人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 逃避的な休日を過ごせ | トップページ | 京都・伏見はええところか? »

2007年10月21日 (日)

今月のCUT誌ガンダム特集を読む

 Cut
ファッション誌の表紙がなぜか哀戦士で、何事か?と思って買ってみる。富野監督のインタビューもあってなかなかに充実した内容で楽しめる。この人、やっぱし自分に厳しい。作品に惚れ込んでるファンの気持ちなんか微塵もかんがえていないかのような発言には困ってしまう。でもそういう妥協のないモノ造りの姿勢こそ見習うべきことなのだろう?
 ガンダム00は第3話。個人的にとてもおもしろいと思う。メカがガンダムである必然性はなく、別にこれがドラグナーXとかいうようなタイトルになっても全然問題なくお話は進行できそうである。「ガンダム」でないと商売が展開できない・・・・という世の中の構造はやっぱし問題だな・・・・と思う。生みの親である富野監督が「ぶっつぶす!!」としてもつぶれなくなってしまっているのは、怖いことだと実感する。
 と思う割にはキュリオスのプラモが出たら買ってしまいそうだ(笑)

« 逃避的な休日を過ごせ | トップページ | 京都・伏見はええところか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今月のCUT誌ガンダム特集を読む:

« 逃避的な休日を過ごせ | トップページ | 京都・伏見はええところか? »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31