人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 巨神ゴーグDVD-BOXを探してみる | トップページ | 京都南部その筋事情 »

2007年12月22日 (土)

冥王計画ゼオライマー完全版を読む

P1000373
しばらく前に買っておいたのだがようやく暇ができて読み終わる。完結編がリュウに掲載されて2回目くらいまでは読んでいたのだが、立ち読みできる郊外型書店が消滅してしまい結末がすごく気になっていたのでした。久保書店から出ていた前の単行本は結婚前後に紛失してしまい、今回の完全版との比較がよくできないのだけれども、ごく細かな描き足しはあるみたいでつじつまがちゃんとしていて読むのは楽だった。敵の組織がいかにも悪の組織で、ちょっとばかし浮世離れしすぎていて時代を感じてしまった。きちんと描ききれなかった原作版の「冥王計画」があきらかになり、内容的にも納得ができた。18禁指定はされていないものの、エロ部分はほぼそのまんまの状態で残っていて、普通の漫画のコーナーに陳列もしてるので何にも知らない人が興味本位で読んだらばさぞかしびっくりすることだろう。私も一読して書庫の奥に片付けてしまった。息子らにはちと早い(笑)。
 ほんとに過不足のない結末なのでまあまあよかったと思うのだが、なんで今ゼオライマーなのか?今完結させることになったのか?という裏の事情はすご〜く気になってしまう。その辺の事情込みならば、さらに深く楽しめそうなのだけれど。

« 巨神ゴーグDVD-BOXを探してみる | トップページ | 京都南部その筋事情 »

コメント

数年前にスーパーロボット大戦シリーズに登場。
ライト層に「この理不尽なまで強いロボットは何」って話題になってOVA→原作の漫画が存在するらしいぞ→
お子様たちブックOFFにて古本購入→お子様たち氷柱でどん引き(笑
ってのが伏線で有って、現在にこにこ動画でリリカルなのは&OVAゼオライマーMADが
ブレイクしてるのを好き者が知ったってのは有るのやも知れない。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm483640
http://www.nicovideo.jp/watch/sm390605

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冥王計画ゼオライマー完全版を読む:

« 巨神ゴーグDVD-BOXを探してみる | トップページ | 京都南部その筋事情 »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31