人間嫌いを考える本・・・

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)
    この痛快さを面白がっていてはいけない。しかしおもしろい!優位性を維持しようとする中国軍に、特殊作戦群は消耗を強いられてゆく。でもこれ、与那国、多良間島の話決着見ないまま、尖閣に飛ぶの??かわぐち先生の悪い癖?

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気
    一気に読ませてもらった。逸話の断片は知っていたが、まとまると凄まじい内容。「ヤマト」も「ブルーノア」も私は好きだ。その製作の背景でドロドロの戦いが繰り広げられていた実態がここにまとめられている。「ヤマト完結編」初日公開版最終3分がいかにして無くなったかの経緯にびびった!!

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか?

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月29日 (日)

ラウンド1とオブリビオン

 息子らがやっているタグラグビーチームの慰労行事で家族のボーリング大会があり自分も出席させてもらう。場所はラウンド1だ。実は行くのが初めてだったりする。知り合いの奥さんに「ばこばこさん、めずらしいやないですか!」と歓迎していただくが、普段いかに人付き合いをしていないかをなんとなく思い知ってしまう。久しぶりのほんもののボーリングで、Wiiスポーツのようにはいかんなあ・・・・と家族で苦笑いする。各レーンの上にあるモニターに1投するごとになんかよくわからないキャプションが表示されるようになっていて、個人的にこれが気になって気になって仕方がなかった。
070729_1031
どういうタレントさんなんだろうなあ??ネットで調べてみたけれどもいまんところ不明。

 午後からは仕事用のパソコンを買い換えようとソフマップへ。考えてるのはVAIOのタイプTなのだが、自分所の職場の事務長もこのモデルを狙っていて、先日オーナーメイドでフラッシュメモリタイプのを予約されたらしい。自分もそうなるとすご〜く欲しくなってオーナーメイド仕様で組んでもらおうと思っていて数回通っているのに「昼食中」とかいう張り紙が貼ってあったり、担当者があんまし一生懸命に売ろうとはしていないような感じで空振りに終わっている。今日もブース担当者が見あたらず、もう買ってやらんぞと思っていたらふらっと現れはったので「あの〜タイプTなんですけれど」と切り出すと、実に丁寧に対応してくれてすんなり購入手続きが行えた。2週待たないといけないようだが別にそれでOKだ。

 X-BOX360の「The Elder Scrolls IV:オブリビオン」がついに発売になり私も予約して購入したのだが、噂に違わずこれがまた実に素晴らしいRPGだ。かなりのめり込んで遊ばせてもらっている。フレンド登録してある人がX-BOX Liveでオンラインになってくると、現在遊んでいるゲームの項がみんな「オブリビオン」になっているのがなんとなく笑えてくるのだ。

2007年7月21日 (土)

「悪魔くん」貸本版を読む

070721_2101
家内には「蛇おんな」を買うなと言っておいて自分はそのあと寄ったマンガ本屋でしっかりと東考社版の悪魔くんの復刻版を買ってしまっている。何年か前に太田出版からこの東考社版は復刻されていてちゃんと持っているのだが、今回このチクマ秀版社から出た版はカラーページについてもしっかり再現してあって、それに負けて買ってしまったのだった。
 この東考社版の悪魔くんのリライトである集英社版の悪魔くんも読んだことはあるのだけれども、個人的にはこのぷっつり途切れたような終わり方の東考社版のほうが作品としては雰囲気があっておもしろいと思う。本来12使徒をを従えて格差ある社会をひっくり返す展開をおられたのだろうが、なんかこの志半ばで倒れてゆくというイメージの方がいい感じだし、画的にみても貸本時代の水木先生の微妙なこの絵のムードが尻切れトンボな内容にすごく合っていると思うのだ。
 今、小6の息子が黙〜って読んでいる。果たしてこの内容が今の小学生に評価されるだろうか?

コロコロコミック創刊30周年記念展

息子と家内と一緒に烏丸御池の京都国際マンガミュージアムに出かける。コロコロコミック創刊30周年記念展というのをやっているのだ。行くのは実は初めて。前にガンダム展とか海洋堂展ほかいろいろと良さそうな展示をやっていて見逃していたのだが、今回はこれまで以上に食指を動かされたのだった。元小学校の校舎を改装してあって廊下に沿って順路が作ってある。どこかの貸本屋から寄贈されたという4万冊あまりのマンガ本が廊下の書棚に閲覧できるようにしてあってとても壮観だ。
070721_1045
肝心のコロコロ展は順路のだいぶ先にあって、やっているのかやっていないのか心配になったが、それなりに大きなブースが用意してあって、なかなか立派だった。
070721_1046
手を触れられないガラスケースの中に時代順にコロコロの現物とその時に子供らの間でブームだったものが展示してある。自分は創刊当初のゲーム&ウオッチ世代なので、古本屋でプレミアの付いている創刊号辺りはすごく興味深く見せていただいた。またコロコロ現物をちゃんと手にとって読めるコーナーもあって、古いのから新しいものまで網羅してあってすごく楽しめた。特に新オバQと旧版のQ太郎はコロコロでは「オバケのQ太郎」として混載してあるということを今更ながら再発見した。新オバQではてんとう虫コミックス版には収録されていない話でドロンパがQ太郎にO次郎を弟にしたいと頼んで憤慨するという話とか、これは旧オバQで難病の大富豪が遺産相続者になぜかQ太郎を選んでしまい、遺産目当てで偽物のQ太郎がいっぱい出てくるという話が読めてすごく嬉しかった。

 玄関のミュージアムショップに売っていた楳図かずお先生の「蛇おんな」の復刻版とタオルを家内がすご〜く欲しそうにしていたのだが、あんまし気味悪かったので協議の末あきらめてもらっている(笑)

2007年7月19日 (木)

いまどきの免許証更新手続き

 休日だったので、今日のうちに免許の更新をしておこうと羽束師の試験場に向かう。早い時間にすませてしまうのが気持ちが良くっていい。ちょうど去年の今頃に買ったばかりのR1でスピード違反をしてしまい、1時間講習をうけないといけない。3年ぶりの更新手続きなのだが、要所要所がハイテク化されていて、雑多に待たないといけないということが無くなったように思う。免許の写真撮影のシステムとかも、大きな液晶画面でプレビューできるようになっていて見た目にすげー感じだ。1時間講習もパワーポイントで図説してWinDVDで映像見せて・・・とノートパソコン1台で完結するように工夫されている。5年後にはまた進化してるのだろうな。
 昼前には家に帰れて家内と食事に出かける。その後、家内のPTAがらみの活動でパソコンを導入する必要が出てきたらしく、予算に合ったパソコンを見に上新電機へ。こういう事ならば自分なんかのオタクな知識が役に立つので、今日だけは重宝してもらえる。

 午後からはあんまし何にもやる気になれず、ブルードラゴンの続きを進めながら、息抜きに「もじぴったんDS」の金色王冠をゲットしようとがんばってみる。来週にはThe Elder ScrollsIVオブリビオンが発売になるので、できれば次の週末でブルードラゴンは終わらせてしまいたい。
 
 修学旅行に出かけている息子がすごく心配なのだが、小学校のHPで速報を流していると家内から聞いて見てみると、息子が楽しみにしていた登山の様子が掲載されている。たぶん写メールかなにかで学校に写真を送って、残ってる教務主任の先生が更新しておられるのだろうが、こういうご苦労には敬意を表したい。小学校がらみでは物騒な事件が多いので写真の掲載にも気をつけないといけないだろうが、なんとかシルエットで判別できる程度にはわかる写真が掲載されていて、親としてはとても嬉しい限りだ。惜しむらくはこのHP見ているであろう家庭ってたぶんすご〜く少ないのではないかということなのだが・・・・・。

2007年7月15日 (日)

アウトラン2をさがして・・・

 X-BOX360でX-BOX版のアウトラン2が動作するようになったらしく、すご〜くやりたくなってきてしまった。確か近くの中古ゲームショップに在庫があったはず・・・・とおもって行ってみるとちゃんと記憶通りパッケージがあった。レジに持って行くと「すみません、売り切れてるみたいです」となんともショックなお答え。京都市内の中古X−BOXを扱ってる店を回ってみるが置いていない。
 あんまし気になってしかたがないので、日本橋にまで足を伸ばしてみる。1軒目に入った中古ショップであっさりと発見。¥5000ほど持って行かれる。64版のパイロットウイングスが数十円。同じく64のおそらく新品ソフトが数百円とすご〜く食指が動くが今日はやめておく。
Dsc06793
 家に帰って早速息子らと遊ぶが、非常にこれは出来がいい。初代アウトランもいいゲームだったしアウトランナーズも好きだった。ついでにSEGAはラッドモービルなんかも好きだったのだが、このアウトラン2も非常にいい出来だと思う。1世代前のハードにしては非常にきれいな画面とインチキくさいドリフト感覚が絶妙で、クラッシュしたときの馬鹿っぽい感覚もアウトランの伝統ですごく盛り上がって遊ぶ。非常にいい出来なのだが、クリア特典で初代アウトランなんかが遊べるとかいうのがあればもっとリキが入るのだが・・・・・。
 360はなんか充実してきたなあ。あとはメタルウルフカオスが遊べるようになってくれれば文句ないのだが・・・・・

2007年7月10日 (火)

金麦サイン入りポスターがほし〜

壇れいさんのサイン入り金麦ポスターが当たるらしい。
10010099

こんなきれいな人に「おしごとがんばって・・・」とか「無理しないで・・・・」とか言ってもらえたら・・・・絶対ええよなあ。つらい人間関係の中で、癒しを求めたい私・・・・・。
「武士の一分」、やっぱし壇れいさんがよかったよなあ。大地康夫演ずる医者に「薬の飲ませ方はわかっとろうな!」といわれてそれをキムタクに実践する辺りがグッときますな。

2007年7月 8日 (日)

さらば「食い逃げOK」のラーメン屋

 うちの町にあるラーメン屋が一軒無くなった。私が小学校の頃からあるラーメン屋で、正直なところあんまし飛び抜けておいしい店ではなかった。でも絶対に食べ飽きない不思議な魅力のあるラーメンで、おいしすぎる新興京都ラーメンが勃興する中ではずっと異端の存在だったと思う。実際に昼時は結構駐車場にはタクシー・トラックを始め車が停まっていることが多く、だいたい客足が途絶えていなかったように思う。醤油味のさらっとした淡泊なスープと粉々になったチャーシューが妙なバランスで、すごく好きな味だった。時々は自分の原点を確かめるかのように食べに行っていたのだが・・・・・。また京都の南区では「食い逃げOKの看板のとこやろ!?」と非常に知名度も高かった。要は時間内に餃子一定量を食べればタダということなのだが、「食い逃げ」のインパクトの強さで近隣ではみんなが知っていた。あの茹ですぎの麺も、焼き方を失敗してる餃子も、粉々のチャーシューも、もう食べられないのが残念だ。あれがよかったのだ・・・・・。
長い間ありがとう。ごちそうさんでした。
Dsc06536_1


2007年7月 7日 (土)

ガンバロンとiTunes store

小さなスーパーマン ガンバロン オリジナルサウンドトラック(紙ジャケット仕様)
小さなスーパーマン ガンバロン オリジナルサウンドトラック(紙ジャケット仕様)ゴダイゴ

おすすめ平均
stars今後に期待
starsトブーン+バクシーン+ヒライダー=ダイバロン!
starsガンバロン30周年記念企画第一弾!?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
京都へ出た帰りにその筋の品揃えのいいCDショップへ寄って物色しているとガンバロンのサントラを見つける。ミッキー吉野のカラー全開でなかなか雰囲気がよく、また紙ジャケ仕様がいい感じだ。 ゴワッパー5ゴーダムとかゴールドライタン、イッパツマン、闘士ゴーディアンあたりも音楽集アルバムが出ているようでぼちぼちと手に入れたいところだ。

 iTunes storeの品揃えを眺めていると、ガンダムの主題歌集に混じって、なんか古いサンライズ系アニメの主題歌がたくさんアップロードされている。買い損なった曲もたくさんあったのでついついINFIXの「WINNERS FOREVER」 RDの「Don't Stop Carry On」 RAY-GUNSの「CENTURY COLOR」を買ってしまう。ダイオージャとかトライダーG7まであるのでなんかうれしくなってしまう。便利な世の中だ。

町屋ギャラリー探訪

 仕事でお世話になってる木工芸師の方が京都市内でグループ展をなさってるということで出かける。先輩の知り合いの工房の展覧会も近くでやっていて併せて見に行くことにする。河原町通・四条通から細い路地に入ってゆくと、結構いろいろなお店ができていてそれを眺めてゆくだけでも結構楽しい。特に非常に雰囲気の良さそうなカフェをいっぱい見つけてしまったのでできればいつかゆっくりさせていただきたいと思う。先輩に紹介してもらった工房のは町屋を改造したギャラリーで主に陶芸と織りと染めの展示をしている。
070707_1137
 天井がとても高いので7m位ある織物もうまく見せられるのだと主催者が説明されていた。

 その後近くの別のギャラリーで、知り合いの木工芸師さんの展示を見る。えらく前衛的な作品なのでいつも面食らう。070707_1149
ご本人はとても穏やかでカントリーな方なのだが・・・・。

 でも、こうやって何らか自分を表現する技を持ってるというのはええよなあ。

2007年7月 1日 (日)

参鶏湯と休息日諸々

土曜日の夜は知り合いの家族と近くの焼き肉屋に食事に出かける。家内がそこの参鶏湯をどうしても食べたいのと、自分はレバーの刺身とユッケを食べたかったというのが原動力。
070630_1913
参鶏湯は自分は食べるのは初めて。この店では予約が必要らしい。鶏の丸ごとに高麗人参とか松の実とか餅米とかを詰めてじっくり煮込んであるというものらしい。ミスター味っ子で冬虫夏草スープを作った回で出てきたあれのようなものか?と想像する。実際のものは期待通りかなりおいしかった。鶏も実に柔らかくて結構なお味。できれば今度は冬に食べたいところだ。

 日曜は予定なく基本的に家でごろごろさせてもらう。
 「グレンラガン」はまだシリーズ中盤なのにほとんど最終回的なノリ。こんなテンションの高さで終盤の話はどう持ってゆくつもりなのだろう?作画はすごくきれいで安定してるけれど、自分が今まで見てきたアニメの縮小再生産の域を超えないのはとても残念だ。ミサイルを避けるグレンの動きが板野サーカスそのまんまだったり、敵に特攻かけた時になんとかいうキャラの両目が十字に「いっけ〜!!」と光るところはザンボット3そのまんまだったり・・・・・。作画はボロボロでもいいから制作者の考えるあたらしい表現が見たいのだけれどなあ・・・・。
 息子とリサイクルショップに行ってドラゴンボール完全版の29巻から31巻までを中古で買う。魔神ブウ編は読んでしまうとその先が読むべきマンガが見えなくなってしまうようで、買うのをためらっていたのだがとうとう買ってしまう。買ったのは父ちゃんなのにたぶん読ませてもらえるのは一番最後だ。DS版ゼルダ夢幻の砂時計も欲しくてさんざん息子と迷うがやめておく。
 弟がWiiスポーツを貸してくれる。買わなくてよかった。なかなか素晴らしい出来だ。特にゴルフは慣れが必要なものの、ショットパワーをテレビゲームのなかで解決するかという点で画期的なアイデアだと思う。とおもってたらWiiリモコンの電池が切れた。おまえら燃費悪すぎ!!

 装甲騎兵ボトムズ。借りていたDVDを見終わる。とてもおもしろかった。再見して改めて確認したのはメカの固有名詞がほとんど出てこない。最終回の3回前の回でゴウトが言った「旧型のベルセルカのポンコツ・・・・」云々という台詞くらいだろうか?

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

ついった

その筋の音楽

  • 戸川純 with Vampillia -

    戸川純 with Vampillia: わたしが鳴こうホトトギス
    最初聞いたとき、滑舌の悪くなったひょろひょろ声の戸川純さんに絶句してしまった。ちがう!なんかちがう!? しかし、繰り返し聞くうちに印象が変わってきた。タイトル曲「私が鳴こうホトトギス」の意味が分かったような気になりで泣けた。絶景なるかな・・・・ (★★★★★)

  • 音楽:渡辺宙明 -

    音楽:渡辺宙明: Columbia Sound Treasure Series「透明ドリちゃん」オリジナル・サウンドトラック
    このようにマニアックなサントラが今発売されるとは。宇宙刑事ギャバン流用曲最後のピースがここに明らかになる。若き日の「柿崎澄子」さんを思い出しながら聞こう! (★★★★)

  • 坂本龍一 -

    坂本龍一: 音楽図鑑-2015 Edition-(紙ジャケット仕様)
    以前の版にに比べて大幅な音質の向上+追加収録曲。特にdisk2を聞いていると、このアルバムがどのように形作られていったかを思い巡らせることができて非常に興味深い。紙ジャケ大好き!! (★★★★)

  • ゴダイゴ -

    ゴダイゴ: 西遊記
    発売は私小五の頃。50歳近くなって、今改めて聞いて実に絶妙な構成であることを実感。ゴダイゴのアルバムでありドラマ西遊記のサントラという立ち位置がバランス取れていて素晴らしい。 (★★★★)

  • 戸川純 -

    戸川純: TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST&RARE 1979-2008
    内容的にはダブってしまう方もいるのだろうけれど、私のようにこれまでのアルバムを買ってこれなかった人には非常に価値の高い中身だと思う。特にDISC-3の「ラジャ・マハラジャ」は必聴だ! (★★★★)

  • 飯島真理 -

    飯島真理: blanche(ブランシュ)(紙ジャケット仕様)
     飯島真理さんにリン・ミンメイのイメージばかりを重ねていけない!!吉田美奈子さんのプロデュースが光るこのアルバムは癒しとしても聞き応えありと思う。 (★★★★★)

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30