人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月19日 (土)

iPod修理へ心斎橋・・・・

iPod修理
息子ら2人を伴って大阪へ。久しぶりに恵美須町にも行きたいという息子のリクエストを受けて、ゲーム探偵団ほか数件の中古ゲームショップを回ってから、難波で沖縄料理屋に入り、そんでから心斎橋のAPPLEショップに向かう。私の4世代目iPodはすでに在庫が少なく、HDDが完全に逝かれてしまってるようで交換修理代金は¥30000を切るくらいとのこと。これではClassicが買えますねえというなんとも嬉しいような困ったような話になり、仕方なく(?)お買い上げさせてもらう。世代が2つも上がって、カラーで、しかも動画まで見られるなんて、価格は前の20Gモデルと同じとは素晴らしい。
 帰りの電車内で、息子は380円で買ったアドバンスの遊戯王裸ソフトの評価中。当たりかハズレか?

2008年7月13日 (日)

iPodが

iPodが
たった今お亡くなりになられた。昨日の長野行きでずっとがんばってくれていたのは、最後の煌めきだったのかもしれない。Appleストア行ってこないといかんなあ。

2008年7月12日 (土)

川本喜八郎人形美術館

川本喜八郎人形美術館
わざわざ朝早くから息子二人を連れて長野県飯田市へ(笑)
たまたま、こういう施設があることを知ってしまい、その筋の血が騒いでしまった。さらには仕事で散々な目にあっていることもあるので、ちょっと元気出しておきたいのだ。
P1010935
全体的にはとてもこじんまりとした館内で、「三国志」「平家物語」の人形展示が中心だ。入ったところに三国志の紳々と竜々の人形展示があり鳥肌が立ってしまう。案内の方は人形制作にも関わっておられたようで、操作の方法とか孔明の制作にあたって、なかなか川本喜八郎さんのイメージと合わず、何度も作り直されたというような話も教えてもらえた。

飯田は正直なところ小さな街で、これだけのために行くのはちょっと・・・という感じはする。家内にも「このご時世によういくわ・・・・」と批判されてしまった。哀しいなあ・・・・

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31