人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« タグラグビー・サントリーカップ | トップページ | 巨神ゴーグDVD-BOXを探してみる »

2007年12月 2日 (日)

安彦良和展を見る

安彦良和展を見る

 仕事で忙しかったのでなかなか行けなかったのだが、最終日の今日滑り込みで見に行くことができた。
どうしてもガンダムが全面に出ているのと、なんでアニメーターから今の仕事に転身されたのかが今ひとつつかみにくかったのがちょっと残念だったが、さすがに見応えのある原画で楽しませてもらった。
 見終わって無性に巨神ゴーグとクラッシャージョウとヴィナス戦記を見たくなるが、ジョウはもれなく興味のないOVA版がDVDにくっついてくるのと、ゴーグとヴィナスに至ってはDVDを見たことがない。買うから出してくれ。
 仕方がないので家に帰ってから「イエス」を読み直す。画の迫力もさることながら、独自の歴史解釈と主人公の心情描写の細やかさには感心する。この人の人間観っていったい何を基本に成り立っているのだろう?おもしろい。ユリイカの安彦良和特集のやつを買っておけばよかった。
 今日はアレクサンダーも読んでから寝ることにしよう。

« タグラグビー・サントリーカップ | トップページ | 巨神ゴーグDVD-BOXを探してみる »

コメント

出てるっぽいですよ。巨神ゴーグは。
新品は現在入手困難ですが、
オークションだと3万円前後ですかね。
http://www.giant-gorg.net/products.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安彦良和展を見る:

« タグラグビー・サントリーカップ | トップページ | 巨神ゴーグDVD-BOXを探してみる »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31