人間嫌いを考える本・・・

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)
    この痛快さを面白がっていてはいけない。しかしおもしろい!優位性を維持しようとする中国軍に、特殊作戦群は消耗を強いられてゆく。でもこれ、与那国、多良間島の話決着見ないまま、尖閣に飛ぶの??かわぐち先生の悪い癖?

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気
    一気に読ませてもらった。逸話の断片は知っていたが、まとまると凄まじい内容。「ヤマト」も「ブルーノア」も私は好きだ。その製作の背景でドロドロの戦いが繰り広げられていた実態がここにまとめられている。「ヤマト完結編」初日公開版最終3分がいかにして無くなったかの経緯にびびった!!

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか?

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月24日 (日)

熱血コロコロ伝説Vol2を読む

 行きつけの便利な本屋がつぶれてしまったために代わりの本屋を探す。1軒心あたりがあり20分ほど車を走らせる。初めて中に入るが行儀の良い品揃えの本屋であんまし期待に沿えるような感じではなかった。熱血コロコロ伝説の今回配本分が置いてあったので買って帰る。
 今回は新オバQが巻頭でてんとう虫コミックス未収録エピソードだったのでびっくりした。しかも昔読んだ記憶があると息子らに言って聞かせていた「コップヌードル」が掲載でなお驚いた。たぶん自分が小学校のの頃の小学館の学年誌で読んだのだと思う。ラストの「おかゆみたいになったあ〜」とQ太郎が泣くコマだけが自分の記憶にあってどんな話だったかが思い出せなかったのだが、これですっきりした。
 新オバケのQ太郎ならば完全に復刻できる可能性がこれでさらに強まったように思う。なんとかならんかなあ・・・・・。
 さあ、次は金メダルマン読んで笑おう。

2007年6月23日 (土)

愚痴る後輩と金麦のCM

 つまんない仕事が続く。管理職会議とかは特に辛い。うちの事業所の管理者の話がとんでもなく長くて応えるのだ。なかなかクリエイティブな仕事を目指すのは難しいものだと実感する。今日は他の部署に異動になった後輩がたまたま顔を見せにきてくれる。仕事どうや?と聞くとあんまししゃべらない奴がやたらと雄弁に愚痴っていった。そんだけ状況がよろしくないとのことだろう。この職場から逃げ出したいのは俺なんやけれどなあ・・・・と想いながらうんうんと話を聞かせてもらう。

 帰宅してからのゆとりの時間は貸してもらってるボトムズを少しづつ見ているのだが、ようやくクメンの話が終わって宇宙・サンサ編に入った。第29話「二人」の終盤の宇宙戦は何度みてもすごいなあと思う。無重力下での戦いをこれだけ実感させてくれるアニメってあんまし思いつかない。

 このところサントリーの金麦とかいう発泡酒のCMがよく流れているのだが、この女優さん誰だったかなあ・・・と気になってHPを覗いてみると、なんと壇れいさんだった。「武士の一分」見たときには、よかったけれどこんなかわいい人とはおもわなかった。思わずおまけの壁紙を設定させてもらったのだった(笑)

 070607_2234


夜中に家内と一緒に近鉄桃山ガード下の大中というラーメン屋に行く。深夜にかかわらず結構な人が並んでいる。昔からあるけれど最近ラーメン屋紹介雑誌でかなり有名になってるみたい。とんこつ醤油なのだけれども比較的食べやすいのでなかなかおすすめのお店だ。

2007年6月19日 (火)

休日定点観測と「世界征服は可能か?」

 休日だが、家内がPTAがらみの用事で遊んでもらえないので大阪難波までぶらぶら出かけることにする。ジュンク堂の前でなんかイベントをやっている。コミックよしもととかいう新刊マンガ雑誌の発売イベントで買った人は坂田利夫さんと握手できるらしい。ちょっと食指が動くが今日は仕事の参考書を探しに来たのでやめておく。京都のジュンク堂よりも品揃えがいいように思うし、何よりも探しやすい。京都にはいい本屋が減っているので残念だ。探していた参考書と貞本義行さんのエヴァンゲリオン11巻を買う。エヴァはカオルくんのくだりで、所々丁寧につじつまを合わせていたり描写がわかりやすくなってると思うのだけれども今ひとつ食い足りない印象が残るのはなんでだろう?
 京都まで戻りソフマップに寄って中古ゲーム売り場を見ているとDS版シムシティーのカートリッジだけのが¥2000を切っていて衝動買いしてしまう。家に帰るバス停近くの本屋で時間待ちをしていて、岡田斗司夫さんの「世界征服は可能か?」という本を買う。アニメ・特撮・マンガの悪役の世界征服論を参照しながら実際にそれを行った場合のメリットを問うていくという内容。言いたいことは最終章に集約してあって、そこまでは与太話なのだがなかなか楽しめた。独裁者タイプは結構しんどいものなのだということがマンガ版バビル2世のヨミの例を参酌して説明してるところが一番笑えた。岡田はんなりの理屈で世界征服が可能かどうかはそれなりに答えがでているので読んでもらえたらと思うのだが、この本の中でも言ってる「自由主義経済社会」とか現代の世の中の「仕組み」を割り切って捉えてしまうと、生きてるのがあんましおもしろくなくなってくるような気がしないでもない。

2007年6月17日 (日)

中学校参観とつぶれた本屋

 今日は中2の娘の授業参観に出かける。ここの中学も自分の母校だ。自分が中学だった頃に新任だったFM先生が学校長になっていてすごくびっくりしてしまう。中学の授業も変わった印象。すごくわかりやすく・・・というか生徒が食いついてきてくれるように工夫されてるというのか・・・・?板書とプリント責めだった自分らの頃とは違っている。娘の友達という子らとも話をする。えらく元気がいいというのか、幼いというのか・・・・ちょっと面食らう。ちゃんと友達作ってるのか心配だったので、その点はすごく安心する。
 午後からぶらぶら車で近くをうろつく。いつもいく本屋が倒産してしまっていてすごくびっくりする。いわゆる郊外型のはしりみたいな本屋で夜も2時くらいまで開いていて、雑誌・マンガの類がまあまあ充実していたのとX-BOX360になぜか力を入れていたのでとても重宝していたのだが残念だ。シャッターがしまっておりそこには張り紙があって「・・・・経営努力を重ねてきたもののついに力尽き6月5日に業務を終了いたしました・・・・」とのこと。力尽きのところがなんか生々しい。代わりに他の本屋にも寄ってみるがどうも探しにくい。慣れの問題かもしれんが・・・・。

 知り合いから装甲騎兵ボトムズのDVDを貸してもらう。少しずつ見ているがやはりクメン編がおもしろい。それに毎回顔が違う。谷口守泰さんの回なんてイプシロンとフィアナは別人だ。作画崩壊とか言ってる某アニメはそれから比べたらすごく安定してるぞ。アニメってある部分こういう作画監督の個性を楽しむような楽しみ方もありだと思うのだがどうだろう???

 

2007年6月 9日 (土)

授業参観の日・・・・

 珍しく土曜が公休になる。午前中は息子らの授業参観で母校へ。6年の息子は歴史の授業で鎌倉幕府の成立のお話。先生、結構わかりやすくしようと苦労しておられて、聞いていてなかなか楽しませてもらった。4年の息子のクラスで小学校の頃の同級生にばったり会ってびっくりする。地元には結構同年代が残っているみたいで、なんか昔の事を思い出すのが嫌な自分としては、あんまし学校に出向くのも精神的にしんどくなってしまうなあと気疲れする。
 家内より先に家に帰って、下の息子が挫折したブルードラゴンで遊ぶ。なかなかおもしろい。システム的に自由度の高い成長方法みたいでなんとなくとまどってしまうが、適当でもサクサク進むので快適でよろしい。
 午後からは京都駅の大階段の所で娘の吹奏楽の演奏を聴きに行く。天候が悪くスケジュールはかなり遅れていて、3:30頃演奏の予定が1時間ほど後になってしまう。ファゴットというあんまし吹奏楽では使われていない楽器の担当で、大人数の中でもファゴットを探せば娘がどこにいるのかすぐわかるので便利だ。

 帰ってから下の息子が演奏のビデオを見て一言「うわ、ガメラのとこや!」

2007年6月 4日 (月)

羽田健太郎さん死去

 ニュースを見てびっくりする。まだまだお若いのになあ。ディスコグラフィーを探るとやはりマクロスなんかが出てくるけれども、最近ではアバレンジャーの戦いの所でよく使われてた曲で健在だなあという感が強かった。個人的にはイデオンの「デスファイト」とかいう曲でのピアノソロとか、テクノボイジャーのメインテーマ、さよならジュピターの木星爆破計画のテーマがすごく好きだった。
 今日はマクロスの「ドッグファイター」聴いて寝ることにします。ご冥福を。

京北町美山バラ園探訪

 勤務の関係上平日に休みが入ることが多くなってきた。精神的なリラクゼーションを期してできるだけ人混みを避けて静かな近隣を家内とうろつくようにしたい。今日は茅葺きの里で有名な京北町美山方面にバラ園をやってるところがあるらしく、そこの見学とバラの化粧水作りができるらしく行ってみようということになる。
070604_115300
京都市内からおよそ1時間半。国道162号線はかなり整備されてきているモノの結構な距離だ。北山杉が生い茂るまあなんとものどかな所。私の祖母が京北町の出身で自分的には原風景の一つと言えるかもしれない。若狭・小浜方面には向かわず、有名な茅葺きの里も越えてさらに山奥に・・・・。こんな所にも人は生活している。個人的に今私は田舎暮らしにあこがれているのだが、家内は絶対に嫌だという。コンビニがないのは我慢できるが、食料品はどうやって調達するのか?ユニクロ的な店がないのも、病院も周山辺りにしかなかったような気がするのが引っかかるとのこと。自分は別にかまわないなあ・・・。高速なネット回線が調達できるならば、生きていけるような気がする???
070604_1154
バラ園到着。美山自然文化村「河鹿荘」というところの近くだ。体験的な事は平日なためか休業の様子。バラ園はやっていて家内と見て回る。バラがこれだけ集まると何ともいい臭いだ。家内はずーっとバラの臭い嗅いでた。とてもゆったりさせてもらう。
 京都の深部である広河原町を抜け花瀬〜鞍馬へ。道があんまし整備されておらず車の離合にすごく神経使う。こんな山深いところでも京都市左京区でちゃんと人が生活している。まだ美山の方が整備されている。バスが1日2往復くらい?どうやって生活成り立つのか家内と想像を巡らせる。鞍馬まで約1時間。午後2時頃に到着。やっと昼食をとる。
Vfts0001
鞍馬山へはケーブルを使えば余裕で登って帰ってこれたのだが、今度子供らと登ろうということにする。山門のところにまで来たのは小学校の頃以来だ。あんましここの様子も変わっていない。近くで木の芽和えを買って帰る。これなかなかおいしいのだ。

 とてもゆっくりさせてもらったのと、田舎はやっぱしええなあと思う。


« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

ついった

その筋の音楽

  • 戸川純 with Vampillia -

    戸川純 with Vampillia: わたしが鳴こうホトトギス
    最初聞いたとき、滑舌の悪くなったひょろひょろ声の戸川純さんに絶句してしまった。ちがう!なんかちがう!? しかし、繰り返し聞くうちに印象が変わってきた。タイトル曲「私が鳴こうホトトギス」の意味が分かったような気になりで泣けた。絶景なるかな・・・・ (★★★★★)

  • 音楽:渡辺宙明 -

    音楽:渡辺宙明: Columbia Sound Treasure Series「透明ドリちゃん」オリジナル・サウンドトラック
    このようにマニアックなサントラが今発売されるとは。宇宙刑事ギャバン流用曲最後のピースがここに明らかになる。若き日の「柿崎澄子」さんを思い出しながら聞こう! (★★★★)

  • 坂本龍一 -

    坂本龍一: 音楽図鑑-2015 Edition-(紙ジャケット仕様)
    以前の版にに比べて大幅な音質の向上+追加収録曲。特にdisk2を聞いていると、このアルバムがどのように形作られていったかを思い巡らせることができて非常に興味深い。紙ジャケ大好き!! (★★★★)

  • ゴダイゴ -

    ゴダイゴ: 西遊記
    発売は私小五の頃。50歳近くなって、今改めて聞いて実に絶妙な構成であることを実感。ゴダイゴのアルバムでありドラマ西遊記のサントラという立ち位置がバランス取れていて素晴らしい。 (★★★★)

  • 戸川純 -

    戸川純: TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST&RARE 1979-2008
    内容的にはダブってしまう方もいるのだろうけれど、私のようにこれまでのアルバムを買ってこれなかった人には非常に価値の高い中身だと思う。特にDISC-3の「ラジャ・マハラジャ」は必聴だ! (★★★★)

  • 飯島真理 -

    飯島真理: blanche(ブランシュ)(紙ジャケット仕様)
     飯島真理さんにリン・ミンメイのイメージばかりを重ねていけない!!吉田美奈子さんのプロデュースが光るこのアルバムは癒しとしても聞き応えありと思う。 (★★★★★)

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30