人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« Windows2000 | トップページ | 安彦良和「アレクサンドロス」完全版を読む »

2008年6月14日 (土)

リボルテック ラゼンガン

 P1010933
つい買ってしまう。ここ数年のメカものの中では個人的に飛び抜けてかっこ良く気に入っている。最終話で一瞬復活したのはなかなか感動してしまった。この製品、だいたいにして良く動くシリーズだけれどちゃんと腕組みしてくれるのは素晴らしい。
 しかし、労せずにこのフォルムで色ついて、動かして遊べるようなフィギュアがこの値段で手に入るというのはなんとも信じられない世の中になったものだわ。

« Windows2000 | トップページ | 安彦良和「アレクサンドロス」完全版を読む »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リボルテック ラゼンガン:

« Windows2000 | トップページ | 安彦良和「アレクサンドロス」完全版を読む »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31