人間嫌いを考える本・・・

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)
    この痛快さを面白がっていてはいけない。しかしおもしろい!優位性を維持しようとする中国軍に、特殊作戦群は消耗を強いられてゆく。でもこれ、与那国、多良間島の話決着見ないまま、尖閣に飛ぶの??かわぐち先生の悪い癖?

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気
    一気に読ませてもらった。逸話の断片は知っていたが、まとまると凄まじい内容。「ヤマト」も「ブルーノア」も私は好きだ。その製作の背景でドロドロの戦いが繰り広げられていた実態がここにまとめられている。「ヤマト完結編」初日公開版最終3分がいかにして無くなったかの経緯にびびった!!

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか?

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月18日 (月)

ボンビーFF11戦線

FF11
大きな買い物もしていないのにやたらと貧乏な状態が続いてしまっている。だいたいにして自分のオタクさ加減では無駄遣いをしてしまいがちなのだが、この間はできる限り倹約して生活することが寛容だ。せっかくX-BOX360ではFF11を導入しているので、課金ももったいないのでちょっとづつ遊んで元をとるようにして、余計な買い物を控えるように繋げたいところだ。これまで何度も挫折をしてきたが今回は結構長続きしていて、キャンペーンでアニバーサリーリングもらったのをきっかけにレベル15の壁を突破。サポートジョブも取得し、これまで控えてきたパーティーにも積極的に誘ってもらってレベルを上げるようにとプレイスタイルを変化させてみた。そうしてみると今までとはまたこのゲームの違ったおもしろさが見えてきて、仕事もほっぽりだして没頭するという倹約から生まれた弊害が出てきた(笑)。毎日寝不足ですごくしんどいがやめられなくなってきた。しかしながらこのゲームおもしろい。やっぱしコミュニケーションって現実の世界でも、仮想の世界でも重要だなあと実感させられる。レベル3のミッションでどうしてもギデアスのドラゴンを倒すことができず、困り果てていたところとても親切な一団に声をかけてもらい、そのリンクシェルにいれてもらった。とても面倒見のいい方がここにはいっぱいいて、今日の午前中はそのメンバーの方にレベル上げを手伝ってもらい、これまでの挫折の遍歴を聴いてもらい、そんでもってこの世界での生き方みたいなのを教授してもらったのだった。

 どうにも人嫌いな自分だけれども、人も捨てたもんではないなあとしみじみ思ってしまったのだった。

2008年2月 9日 (土)

宇宙の騎士テッカマンを回顧する

 今日は仕事で京都市内へ。えらく雪が降ってきたので愛車R1は利用できず、スタッドレスを履かせてあるWISHで現場に向かう。iPodは使わずに今日はCDでも聴こうと思い、先日ゴーダムのCDで気分よくさせてもらったことから、同じボブ佐久間」さんの「宇宙の騎士テッカマンのBGM集」を持ち込む。

 情景描写の音楽が多いのと、発売が古く構成がいまいち納得ゆかない部分もあるのだがアクション関連の音楽は抜群にかっこいい。テッカマンは当時としてはなかなかハードな話が多く、タツノコのアニメの中でも個人的に特に好きなアニメだ。第1話で主人公の城二の親父さんの乗っている宇宙船がワルダスターに襲撃を受け、爆発もせずバラバラに分解されてゆく遭難シーンはあまりにもリアルで子供心にめちゃめちゃ怖かったのを覚えている。好きな話は多いが特に、宇宙人を憎む城二が来訪した宇宙船をテッカマンになり撃墜するが、実はその宇宙船は地球と友好を望む宇宙人の船であったと言うことがわかり、生き残りの少女から暗殺されそうになり、宇宙人を憎む自分の主義が実はゆがんだ正義ではないのかと揺さぶられるという、ザンボット3を数年先取りしたすげー話の回なんかが印象に残っている。
 テッカマンのラストには個人的な都市伝説的与太話があって、最終話「勝利のテッカマン」の敵指令ランボスの宇宙船に特攻してゆくテッカマンの止め画で話は終わっているのだが、そのあとの話が実はあって、それは「特攻していったテッカマンがテックセット限界時間の37分33秒を超えてしまい、宇宙帝王ドブライを倒すためにボルテッカ3段返しを連発し城二は命尽きてしまう」「ブルーアース号はその甲斐あってあたらしい惑星に到着し、人類の移住可能が示唆される」「それが映像的にあまりにも残酷すぎるために本放送以降放映不可能になってしまっている」という話らしくしかも「見た」という友人が二人ほどいたためそれが真実かどうか中学生位まで自分は真剣にそれを信じていたということを思い出したのだった。
 どうでしょうねえ。ほんまにそういう話があってもよかったと思うのですが。

2008年2月 4日 (月)

風邪・・・こじれる前に

 昨日大阪まで仕事にでかけて、講演を聴いたホールがあまりにも寒すぎて風邪をひいてしまったらしい。できれば長期に休んでしまいたくないので、なんとか今日は仕事の体制に都合をつけることができてお休みさせていただける。
 とりあえず医者へ行く。地域にある漢方医で脈とかとってもらうと「えらく、ストレスのある脈してはりますね。そんなに仕事たいへんなんですか?」とか自分の体質を次々に言い当てられてちょっとびびってしまう。漢方の苦〜い薬をもらって、100度のお湯で溶かし、うがいをして飲み込む。それと煮えたぎった紅茶に生姜をいれて飲みなさい、と。とにかく暖かくすることでウイルスの増殖防いで、早いところ仕事に戻らないといけない。今日は休憩だ。

 そうなるとすごく暇で、たまってた録画の整理をする。アニマックスの「ギャートルズ」あいかわらずおもしろい。冬越しの話が続いていて、今日のは「バラバランチズ」とか言う回。冬の間の蓄えを家に運び込んだゴンの一家。ところがそれを狙っている不審な男が現れる。父ちゃんは冬の蓄えを家から離れた場所に隠して大きな石版に書き込んで4つにわけてゴン達に持たせた・・・・。でっかい石版の地図というアイデアがばかばかしくっていい。
 あと、前に見たいと書いた、父ちゃんがノイローゼになる話「ハルカゼナー」も放映された。すごくムードのあるいい話で満足させてもらったのだが、自分が記憶してたラストとは少々違っていてそれがまたシュールな終わり方だったので感心してしまう。

 たまってるガンダム00も少し見る。今日のは大きな戦いの前哨みたいな回で、あらためて色んなキャラがいるなあと実感する。でも反対に個々のキャラクターのエピソードの語られ方がここまではどうも断片的で感情移入するまでに至らないのだ。ガンダムマイスターの4人もそうだが、強化人間の姉ちゃんも刹那を知ってるゲリラのおっさんもなんたら国の女王様も、全部の話が消化不良に感じられるし、また刹那が東京の下宿に帰ってきたかと思えばそのなんたら国の女王様のところに夜ばいをかけてるという立脚点の定まらなさが気持ち悪い。Zガンダムの後半を見てるみたいな気分になってしまう。

 車の中で昨日買った「ゴワッパー5ゴーダム」のBGM集を聴く。ボブ佐久間さんの劇盤はガッチャマンもテッカマンもすごく好きで、ゴーダムもいつか出てくれないかと思っていたら本当に発売されて驚いた。構成は氷川竜介さん。1曲1トラックですごく聞きやすくて、自分が思っていた曲が大半聴けて嬉しかったのだが1曲だけ収録されていないように思った。たぶん自分の思っている「敵の侵攻」とかゴーダムの「巨大感」を表現してる音楽なのだが、もしかすると他の作品の音楽なのかもしれない。ボブ佐久間さんではあと「スーパーロボット レッドバロン」が発掘されれば個人的には何も言うことないのだがどうだろう?

 もう1枚「変身忍者嵐MUSIC COLLECTION」も買う。時代劇ということを意識しているのか、怪談音楽っぽい「ひょろろろろ〜」という音色が沢山使われている。作曲:菊池俊介さん。「銀河大戦」の音楽とかすごく聴きたいのだけれどなあ。

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

ついった

その筋の音楽

  • 戸川純 with Vampillia -

    戸川純 with Vampillia: わたしが鳴こうホトトギス
    最初聞いたとき、滑舌の悪くなったひょろひょろ声の戸川純さんに絶句してしまった。ちがう!なんかちがう!? しかし、繰り返し聞くうちに印象が変わってきた。タイトル曲「私が鳴こうホトトギス」の意味が分かったような気になりで泣けた。絶景なるかな・・・・ (★★★★★)

  • 音楽:渡辺宙明 -

    音楽:渡辺宙明: Columbia Sound Treasure Series「透明ドリちゃん」オリジナル・サウンドトラック
    このようにマニアックなサントラが今発売されるとは。宇宙刑事ギャバン流用曲最後のピースがここに明らかになる。若き日の「柿崎澄子」さんを思い出しながら聞こう! (★★★★)

  • 坂本龍一 -

    坂本龍一: 音楽図鑑-2015 Edition-(紙ジャケット仕様)
    以前の版にに比べて大幅な音質の向上+追加収録曲。特にdisk2を聞いていると、このアルバムがどのように形作られていったかを思い巡らせることができて非常に興味深い。紙ジャケ大好き!! (★★★★)

  • ゴダイゴ -

    ゴダイゴ: 西遊記
    発売は私小五の頃。50歳近くなって、今改めて聞いて実に絶妙な構成であることを実感。ゴダイゴのアルバムでありドラマ西遊記のサントラという立ち位置がバランス取れていて素晴らしい。 (★★★★)

  • 戸川純 -

    戸川純: TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST&RARE 1979-2008
    内容的にはダブってしまう方もいるのだろうけれど、私のようにこれまでのアルバムを買ってこれなかった人には非常に価値の高い中身だと思う。特にDISC-3の「ラジャ・マハラジャ」は必聴だ! (★★★★)

  • 飯島真理 -

    飯島真理: blanche(ブランシュ)(紙ジャケット仕様)
     飯島真理さんにリン・ミンメイのイメージばかりを重ねていけない!!吉田美奈子さんのプロデュースが光るこのアルバムは癒しとしても聞き応えありと思う。 (★★★★★)

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30