人間嫌いを考える本・・・

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)
    この痛快さを面白がっていてはいけない。しかしおもしろい!優位性を維持しようとする中国軍に、特殊作戦群は消耗を強いられてゆく。でもこれ、与那国、多良間島の話決着見ないまま、尖閣に飛ぶの??かわぐち先生の悪い癖?

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気
    一気に読ませてもらった。逸話の断片は知っていたが、まとまると凄まじい内容。「ヤマト」も「ブルーノア」も私は好きだ。その製作の背景でドロドロの戦いが繰り広げられていた実態がここにまとめられている。「ヤマト完結編」初日公開版最終3分がいかにして無くなったかの経緯にびびった!!

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか?

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月28日 (日)

「キャプテン」全巻読了


ようやく全巻読み終わる。すごくおもしろかった。
初めて「キャプテン」の5巻を読んだのが小学校の1年生か2年生の頃だったので、実に30数年目にしての読み終わりということになる。
 イガラシ君の全国大会制覇の顛末もようやくわかった。非常にアツい展開で、ちょうど乗っていた電車を乗り越ししそうになった。この全国優勝までの道のりのエピソードもとてもおもしろいのだけれども、自分的にはやはり近藤君がキャプテンになってからの3巻がとてもおもしろかったと思う。とても優れたリーダーによって、道を究めたあとのチームがどうなってゆくか?という点で、安易にステップアップ、エスカレートする展開でなく、自分勝手な近藤君のキャラクターを活かし、周囲との軋轢を地道に描きながら次に希望を感じさてゆくこの物語の結末には、正直なところ、ものすごく真実味を感じさせてもらった。決してキャプテンとしては器ではない近藤君。チームのメンバー同士でけなし合い、反目も生みながら物語が前進してゆく様が自分が現実に置かれている状況と被さって、すごく共感してしまった。

 さて、これからは「プレイボール」を買ってゆこうと思う。全く読んでいないのですごく楽しみだ。
1巻の最初の所に2年生のイガラシ君が出てきてちょっと背筋がゾクゾクっとしてしまった。

京都・伏見はええところか?

 今日は職場まで自転車で出勤する。
P1000119
 伏見の松本酒造の建物をみていて、この前まで時代劇チャンネルでやっていた「燃えよ剣」でこの前の所を物語後半のロケでそのまんま使っていたなあとなんか感慨深くなってしまう。
 京都はドラマとかで妙に美化されている印象があるのだけれども、案外普通の町だと思っている。怪奇大作戦の「京都買います」ではないけれども、京都を京都として愛しているか?と尋ねられると、ちょっと困ってしまう。京都が京都であるアイデンティティーって何なのか?という事が、自分でもよくわからないのだと思う。
P1000120

P1000121

P1000122
こういう町並みに京都観光の皆さんはすごくしびれるのだろうなあ・・・・。


2007年10月21日 (日)

今月のCUT誌ガンダム特集を読む

 Cut
ファッション誌の表紙がなぜか哀戦士で、何事か?と思って買ってみる。富野監督のインタビューもあってなかなかに充実した内容で楽しめる。この人、やっぱし自分に厳しい。作品に惚れ込んでるファンの気持ちなんか微塵もかんがえていないかのような発言には困ってしまう。でもそういう妥協のないモノ造りの姿勢こそ見習うべきことなのだろう?
 ガンダム00は第3話。個人的にとてもおもしろいと思う。メカがガンダムである必然性はなく、別にこれがドラグナーXとかいうようなタイトルになっても全然問題なくお話は進行できそうである。「ガンダム」でないと商売が展開できない・・・・という世の中の構造はやっぱし問題だな・・・・と思う。生みの親である富野監督が「ぶっつぶす!!」としてもつぶれなくなってしまっているのは、怖いことだと実感する。
 と思う割にはキュリオスのプラモが出たら買ってしまいそうだ(笑)

逃避的な休日を過ごせ

逃避的な休日を過ごせ
村の祭りから逃げて、神戸の住吉に「あぶあぶあ」という楽団のコンサートを聞きにやってくる。プレーヤーは知的な障碍を持っている方ばかりなのだ。うまい・下手の世界ではなく、自分という人間の価値にいかに自信を持っていきているか?という問題の世界だ。
 コンサートが終わって阪神電車の住吉まで歩き、住吉から梅田に出る。阪神は普段利用しないので、窓からの景色がとても新鮮だ。今日は日曜ということもあるのか、やたらとデジカメで電車の写真を撮ってる難しそうな顔のお兄さんとか、親子連れを目にする。先日埼玉だったかどこかに大きな鉄道ミュージアムができたとかいうニュースがあったが、正直なところ、自分らアニメ特撮その筋よりも電鉄マニアの方が濃い人が多いような気がしないでもない。まあ、50歩100歩なのかも?
 梅田で色々と立ち読みしたりウインドウショッピングして情報を得る。なんかブレードランナーのDVD-BOXが出るらしい。DVD黎明期にディレクターズカット版が辛うじて出たけれども、個人的にはハリソンフォードがグチグチ解説ナレーションを入れる一般的なあのバージョンが好きなのだ。一番高価なBOXにはスピナーのミニチュアとかが付くみたいだし、久々にその筋の食指が動いてしまう。

 岡本喜八監督の「激動の日本史・沖縄決戦」を見つけるが、なんかこれ見たら今日は元気なくなってしまいそうだったので今日は買うのをやめておく。ポールバーホーベン監督のオランダ帰国後の映画「ブラックブック」もDVDが出ていたがやっぱし残酷なシーンを見る元気がなかったので買うのをやめる。なんか映画見る体力もなくなってきているのかとさらに元気なくす。いかん、悪循環だな。
 超合金魂「バイカンフー」のレビュー記事を読む。アニメーターの大張正巳さん自身がインタビューに答えていてなかなか楽しめた。オープニングアニメ版のドラグナー1なんかも出ているみたいで、ぐっと欲しくなるが。勇者ライディーンを個人的には本命にしようと思っている(笑)

2007年10月15日 (月)

平日に公休が振り替えられる時には気をつけろ

 仕事にはあんまし熱を入れない方がやっぱしいいようだ。自分が社会的に役に立たない人間だということにかなりのジレンマを抱えてしまう事もあるのだが、精神的な健康さを取り戻すのが先決だ。

 朝のワイドショーを見ていた家内が「ヤッターマンの声優さん、あの人らに決まったって!」と教えてくれる。やっぱし、小原乃梨子さん、八奈見乗児さん、たてかべ和也さんしかあり得ないわなあ。これだけでも相当な制作費になるだろうけれど、英断だと思う。ドクロベー様はかつては滝口順平さんだったけれど、さすがにここまでは無理があるかもしれない。でも、ついこの間紳助のなにかの番組に滝口順平さんシルエットで出演されていたんやけれどなあ・・・・。

 近くにずっと以前からある24時間営業のレンタルビデオ店に、時間があったので入ってみる。パッケージが退色した「いつのやねん!?」と思えるようなビデオもたくさん置いてあるが、品物のDVD化は進んでいて、いつも利用している某チェーンレンタル店とは品揃えが雲泥の差だった。実写版ジャイアントロボ、怪傑ズバット、元祖天才バカボンあたりにグッと心が動かされるが、ずっと見たいと思っている「激動の昭和史 沖縄決戦」が置いていなくて。また時代劇モノも少なかったので 会員にはならずに帰ってくる。店の隅の一番上の端っこにボロボロの怪奇大作戦が置いてあるのはきっちりチェックを入れておいた(笑)

 親父が仕事でWindowsパソコンが欲しいと言うので調達にソフマップに出かける。XPでないといけないという条件があって、できればすぐに使いたいということなので中古の出物がないかという事になる。中古ならXPパソコンも多いだろうとタカをくくっていたが、意外にVistaモノが多い。困ってしまうが、まあまあ手頃なFMVがあったのでそれを買ってくる。初期設定して親父に手渡すが、Macしか使ったことのない親父(71歳)はやっぱしOS操作にすごく苦戦していた。使いこなせる自分らからするとこれは考えられないことなのだが、マウスのボタンが2つになるとかスタートボタンから終了するとか、同じWordやExcel使ってるのに微妙に画面デザインが変わっただけでまったく別次元のモノに感じてしまうということは親父世代前後の人にはあり得ることなのだ。小学生の息子のほうがむしろ詳しくて、終了動作とかを教わっていたのだった・・・・。

 

2007年10月 6日 (土)

その筋の近況

 仕事はほどほどにがんばるようにしている。秋はどうにももの悲しくなってしまっていけない。理由もなく人に対して不信感が強まったり、不意に気力が激減してしまうことが多くなりがちだ。心が痛むこともあるが当面は全力投球は控えて、充電しながら命を長らえるようにしよう。
 江口寿史先生のキャラ者が新装版になって再販がかかっている。やっぱし、この人のマンガあもしろいなあ。でも1巻→3巻にむけてきっちり失速していっているのが相変わらずだなあと思う。

 地域に古くからあった郊外型書店「BOOKS新京都」がなくなって久しい。なんだかんだ言って、この本屋、とても重宝な本屋だったと思う。比較的大きな駐車場、マンガ・項略本・雑誌を中心になかなかマニアックな品揃え、深夜営業、さらにX-BOX360のソフトまで扱っているというなんとも奇特な本屋で、時間が余ったらふらっと立ち寄って情報収集できたとてもいいスポットだったのにと今更ながら思ってしまう。この本屋に代わりうる本屋を探しているが、京都南区はおろか京都市内全域を見渡してもなかなか自分のお眼鏡に叶うような郊外型書店は存在しないことがわかってきた。ネットで書店をさがしていると、自分と同じようにBOOKS新京都がなくなって困っているひとが少なからずいることがわかってきて、なんとなく嬉しいような、がっかりしたような気持ちになってしまった。いい本屋はないものか?

 修理に出していたX-BOX360が帰ってくる。噂の赤リング故障で無償で直ってくる。3週間かかった。納品書を見ると「ディスクドライブ交換・マザーボード交換」と書いてある。ファンの動作音が心持ち小さくなったような気がしないでもない。ACE COMBAT6に間に合って良かった。

 360が無い間、息子(小6)に勧められて「ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー」を始める。最初は雑なフィールド設計に嫌々つきあわされていたのだが、配合のおもしろさにはまってしまい、職場の宿直の間もDSを持ち込んでずーっとやっていた。なんか息子の友達らはすげー強いモンスターを生み出してるみたいで、それってプロアクションリプレイかなんかで作ってるノンとちがうんか?と聞くと「違う」らしい。育て方の秘訣があるらしい。いつか乗り越えてやる・・・・・

人を見た目で判断してはいけない

 吹奏楽部に入ってる娘の演奏会を聞きに、近くの公民館に家内と出かける。演奏が終わって娘の友達がお母さん連れで聞きに来てくれていて、雑談する。この子小学校からの友達で、娘とはとても仲良くしてくれている真面目な印象の子で「いつも仲良くしてくれてありがとう・・・・」とお礼を言うと「はい!、あの〜グレンラガン見てるんですか?」ととんでもねー事を聞いてくる。「へ?」と面食らってるとなんか結構アニメとか見てるみたいで、しかもそのお母さんが「グレンラガンってね・・・・最初見たときにすごく、あの動きとかが良くって・・・・そんでこの子に あんたも見なさい!って勧めたんです」
 あら〜、おかあさんその筋の人だったのですね。

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

ついった

その筋の音楽

  • 戸川純 with Vampillia -

    戸川純 with Vampillia: わたしが鳴こうホトトギス
    最初聞いたとき、滑舌の悪くなったひょろひょろ声の戸川純さんに絶句してしまった。ちがう!なんかちがう!? しかし、繰り返し聞くうちに印象が変わってきた。タイトル曲「私が鳴こうホトトギス」の意味が分かったような気になりで泣けた。絶景なるかな・・・・ (★★★★★)

  • 音楽:渡辺宙明 -

    音楽:渡辺宙明: Columbia Sound Treasure Series「透明ドリちゃん」オリジナル・サウンドトラック
    このようにマニアックなサントラが今発売されるとは。宇宙刑事ギャバン流用曲最後のピースがここに明らかになる。若き日の「柿崎澄子」さんを思い出しながら聞こう! (★★★★)

  • 坂本龍一 -

    坂本龍一: 音楽図鑑-2015 Edition-(紙ジャケット仕様)
    以前の版にに比べて大幅な音質の向上+追加収録曲。特にdisk2を聞いていると、このアルバムがどのように形作られていったかを思い巡らせることができて非常に興味深い。紙ジャケ大好き!! (★★★★)

  • ゴダイゴ -

    ゴダイゴ: 西遊記
    発売は私小五の頃。50歳近くなって、今改めて聞いて実に絶妙な構成であることを実感。ゴダイゴのアルバムでありドラマ西遊記のサントラという立ち位置がバランス取れていて素晴らしい。 (★★★★)

  • 戸川純 -

    戸川純: TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST&RARE 1979-2008
    内容的にはダブってしまう方もいるのだろうけれど、私のようにこれまでのアルバムを買ってこれなかった人には非常に価値の高い中身だと思う。特にDISC-3の「ラジャ・マハラジャ」は必聴だ! (★★★★)

  • 飯島真理 -

    飯島真理: blanche(ブランシュ)(紙ジャケット仕様)
     飯島真理さんにリン・ミンメイのイメージばかりを重ねていけない!!吉田美奈子さんのプロデュースが光るこのアルバムは癒しとしても聞き応えありと思う。 (★★★★★)

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30