人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 「悪魔くん」貸本版を読む | トップページ | オブリビオンにはまる日々とR1-Zの帰還 »

2007年7月29日 (日)

ラウンド1とオブリビオン

 息子らがやっているタグラグビーチームの慰労行事で家族のボーリング大会があり自分も出席させてもらう。場所はラウンド1だ。実は行くのが初めてだったりする。知り合いの奥さんに「ばこばこさん、めずらしいやないですか!」と歓迎していただくが、普段いかに人付き合いをしていないかをなんとなく思い知ってしまう。久しぶりのほんもののボーリングで、Wiiスポーツのようにはいかんなあ・・・・と家族で苦笑いする。各レーンの上にあるモニターに1投するごとになんかよくわからないキャプションが表示されるようになっていて、個人的にこれが気になって気になって仕方がなかった。
070729_1031
どういうタレントさんなんだろうなあ??ネットで調べてみたけれどもいまんところ不明。

 午後からは仕事用のパソコンを買い換えようとソフマップへ。考えてるのはVAIOのタイプTなのだが、自分所の職場の事務長もこのモデルを狙っていて、先日オーナーメイドでフラッシュメモリタイプのを予約されたらしい。自分もそうなるとすご〜く欲しくなってオーナーメイド仕様で組んでもらおうと思っていて数回通っているのに「昼食中」とかいう張り紙が貼ってあったり、担当者があんまし一生懸命に売ろうとはしていないような感じで空振りに終わっている。今日もブース担当者が見あたらず、もう買ってやらんぞと思っていたらふらっと現れはったので「あの〜タイプTなんですけれど」と切り出すと、実に丁寧に対応してくれてすんなり購入手続きが行えた。2週待たないといけないようだが別にそれでOKだ。

 X-BOX360の「The Elder Scrolls IV:オブリビオン」がついに発売になり私も予約して購入したのだが、噂に違わずこれがまた実に素晴らしいRPGだ。かなりのめり込んで遊ばせてもらっている。フレンド登録してある人がX-BOX Liveでオンラインになってくると、現在遊んでいるゲームの項がみんな「オブリビオン」になっているのがなんとなく笑えてくるのだ。

« 「悪魔くん」貸本版を読む | トップページ | オブリビオンにはまる日々とR1-Zの帰還 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラウンド1とオブリビオン:

« 「悪魔くん」貸本版を読む | トップページ | オブリビオンにはまる日々とR1-Zの帰還 »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31