西遊記
    発売は私小五の頃。50歳近くなって、今改めて聞いて実に絶妙な構成であることを実感。ゴダイゴのアルバムでありドラマ西遊記のサントラという立ち位置がバランス取れていて素晴らしい。 (★★★★)

  • 戸川純 -

    戸川純: TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST&RARE 1979-2008
    内容的にはダブってしまう方もいるのだろうけれど、私のようにこれまでのアルバムを買ってこれなかった人には非常に価値の高い中身だと思う。特にDISC-3の「ラジャ・マハラジャ」は必聴だ! (★★★★)

  • 飯島真理 -

    飯島真理: blanche(ブランシュ)(紙ジャケット仕様)
     飯島真理さんにリン・ミンメイのイメージばかりを重ねていけない!!吉田美奈子さんのプロデュースが光るこのアルバムは癒しとしても聞き応えありと思う。 (★★★★★)

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31