人間嫌いを考える本・・・

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)
    この痛快さを面白がっていてはいけない。しかしおもしろい!優位性を維持しようとする中国軍に、特殊作戦群は消耗を強いられてゆく。でもこれ、与那国、多良間島の話決着見ないまま、尖閣に飛ぶの??かわぐち先生の悪い癖?

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気
    一気に読ませてもらった。逸話の断片は知っていたが、まとまると凄まじい内容。「ヤマト」も「ブルーノア」も私は好きだ。その製作の背景でドロドロの戦いが繰り広げられていた実態がここにまとめられている。「ヤマト完結編」初日公開版最終3分がいかにして無くなったかの経緯にびびった!!

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか?

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月24日 (土)

タグラグビー・サントリーカップ

タグラグビー・サントリーカップ
息子らが入ってるタグラグビーの公式戦が宝ヶ池で行われ観戦する。初戦の強いチームを見事に撃破。鳥肌が立つ(笑)さらには2戦目も接戦の末勝利。ベストエイト決定戦まで勝ってしまい、すごく興奮してしまう。タグラグビーはじわじわと広まっているニュースポーツで、ラグビーのタックルの代わりに腰にマジックテープでつけた帯を取るとボールを持ってる者はパスしないといけない。これを4人まで取られると攻守交代となる。簡易なラグビー入門編のようなものだがなかなかにアツい。タグラグビーサントリーカップはこれが4回目なのだが年々参加校が増えておりプレイ自体のレベルも上がっている。そういう中で今年の我が母校のチームが勝ってくれてしかも息子がキャプテンで活躍しているとなると親ばかにならざるを得ないところだ。

2007年11月20日 (火)

やすみなし・・・・

知恩院
今日は用事で京都市内へ。知恩院三門。久しぶりに見るがたたずまいがやはり立派。この辺りは昔の時代劇とか見てると結構使われていたりして、未だに京都らしい風情の残るええところだと思う。
用事を済ませて祇園から四条河原町方面へと歩く。ちょうど昼時で、南座前なので久しぶりに「松葉」でにしんそばを食べることにする。
071120_1212
 松葉のにしんそばはすごく久しぶりだ。なんで京都でにしんそばなのかよくわからんがそれでもここのはやっぱしおいしいと思う。だしそのものは薄口な印象なのだけれども、しっかりとだしが取ってあるので最後まで楽しめる。すごく満足させてもらった。
 四条河原町東北交差点の角にあるビルにブックファーストができていた。すこし覗いてきたが、非常にいい雰囲気で品揃えもよかったのでゆっくり本探しができた。京都はいい本屋が少なくなってきているのでありがたい。「ちみもりお」さんの「冥王計画ゼオライマー」の完全版というのが出ていて、久保書店版をどこかに紛失してしまったのと、リュウに掲載された完結編をいつもいく郊外型本屋がなくなったために立ち読みできなかったために結末を気になっていたので買ってしまう。

「ユリイカ」という本で「ジョジョの奇妙な冒険」の特集を組んでいた。前に安彦良和特集をしていたり、どうしたことなのかわからないが、内容が濃そうだったので買ってしまう。ジョジョ立ちというのが本当にあるのだな・・・・。金田伊功さんの画もそうだけれども人間はああいう風には立てない(笑)。がかっこええ。

2007年11月 8日 (木)

LCDゲームジャンク品、一か八か?

071108_1333
日本橋の某中古ゲームショップをあさっていて、ジャンク物の箱の中にエポック社から出ていた「パクパクマン」というLCDゲームを見つける。私が小学校6年生の時に叔母に買ってきてもらったもので、現物もちゃんと持っているのだが、どういう訳か液晶が不鮮明な部分があり、ゲーム機としては使えない状態だ。ゲーム&ウオッチが席巻し始めた頃で、各玩具メーカーとも色々と趣向を凝らしたゲームを次々と発売しており、携帯インベーダーゲーム機ブームが一段落ついて、次は何か?というところで「パックマン」辺りに焦点が移ってきた・・・・そんな時期の製品だ。とにかくファミコンとかなかったし、徹底的にやり込んだ。ものすごく愛着のあるゲーム機だ。それがジャンク品として放ってあるのを見つけたわけだ。店員さんに「一応、電源は入るんですよね?」と聞いてみる。「いや〜これノーチェックなんですよ。動くかどうかは保証なしで、まあ一か八かですね」とのお言葉。¥1000というが高いか安いか?悩むところだが、ここは一発買ってみることにする。
 近くでボタン電池を買ってセットしてみると・・・・・おおっ!!ちゃんと動作するではないか!?アジャストボタンの具合がちょっとグラグラするものの一回時計を合わせてしまえばそんなに問題ない。すごくいい状態だ。
 息子も完動品をみてびびっている。同じパターンの遊びがテンポを上げながら延々と繰り返されるという単調さは、現代の子供からすると信じられないみたいで、このゲームの画面の迷路が立体交差しているという表現はぱっと見て理解できなかったらしい。

 エポック社からはこれと同じ黄色い筐体で別のゲームが出ていたと思うが何だったのだろう?今度探してみようと思う。

オトメディウス

071108_1054
先日「グラディウス」特集をやっていたゲームサイド誌にコナミが「オトメディウス」というシューティングを発売したという特集が組んであって、外出したついでに立ち寄ったゲーセンに置いてあったので遊んでみる。なんとも派手な専用筐体で、シューティングゲームなのにゲーセンの中でもえらく扱いがいい。なんとも萌え系の自機や所々に挿入されるキャラクターPOPが小恥ずかしいが基本はグラディウスでなかなか楽しめる。こういうアーケードゲーム自体が下火な中で、あえてシューティングゲームを出してきたところがなかなか嬉しくなってしまう。全体的に押さえた難度で自分でも3面を超えようと思えば超えられるので、また遊んでみたいとは思うのだが・・・・・
・全体的にテンポが悪い。というかグラディウスはこんなものかもしれないけれども、今風の弾幕系やハイテンポキャラシューを見てしまうととろくさく感じてしまうのかもしれない。
・画面にタッチして決定したり、ボンバーみたいなのも発動してロックオンするのに画面タッチするなどなかなか意欲的だけれども個人的に遊びにくい。また、家庭用に移植されるとしてどうするのか?
・敵を倒したときに出てくるクリスタルみたいなのは、ちゃんと自機を重ねて取りにいかないといけないと思っていたのだが、敵を破壊しただけでカウントされるという仕組みに気がつくまでに結構時間がかかった。とらなきゃと思って前進してやられてしまった。
・自機のシールドは最初っから張られていて減点性になっていて、パワーアップカプセルでは選択できないようになっている。取っつきやすくするための配慮かと思うけれども、これでだいぶ戦略性が落ちてしまっているような気がする。

とまあ、文句はいっぱいあるけれども、長くゲーセンには置いておいてほしいと思う。南極面ではゼクセクスのあの方が出てきたりして、なかなかその筋のサービス精神もいっぱいで楽しませてもらったのでした。

2007年11月 5日 (月)

仮面ライダーNEXTを見る

仮面ライダーNEXTを見る
うーむ。惜しい映画だった(笑)前作が「冬のソナタ」で今回が「リング」というのはどういうものなんだろう?日本のホラーものは単に流血と陰湿さ凄惨さが際だつばっかしで個人的にはあんまし好きではないのだ。田崎竜太監督ということですごく期待したのだけれども、残念な部分も多かった。
・妙にステレオタイプな状況描写が多い。本郷の勤める高校の荒れ様。冒頭に出てくるひきこもりの兄ちゃん。等々。現実味のある世界観がどうも台無しになっているような気がする。脚本の責任なのか、演出の責任なのか?
・岡田斗司夫さんじゃないけれども、ショッカーって何のために世界征服しようとしているのかが見ていて曖昧になっていて、その辺りの説明ももう一歩踏み込んで必要かもしれない。この劇場シリーズって中途半端に現実的なのだ。人間を改造することでどういう事業に応用しようとしてるのか?なんかレストラン経営なんかもしてるみたいだし、どういう組織なのかという説明は個人的にはあったほうがいいような気がする。
・ショッカーライダーは今回は出し惜しみしてほしかった。戦闘員に毛が生えた程度の活躍しかしてくれないのですごく残念だ。

そういった辺りが我慢できるならばかなりおもしろい映画だと思います。1号と2号のダメージ表現とか造形的にすばらしいもんなあ。ハサミジャガー万歳!!あとV3って「ビクトリー」だと思ってたらこの映画では「バージョン3」の略だったのがなんとも。

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

ついった

その筋の音楽

  • 戸川純 with Vampillia -

    戸川純 with Vampillia: わたしが鳴こうホトトギス
    最初聞いたとき、滑舌の悪くなったひょろひょろ声の戸川純さんに絶句してしまった。ちがう!なんかちがう!? しかし、繰り返し聞くうちに印象が変わってきた。タイトル曲「私が鳴こうホトトギス」の意味が分かったような気になりで泣けた。絶景なるかな・・・・ (★★★★★)

  • 音楽:渡辺宙明 -

    音楽:渡辺宙明: Columbia Sound Treasure Series「透明ドリちゃん」オリジナル・サウンドトラック
    このようにマニアックなサントラが今発売されるとは。宇宙刑事ギャバン流用曲最後のピースがここに明らかになる。若き日の「柿崎澄子」さんを思い出しながら聞こう! (★★★★)

  • 坂本龍一 -

    坂本龍一: 音楽図鑑-2015 Edition-(紙ジャケット仕様)
    以前の版にに比べて大幅な音質の向上+追加収録曲。特にdisk2を聞いていると、このアルバムがどのように形作られていったかを思い巡らせることができて非常に興味深い。紙ジャケ大好き!! (★★★★)

  • ゴダイゴ -

    ゴダイゴ: 西遊記
    発売は私小五の頃。50歳近くなって、今改めて聞いて実に絶妙な構成であることを実感。ゴダイゴのアルバムでありドラマ西遊記のサントラという立ち位置がバランス取れていて素晴らしい。 (★★★★)

  • 戸川純 -

    戸川純: TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST&RARE 1979-2008
    内容的にはダブってしまう方もいるのだろうけれど、私のようにこれまでのアルバムを買ってこれなかった人には非常に価値の高い中身だと思う。特にDISC-3の「ラジャ・マハラジャ」は必聴だ! (★★★★)

  • 飯島真理 -

    飯島真理: blanche(ブランシュ)(紙ジャケット仕様)
     飯島真理さんにリン・ミンメイのイメージばかりを重ねていけない!!吉田美奈子さんのプロデュースが光るこのアルバムは癒しとしても聞き応えありと思う。 (★★★★★)

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31