人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 「特技監督 中野昭慶」を読む | トップページ | グレンラガン最終回を見る »

2007年9月29日 (土)

燃えよ剣最終回「新撰組副長 土方歳三」を見る

 時代劇専門チャンネルで燃えよ剣の放送が終わった。ずっと興味があったのだがレンタルビデオにもお目にかかることがこの歳までなく、ようやく時代劇専門チャンネルのおかげで見ることができたのだった。さすがに古い作品であるので、所々の演出的にも映像表現的にも古さを感じてしまったりすることがあったものの非常に良くできた、見応えのある時代劇だったと思った。特に新撰組の京都時代の話に関してはロケ地の多彩さが半端ではなく、相当な京都通と自称している自分でも「ここどこや?」と思うような場所がいっぱい出てきた。昭和40年代前半の京都って時代劇を撮ろうとおもったらまだこんなにスポットが残っていたのだなあと感心する。今、京都で時代劇と言ったらせいぜい流れ橋か仁和寺、竜安寺、大覚寺くらいしか使えないもんな。
 最終回「新撰組副長 土方歳三」での土方がかつての隊士達の出てくる夢を見るシーンでは不覚にも涙を流してしまった。
P1000117
映像的にはものすごくちゃちな京都の情景のスクリーンプロセスに合わせて、かつての仲間達が現れ、土方がひとりとつとつと想いを語るというこれがまたベタなシーンなのだがこれに泣けた。なんで泣いたのか自分でもわからない。非常に複雑だ。幻の壬生の屯所に仲間達が車座に座り「さあ、久しぶりに飲もう!俺もあのとき本当はみんなと馬鹿騒ぎがしたかったのだ。でも俺は部屋に引きこもってみんなとは一緒に飲もうとはしなかった・・・・」という台詞に特に泣けた。新撰組という「桶」の「たが」を締める役割のために自分がどうあるべきか、けれどどうしたかったのかに泣けたということもあるのかも知れない。

 月曜からは同じ栗塚旭さん主演の「俺は用心棒」が始まるし、10月末からは「風雲ライオン丸」まで始まってくれるらしいし、時代劇専門チャンネル様々である。


« 「特技監督 中野昭慶」を読む | トップページ | グレンラガン最終回を見る »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 燃えよ剣最終回「新撰組副長 土方歳三」を見る:

« 「特技監督 中野昭慶」を読む | トップページ | グレンラガン最終回を見る »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31