人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月15日 (日)

安彦良和「アレクサンドロス」完全版を読む

P1010934
どうも「完全版」とか限定版とかいう煽り文句には弱い。安彦先生の「アレクサンドロス」はちゃんと持っているのに、なんかつられて買ってしまった。前半部分に加筆は集中してあって父王フィリッポスとの不和の件やフィリッポス王後継者問題に絡んでの相克が描かれる。安彦先生の漫画はこういう肉親の相克に絡んでの人の成長がキモになることが多く、屈折した青年の発達像の描かれようはいつも楽しまさせてもらっている。最初、アリオンとかヴィナス戦記の頃はなんか読んでいて画がスカスカした印象が強かったのだが、ここんところは一頁の情報量がやたら多いので読んでいて大変だ。「大国主」と「神武」をちゃんとした大きい版の本で読みたいのだが、文庫しかないのかなあ・・・・・。

2008年6月14日 (土)

リボルテック ラゼンガン

 P1010933
つい買ってしまう。ここ数年のメカものの中では個人的に飛び抜けてかっこ良く気に入っている。最終話で一瞬復活したのはなかなか感動してしまった。この製品、だいたいにして良く動くシリーズだけれどちゃんと腕組みしてくれるのは素晴らしい。
 しかし、労せずにこのフォルムで色ついて、動かして遊べるようなフィギュアがこの値段で手に入るというのはなんとも信じられない世の中になったものだわ。

2008年6月 1日 (日)

Windows2000

2000
うちの職場は貧乏所帯もいいところで、特にパソコンが足りなくて渋滞が起こり結構みんな困ってしまうことが多い。事務職員の家に転がっていたという古いパソコンがあるので使えないか?と依頼があり再生してみることにする。モノはなんとかつてのあこがれGATEWAY2000だ!MMXペンティアムの144Mhzで16Mメモリ。倍速CD-ROMでHDDはたぶん20Gくらいかも?なんともすごいスペックで、これではなんとかWindows98やなあ・・・・・(実際win95が入っていたpig)と思い、また提供してくれた方の気持ちもあるので、内緒で中身は差し替えさせてもらうことにした。家のジャンク品を探してみるとペンティアム3 533EBとマザーが転がっているのを発見。これに4倍速書き込みのできる(爆)CD-Rをつけて、ビデオはかつてのハイエンドViper128を。HDDはSFマップで中古の日立製ATA160Gで7200rpmもするこの機械に釣りあわないのを2000円ちょっとで買って、OSはWindows2000として再生を開始する。モニターまでGATEWAYのブラウン管モノだったので使ってない15インチの液晶を提供して、まあこれだったらOffice2000くらいなら動いてくれるんではないだろうかな?と思っている。ATAもののHDDがこんなにお手頃で売られているというのは発見だったと思う。こういう無駄ない利用というのは大事やなあと思っていると、うちの事務長もTWO TOPの筐体に入った再生モノになっていたのを発見したのだった・・・・・

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

ついった

その筋の音楽

  • 戸川純 with Vampillia -

    戸川純 with Vampillia: わたしが鳴こうホトトギス
    最初聞いたとき、滑舌の悪くなったひょろひょろ声の戸川純さんに絶句してしまった。ちがう!なんかちがう!? しかし、繰り返し聞くうちに印象が変わってきた。タイトル曲「私が鳴こうホトトギス」の意味が分かったような気になりで泣けた。絶景なるかな・・・・ (★★★★★)

  • 音楽:渡辺宙明 -

    音楽:渡辺宙明: Columbia Sound Treasure Series「透明ドリちゃん」オリジナル・サウンドトラック
    このようにマニアックなサントラが今発売されるとは。宇宙刑事ギャバン流用曲最後のピースがここに明らかになる。若き日の「柿崎澄子」さんを思い出しながら聞こう! (★★★★)

  • 坂本龍一 -

    坂本龍一: 音楽図鑑-2015 Edition-(紙ジャケット仕様)
    以前の版にに比べて大幅な音質の向上+追加収録曲。特にdisk2を聞いていると、このアルバムがどのように形作られていったかを思い巡らせることができて非常に興味深い。紙ジャケ大好き!! (★★★★)

  • ゴダイゴ -

    ゴダイゴ: 西遊記
    発売は私小五の頃。50歳近くなって、今改めて聞いて実に絶妙な構成であることを実感。ゴダイゴのアルバムでありドラマ西遊記のサントラという立ち位置がバランス取れていて素晴らしい。 (★★★★)

  • 戸川純 -

    戸川純: TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST&RARE 1979-2008
    内容的にはダブってしまう方もいるのだろうけれど、私のようにこれまでのアルバムを買ってこれなかった人には非常に価値の高い中身だと思う。特にDISC-3の「ラジャ・マハラジャ」は必聴だ! (★★★★)

  • 飯島真理 -

    飯島真理: blanche(ブランシュ)(紙ジャケット仕様)
     飯島真理さんにリン・ミンメイのイメージばかりを重ねていけない!!吉田美奈子さんのプロデュースが光るこのアルバムは癒しとしても聞き応えありと思う。 (★★★★★)

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30