人間嫌いを考える本・・・

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)
    この痛快さを面白がっていてはいけない。しかしおもしろい!優位性を維持しようとする中国軍に、特殊作戦群は消耗を強いられてゆく。でもこれ、与那国、多良間島の話決着見ないまま、尖閣に飛ぶの??かわぐち先生の悪い癖?

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気
    一気に読ませてもらった。逸話の断片は知っていたが、まとまると凄まじい内容。「ヤマト」も「ブルーノア」も私は好きだ。その製作の背景でドロドロの戦いが繰り広げられていた実態がここにまとめられている。「ヤマト完結編」初日公開版最終3分がいかにして無くなったかの経緯にびびった!!

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか?

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月26日 (日)

復活の任天堂バレーボールと今日のグレンラガン

 夏期休暇最終日。仕事のことはできるだけ考えずにゆっくり過ごしたつもり・・・・・。ここからしばらくはがんばらんといかんからなあ。
 うちの日曜の朝はグレンラガンから始まる。知らない間に息子、娘を巻き込んでみんながテレビの前に正座してみている。いろんな懐ロボアニメやこれまでのガイナックスのノリを多分に含んだ展開だが、それでも描写が徹底しているのでついついその筋の涙腺がゆるんでしまうのが情けない。下の息子も知らず知らずの間に「スピンオン!」とか言いながら宿題してたり、「俺を誰だとおもっているう!!」とか言いながら兄弟げんかしているのはなんとも恐ろしい光景だ(笑)。あと一月あまりで終わってしまうのがとても惜しい・・・。

 Wiiのバーチャルコンソールに前々から入ってほしかった「バレーボール」がアップロードされており、何も考えずに購入してしまった。このゲーム、ディスクシステムでのみ遊べたゲームで、うちのディスクシステムが数年前に不調になって以来ずっと遊べずどこかで遊べる機会を心待ちにしていたのだ。GBAの「ファミコンミニ」シリーズにもラインナップされずあきらめていたのだがこうやって合法的に遊べるようになったのはとても嬉しい。勢いでPCエンジンの「ベラボーマン」もダウンロードしてしまう。
P1000104_2

 ルールが昔のバレーボールなので展開がまどろっこしい。サーブ権というのはいかんシステムだ。操作についてはオートの要素がなく、自分でちゃんとボールの落下点にまで移動してやってちゃんと適切にレシーブなりスパイクなりしてやらないといけないので若干の操作練習は必要だ。バレーボールを題材にしたゲームは少ないけれども、これはかなりよくできた名作ゲームだと思う。

 360のオブリビオンもマイペースで進行中。王家の落とし種のおっちゃんのいうことを聞いて密偵狩りなどをやっている。最近ようやく解錠PICを売っているおっちゃんを見つけたのと魔法武具に魔法チャージしてもらう方法を知った。奥が深すぎる。
 PSPの極魔界村はようやく道中の行程が半分ほどきた。アイテムが出過ぎるのがどうもいけない。固定的な武装で突っ走りたいのに強制的に使いたくない武器を踏んでしまうのがうざったい。
 昨日買った64版のスマブラでちょっと遊ぶ。なかなかよくできている。うちの家はまだ64が現役だ。出張中の弟が帰ってきたら息子らはこれでボコボコにするつもりらしい(笑)

 だいぶ前に買った水木しげる先生の「河童の三平」貸本版を読み終わる。全体的にだらだらした展開だったがラストの唐突に、そしてじわっと悲しいラストはなんとなく泣けた。一抹のムードがなんとも言えない。初期の水木先生はいいなあ。

河童の三平―貸本版 (下)河童の三平―貸本版 (下)
水木 しげる

チクマ秀版社 2006-11
売り上げランキング : 138419

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2007年8月25日 (土)

かなりおいしい立ち食いうどん屋

かなりおいしい立ち食いうどん屋
大阪茨木市阪急本通商店街にある。出汁が最高にうまかった

2007年8月24日 (金)

ビッグカメラ京都店の賑わいと燃えよ剣

 まだまだ喪失感がぬぐえないが、なんとか前向きな思考は維持しなくてはならない。
 元気だそうと思い、できるだけ動くことにする。午前中は散髪。「ばこばこさんめずらしいやないですか?」と散髪屋の兄ちゃんに言われる。
 午後からはビッグカメラの具合はどうかと京都駅へ向かう。人は多いが平日ということもあってそんなにたいしたことはない。入り口のところでポイントカードの手続きをするが、店舗に入った直後に紛失してしまう。なんということだ。めんどくさくなったので、処理しないでそのまんま中をぶらぶらする。狭い敷地にギュッと品物が詰め込んである印象で、iPod関連の周辺機器とかデジカメ関連のオプション類が多いのは感心した。カタログ本くらいでしか見たことないようなものがちゃんと展示されているのはさすがやなあと思う。でもなんか慣れないので、帰りにはソフマップに寄って落ち着いて帰る。
 小学4年生の息子がHGのゲルググを完成。バリもしっかり取ってるし墨入れもそれなりにしてあってなかなかうまく作ったなあと感心する。「ぼく、なんかジオンのMSのほうがかっこええと思うねんけれど・・・」とマニアックな事を言ってくれる。
 ケーブルテレビの京都チャンネルでボークスの製品のレビュー番組みたいなのをやってて、司会が平田弥里さんだったのでちょっとびっくりした。よくわからん製品解説や用語を使わせられて困ってるようだったのがなんとも気の毒。

 ケーブルテレビの時代劇チャンネルで前から見たかった「燃えよ剣」がおとといから始まった。栗塚旭さん主演で黒部進さんなんかも脇役で出ているが、あとはなんか見かけない役者さんばっかりだ。渡辺岳男さんの叙情的な音楽がしみる・・・・。東映京都制作ということは知っていたが、とにかく京都の名所旧跡がバンバン出てくる。ちょっとした京都の市中描写ロケが多用されていて、昭和40年代初めの京都ってこんなに時代劇撮影に耐える町並みがあったのだなあと感心してしまう。大体にして京都の旧跡には詳しいのだが、見ていてわからない所もたくさんあって、そういう視点で見るのもなかなか楽しい。映像表現的にはちょっとばかしまずい部分もあって、CSとかDVDとかでしかこれは見られないだろう。当面これを頼りに生きてゆけそうな気がする。

2007年8月23日 (木)

喪に服す日々・・・・

 先輩が急逝してしまう。おおよそ考えられない事態が起こってしまい、自分としてもどうしたものかうろたえた数日間だった。たとえるならば、グレンラガンでシモンにとってのカミナがいなくなってしまったようなもので、自分も鬱モードに陥りそうになったのだが、日々の業務の運営が最優先で悲しんでいる余裕はいただけなかった。
 今日はたまたま休日で仕事の断片整理で市内をうろつく。別の先輩のやってる事業所に立ち寄ったときに、まあお茶でも飲んでいけと事務所で一服させてもらう。ずいぶんと気遣ってもらって少し報われたような気がした。「あんたいくつになったん?」「41です・・・・」「ふーん、47、8、9歳くらいの時に次は気いつけなさいよ。うちの旦那もそのころしんどくなったから・・・」と。

2007年8月15日 (水)

みんなのドラえもん展とVistaよそんなもんか!?

 甥(小学校3年生)が泊まりに来ているということもあって、今日は午後から京都駅伊勢丹でやってる「みんなのドラえもん展」に出かける。来場者の年齢層は結構幅広く、自分らみたいな親子連れからもう少し低年齢層の家族。おじいちゃん、おばあちゃん+孫づれ、漫画にやたら詳しそうなその筋の仲間連れ等々。みんなすごく熱心にみているので、なかなか先に進めずちょっと閉口してしまう。
 あの有名なタイトル抜き新連載予告の原画「出た!!」もあって、本当は左上に「ウメボシデンカ」の写植が貼ってあって「ウメボシデンカに変わってはじまるゆかいまんが」との見出しが入っていたということを初めて知った。全体的に飛び抜けて凝った展示構成ではないものの、やはり藤本先生の原画を見られるというのは迫力がある。てんとう虫コミックス5巻に収録の「ドラえもんだらけ」が全ページ展示してあって、これはすごく嬉しかった。ギャラリーショップでは「ドラえもんだらけ」の扉絵がポストカードになって売られていたので、つい買ってしまった。

 先日かったVAIOを仕事で使えるように、データーの移行と調整をしているのだが、どうにもパフォーマンスが悪く、使っていてイライラする。とにかく起動が遅い。常駐プログラムが全部ロードされるまでに3分から5分はかかる。やってられない。Aeroもなんかその恩恵を受けてるのかどうなんだかよくわからない。画面そのものもクラシック表示するという手もあるみたいだけれども、かえってよろしくないというようなことが書いてあるサイトもあったりして、どうしたらいいのか困ってしまう。Vistaって見た目には今のMac-OSとそっくりなのだが、比較はいかんかもしれないが、普段使ってるCoreDuoモデルのMacBookProの方が起動も断然速いし、同じ作業するならば絶対にそっちのほうが手っ取り早い。さらにはCore2Duo1.8Ghz 1Gb memのXPデスクトップも健在で、とてもVAIOにVistaに乗り換えようという気が起こってこない。これはVistaのせいだろうか?Vaioの4200rpmのHDDのせいだろうか?とにかくなんとか仕事に使えるレベルにしないといけないので、本屋に行ってウンチク本をみて研究しようと思う。

 息子が読んでいた「のび太の日本誕生」を読んでみる。大長編ドラえもんは基本的に私は嫌いで「読まない」というスタンスだったのだが、心境の変化で、最近はこれまで読まなかったものでもできるだけ選り好みしないで読んでみようという気になる。相変わらずのび太の性格設定が狂ってしまってるとは思ったがなかなかおもしろかった。こんなに歴史に介入してはいかんだろう・・・とは思うのだがどうだろう?キガゾンビもドラえもんもやってることは結局一緒で、そこのところになんとなく皮肉のようなものを感じるところはさすがの構成だなと思う。難しいこと考えずに楽しんだ方がいいのだろうな?

2007年8月14日 (火)

今日は琵琶湖畔

今日は琵琶湖畔
知り合いのお招きで3家族で琵琶湖和邇浜へ。バーベキューして私は休憩する。平和だ(笑)

2007年8月13日 (月)

噂の実物大「藤田版Z」

噂の実物大「藤田版Z」
広島からの帰途、岡山県院庄「道の駅久米」に立ち寄る。去年大和ミュージアムの帰りにみられなかった藤田版Zを家族で見るのだ。健在だった(笑)

広島お好み焼き屋

広島お好み焼き屋
広島二日目。原爆資料館と平和記念公園をみてから昼食。やっぱしお好み焼きしかないだろう。

2007年8月12日 (日)

今日は広島から

今日は広島から
家族で旅行きてます。

2007年8月11日 (土)

下鴨納涼古本祭り

 夏期休業初日。毎年やってる下鴨の古本祭りに出かける。
070811_1030

初日にいくのはこれが初めてで、京都のくそ暑い気候をものともせずたくさんの人が来場している。いつものように3日目とかにくるんだった。さて、自分のほしいものの臭いはそれとなく嗅ぎ分けられる感覚はあって、難しい教典とか全集とか精神世界論、文学大全集とかにうもれてその筋のよさそうなモノを結構見つけられる。中には結構なお値段のモノもあって、朝日ソノラマ系の怪獣図鑑的なものはすごく高かった。小松崎茂さんの画集なんかもあったのだが、これはお値段が表記してなくて今回は見送った。で、今日の収穫。

「怪獣学入門」初版本
070811_115300
自分はこれの3版目を持ってはいるのだが、初版にはかの「第12話」に関するコラムが掲載されていて、2版目からはそれが削除されているのだ。まあ、見開きのコラムでそうそう深い内容でもないし、深くこの件の真相を知りたい向きには安藤健二さんが本を出しておられるのでそっちをみた方がいい。値段をみたらほとんど缶ジュースの値段だったのでついつい手が出てしまったのでした。

「モジャ公」サンコミ版 9版目
070811_1153

中央公論社の愛蔵版をもっているのだが、高値の藤子単行本のなかでサンコミ版で非常に納得のゆく値段だったので買ってしまった。自分が・・・・というよりも小6の息子がモジャ公のファンなのだ。持って帰ったら早速喜んで読んでいたのだった。息子言うには「だいぶ違う・・・・」と。中央公論社版はだいぶ加筆修正してあるのだ。こういう、漫画のマニアックな読み方を強いている私は親としていいのかどうなのか?

2007年8月10日 (金)

VAIO TYPE T導入

 とうとう、バカボンの親父と同い年になってしまう。自分なりに仕事もがんばってるので、ここらでいっちょ仕事用のパソ コンを買い換えてやろうと思い、2週間ほど前にソフマップにあるSONYのオーナーメイドのコーナーでVAIOの30周年記念モデルを買ってしまう。給料一ヶ月分だ。まあ、自分なりにがんばってるし、誕生日だしバチはあたらんだろう。
 評判の悪いVISTAがどんな具合なのか?ということにも興味あるし、完全に趣味で組みあわせをしてもらった。
Windows:Vista HomePremium に
CPU:Core2Duoの1.2Ghz に。これがこのモデルでは一番高速な選択
メモリ:2G
Hdd :60G で4200rpm この遅さにはちょっと悩んだが妥協した
           フラッシュメモリのモデルはなんか怖い
ワンセグ搭載
DVD +Rドライブを搭載

 購入はなかなか親切に対応してくれたのでよかった。2週間かかるといわれたが、思ってたよりも速く、お盆前に送ってくれたのはありがたい。自分の職場の同僚が同じ時期に32Mbのフラッシュメモリ搭載のモデルを買ったのだが、これは2週間以上納期がかかったらしい。

 さてありがたく開封し電源を入れるが・・・・・。う〜む、初期設定が終わるまでに1時間半近くもかかってしまった。なんかドライバの更新とかWindowsの更新とかAtok2007を入れたら再起動とかNortonがシステムの完全スキャン必要とか小うるさいことばっかし要求してきてなかなか遊べない。この儀式の連続にはもう閉口してしまった。Vistaも・・・・なんかよくわからん。どの階層になにがあるのかがさっぱり見えない。不評なのはなんかわかるような気がする。
 ワンセグは非常に感度良くいい感じだ。これはなんかすごく便利そう。仕事で宿直とかせなアカン時には重宝しそうな気がする。Officeも少しさわってみたけれどファイルの形式が変わったみたいで、保存には注意しないといけないかもしれない。
 まあ、お盆の間、移行と調整で楽しませてもらうことにしよう。

2007年8月 5日 (日)

オブリビオンにはまる日々とR1-Zの帰還

 X-BOX360のheElderScrollsⅣ オブリビオンにどっぷりとはまっている。全体的な造りはMMORPGっぽいのだがれっきとした普通のRPG。自由度が半端でなく何しようがそれなりに話は展開し、この世界で生きてゆくことができる。自分はとりあえず正義の騎士を目指しているのだが、この直前にやっていたブルードラゴンでまかり通っていた振る舞いが、オブリビオンでは悪徳行為になってしまう。まあ、他人の家のタンスとか机の引き出しをあさるなんてRPGではよくっても実際には確かに良くないことではあるし、深夜に閉まってる店に鍵こじ開けて入り込むということもオブリビオンでは御法度だ。悪人も結構いい間隔で襲ってきてくれるし、クエストもいったいいくつあるんやというくらいあるしでこの辺のイベントフルさと敷居の低さはFF11なんかはすごく見習って欲しいと思う。

 以前私が乗っていたYAMAHA R1-Zを譲った学生さんから数日前に連絡があり、「いろいろあってR1を手放さないといけなくなった。あまりにいいバイクなので廃車にするのが忍びなくてバコバコさんどうしたらええでしょう?」ということだった。その場で家内に連絡をとり引き取ってもええというお墨付きをもらう。昨日のうちに自分の職場の駐車場に運び込んでおいてくれるということで、今日の午後回収にでかける。R1-Zは確かに運び込まれていた。手渡したときには走行は29000km位だったのが39000kmになっている。一度転倒したらしくタンクにへこみがあり、若干の傷も増えている。致命的なのはその転倒したときにキックレバーが折れてしまったらしくYAMAHAにもパーツの在庫が無くなっているらしいとのこと。業者に溶接してもらって持たせていたらしいが、ある日家に帰ったら溶接した先がなくなっていたらしい。今日の所は押しがけしてなんとかなるがここんところは必須でなんとかしなくては・・・。走ってみるとエンジンそのものは快調できびきびした走りは健在で久々に感動したのだがリアのブレーキの効きがえらく落ちていてあぶなっかしくてしかたがない。よくこんなので乗ってたと思う。なんとか直して乗ってやりたいと思う。ストレスもたまってるし、こういうアイテムもないといかんわな。

 グレンラガン今日で19話。第3部になってとんでもね〜話になってきている。たぶん21話あたりで第3部が終わって第4部になるのだろうけれど全26話できっちり決着つくのだろうか?第1話の冒頭の所につながるようになるのだろうとはおもうけれど?オープニングアニメもあまりにも先の展開が見え見えの映像でこの辺はちょっとひねってほしいとも思うのだけれども???

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

ついった

その筋の音楽

  • 戸川純 with Vampillia -

    戸川純 with Vampillia: わたしが鳴こうホトトギス
    最初聞いたとき、滑舌の悪くなったひょろひょろ声の戸川純さんに絶句してしまった。ちがう!なんかちがう!? しかし、繰り返し聞くうちに印象が変わってきた。タイトル曲「私が鳴こうホトトギス」の意味が分かったような気になりで泣けた。絶景なるかな・・・・ (★★★★★)

  • 音楽:渡辺宙明 -

    音楽:渡辺宙明: Columbia Sound Treasure Series「透明ドリちゃん」オリジナル・サウンドトラック
    このようにマニアックなサントラが今発売されるとは。宇宙刑事ギャバン流用曲最後のピースがここに明らかになる。若き日の「柿崎澄子」さんを思い出しながら聞こう! (★★★★)

  • 坂本龍一 -

    坂本龍一: 音楽図鑑-2015 Edition-(紙ジャケット仕様)
    以前の版にに比べて大幅な音質の向上+追加収録曲。特にdisk2を聞いていると、このアルバムがどのように形作られていったかを思い巡らせることができて非常に興味深い。紙ジャケ大好き!! (★★★★)

  • ゴダイゴ -

    ゴダイゴ: 西遊記
    発売は私小五の頃。50歳近くなって、今改めて聞いて実に絶妙な構成であることを実感。ゴダイゴのアルバムでありドラマ西遊記のサントラという立ち位置がバランス取れていて素晴らしい。 (★★★★)

  • 戸川純 -

    戸川純: TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST&RARE 1979-2008
    内容的にはダブってしまう方もいるのだろうけれど、私のようにこれまでのアルバムを買ってこれなかった人には非常に価値の高い中身だと思う。特にDISC-3の「ラジャ・マハラジャ」は必聴だ! (★★★★)

  • 飯島真理 -

    飯島真理: blanche(ブランシュ)(紙ジャケット仕様)
     飯島真理さんにリン・ミンメイのイメージばかりを重ねていけない!!吉田美奈子さんのプロデュースが光るこのアルバムは癒しとしても聞き応えありと思う。 (★★★★★)

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30