人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« やすみなし・・・・ | トップページ | 安彦良和展を見る »

2007年11月24日 (土)

タグラグビー・サントリーカップ

タグラグビー・サントリーカップ
息子らが入ってるタグラグビーの公式戦が宝ヶ池で行われ観戦する。初戦の強いチームを見事に撃破。鳥肌が立つ(笑)さらには2戦目も接戦の末勝利。ベストエイト決定戦まで勝ってしまい、すごく興奮してしまう。タグラグビーはじわじわと広まっているニュースポーツで、ラグビーのタックルの代わりに腰にマジックテープでつけた帯を取るとボールを持ってる者はパスしないといけない。これを4人まで取られると攻守交代となる。簡易なラグビー入門編のようなものだがなかなかにアツい。タグラグビーサントリーカップはこれが4回目なのだが年々参加校が増えておりプレイ自体のレベルも上がっている。そういう中で今年の我が母校のチームが勝ってくれてしかも息子がキャプテンで活躍しているとなると親ばかにならざるを得ないところだ。

« やすみなし・・・・ | トップページ | 安彦良和展を見る »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タグラグビー・サントリーカップ:

« やすみなし・・・・ | トップページ | 安彦良和展を見る »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31