人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 参鶏湯と休息日諸々 | トップページ | ガンバロンとiTunes store »

2007年7月 7日 (土)

町屋ギャラリー探訪

 仕事でお世話になってる木工芸師の方が京都市内でグループ展をなさってるということで出かける。先輩の知り合いの工房の展覧会も近くでやっていて併せて見に行くことにする。河原町通・四条通から細い路地に入ってゆくと、結構いろいろなお店ができていてそれを眺めてゆくだけでも結構楽しい。特に非常に雰囲気の良さそうなカフェをいっぱい見つけてしまったのでできればいつかゆっくりさせていただきたいと思う。先輩に紹介してもらった工房のは町屋を改造したギャラリーで主に陶芸と織りと染めの展示をしている。
070707_1137
 天井がとても高いので7m位ある織物もうまく見せられるのだと主催者が説明されていた。

 その後近くの別のギャラリーで、知り合いの木工芸師さんの展示を見る。えらく前衛的な作品なのでいつも面食らう。070707_1149
ご本人はとても穏やかでカントリーな方なのだが・・・・。

 でも、こうやって何らか自分を表現する技を持ってるというのはええよなあ。

« 参鶏湯と休息日諸々 | トップページ | ガンバロンとiTunes store »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 町屋ギャラリー探訪:

« 参鶏湯と休息日諸々 | トップページ | ガンバロンとiTunes store »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31