人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 書店巡り | トップページ | 燃えよ剣最終回「新撰組副長 土方歳三」を見る »

2007年9月24日 (月)

「特技監督 中野昭慶」を読む


半日で読み終わる。なかなかおもしろいインタビュー本だった。東宝特撮の一番しんどかった時期を乗り切った人として、もっと評価されてもいいのにと思う。低予算、準備期間なしという悪い条件の中で円谷特撮の伝統を真摯に継承した仕事は個人的にすごく影響を受けさせてもらった。特に「ゴジラ対メカゴジラ」でのコンビナート戦の場面。「日本沈没」の東京大震災のシーン。「ゴジラ対メガロ」のダムのシーン。「ゴジラ対へドラ」のドロドロ1回戦。「惑星大戦争」の金星大魔艦対轟天戦。「84ゴジラ」の上陸場面など、緻密さに欠けてもメリハリの効いた、映画的に映える画面作りは大好きで、とても素晴らしいと思う。
本の内容的には4章の自作を語る所以降がおもしろい。個人的に中野特撮ファンを自称していたが、見ていない映画が結構あることに気づいた。「人間革命」なんかは封印されていたけれど近年DVDが出たみたいだし、「連合艦隊」とか8.15モノは円谷監督のライブフィルムにばっかり目がいって、中野演出部分をもっときっちり見ないといけないなあと思った。

« 書店巡り | トップページ | 燃えよ剣最終回「新撰組副長 土方歳三」を見る »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「特技監督 中野昭慶」を読む:

« 書店巡り | トップページ | 燃えよ剣最終回「新撰組副長 土方歳三」を見る »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31