人間嫌いを考える本・・・

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)
    この痛快さを面白がっていてはいけない。しかしおもしろい!優位性を維持しようとする中国軍に、特殊作戦群は消耗を強いられてゆく。でもこれ、与那国、多良間島の話決着見ないまま、尖閣に飛ぶの??かわぐち先生の悪い癖?

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気
    一気に読ませてもらった。逸話の断片は知っていたが、まとまると凄まじい内容。「ヤマト」も「ブルーノア」も私は好きだ。その製作の背景でドロドロの戦いが繰り広げられていた実態がここにまとめられている。「ヤマト完結編」初日公開版最終3分がいかにして無くなったかの経緯にびびった!!

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか?

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月27日 (日)

グレンラガン9話と疲労回復

 日曜の朝は息子らとポケモンサンデーを見ることが多い。特に視聴者の子供とポケモンで対決するコーナーがなかなかおもしろいのと、先週放送のポケモンカードゲーム攻略特集など時にめちゃくちゃ内容の濃い回があって楽しみにさせてもらっている。その流れで「グレンラガン」を見るようになったのだが、どっかで見たようなアニメ演出の縮小再生産的な印象は強いモノのわりあい楽しませてもらっている。作画が悪いとかで文句垂れてる人らがいるみたいだが、毎回顔が違うアニメなんて20年ほど前にはザラにあったもんだし、この番組の作画の悪さなんて全然許容範囲やけれどなあ・・・・。

 娘が暇そうにしていたので本屋に行こうということになり、近くにあるショッピングモールに出かける。ここにはソフマップが移転してきて、大型書店もあってとても便利そうなのだが、駐車場のサービス券設定がやたら中途半端でいまいち利用しにくいのだ。ソフマップでこの前から目をつけていた新しいSONY-VAIOのTYPE-Tがデモってるのを見つける。ちょっとさわらせてもらうがCore2Duoなのにやたらと動作がもったりしていてあんまし印象よくなかった。Vistaがいけないのかも知れないけれど・・・。本屋でしばらく娘と物色させてもらうが、今読みたい本ってあんましないことに気がつく。読むべきモノってだいたい読んでしまったのだろうか?興味がしぼんでしまったのか?ジパングの29巻を買って帰る。
 午後からもなんとなく暇だったので近くの郊外型書店にまた出かける。リュウの今月号が出ていたので「冥王計画ゼオライマー」の最終3部作中編を読む・・・・・がなんとなくテンション落ちてる。なんか予想の範囲内の展開というのか、美久が綾*レ*っぽい設定に変形してしまっているような気がする。この話を20年前にやってたらナウかったと思うのだが(笑)。「映画秘宝」誌をそのあと読んでいたら封印作品の謎の安藤健二さんのコーナーができていて日本テレビ版「ドラえもん」はなぜ放送できないのか?というとても濃い内容で、思わず食らい付いて読んでしまった。封印作品・・・は3巻目をどうやら準備しておられる様子。本家のバージョン違いで封印されてしまった作品が中心になるらしいが・・・・。加山雄三のブラックジャックとか目黒祐樹のルパン3世とかの話なのだろうか???

 小4の息子となんとなく「ブルードラゴンやりたいなあ・・・」という話になり中古で手頃なのがあったので買ってしまう。大作RPGはすごく久しぶりだ。めちゃくちゃデラックスな造りで結構楽しませてもらっている。

 日産のデュアリスとかいう車のCMを見て感動する。車でもいいしバイクでもいいのでああいう風にロボ変形してすい〜っと渋滞すりぬけとか悪路走破できる製品がでないもんだろうか?

2007年5月25日 (金)

温浴と大人のコロコロ

 今週は月曜から某所の環境清掃業務(草刈り)の技術者の仕事で野外での仕事が続き、なんとか昨日でカタをつけられて今日は休暇となった。大体にして慣れない業務なので体中が痛くて身動きがとれない。近所にある温泉にいって体をほぐそうと思って家内に相談すると、ちょっと離れた所にできた別の温泉施設のタダ券があるとのこと。2人して出かける。
 この温泉施設、名前は知っていたが利用は初めてだ。ジェットバス系がたくさん装備してあってなかなか使い勝手よく、しかも今日は平日で人が少ないのでさらにいい感じだ。体はツルツルになるわ、体の痛いのもだいぶましになるわですごくリラックスさせてもらう。
 今日はついでに給料日やねえ・・・・と家内と話していて、25日ってなんかあったよなあ・・・・と大人のコロコロの発売日を思い出し本屋に向かう。同時発売のVol/1とVol/2を購入。ついでにガンダムオリジンの15巻を購入。昼食を伏見の某ラーメン屋でとり帰りに息子と遊ぼうと思って中古のブルードラゴンを買って帰る。
 大人のコロコロ「熱血コロコロ伝説」で特に気になっていたのは新オバケのQ太郎の復刻具合だ。結論から言うとてんとう虫コミックス版の1巻が文庫サイズにダウンサイズされているものが付いてきたので、てんとう虫コミックス版全4巻持ってる身としては少し残念だったが、復刻は不可能なことではなさそうだ。7万近く出して中央公論社版を買うのは待った方がいい結果が出るかも知れない。
Dsc06657
 Vol.1で特におもしろかったのは内山まもる先生の「ザ・ウルトラマン」とかたおか徹治先生の「決闘!ウルトラ兄弟」だ。自分の世代のウルトラマンのコミカライズはやはりこの画しかあり得ない。特にザ・ウルで道場(?)でアイスラッガーの訓練をするセブンを正座して凝視して「すごい!」とうなっている警備隊ウルトラマン達の居住まいがなんか笑えてくる。
 六田登先生の「どんまい」も地味でおもしろかったし石の森プロの細井雄二先生描くところの「王選手756号への道」も味があっておもしろかった。¥900円はまあまあ納得できるかも知れない
 Vol.2は別冊が金メダルマンとゲームセンターあらしということでここくらいまでは買ってあげようと思う。楽しみだな。


2007年5月17日 (木)

体調不良とゲルニカ

 振り替え休日。先週からとても体調がわるい。平日に休みが回ってくるのがちょっと変則で生活リズムを取りにくいのだが、一方では結構便利かも知れない。繁華街とかに出て行ってもそんなに人があふれかえってないのでおちついてもの探しとかができる。
 仕事がらみの用事で京都市内の某小学校跡に行く。「小学校跡」と聞いていたのにちゃんと小学校やってて子供がうろうろしていてすこしびっくりしてしまう。
 今日は車を使わずに公共交通機関利用なので、マイペースで京都市内をぶらぶらする。昼食前に四条河原町の某CDショップに立ち寄る。ここは以前移転するまえの店舗はとても品揃えもよくモノも探しやすい店だったのが広い店内どこに何が置いてあるのかさっぱりわからなくなってしまった。今日は3回目のチャレンジなのだが・・・・ようやく品物の配列の意図がわかりかけてきた。こうなるとおもしろいもので、いままでちゃんと置いてあっただろうに見えていなかったものがなんとなく見えてきた。
Dsc06656
 戸川純のコーナーがあってそこに「ゲルニカ」の「新世紀の運河」と「電離層からの眼差し」があるのを発見」。中古のくせにそれぞれ¥1000ほど高いやんか・・・・。でも手が出てしまう。
 そのあとジュンク堂書店で前から買い直そうとおもっていた「シュナの旅」を発見し買っておく。これはゲド戦記が気に入った娘におみやげにしてやろう。

 帰ってからゲルニカを聞く。「改造への躍動」は持ってるのと、戸川純さんのベスト盤にも今日買ったアルバムから結構収録されているのだがやっぱし通して聞くと尚いい感じだな。この古風な曲作りや雰囲気作りもいいけれどやはり戸川純さんの恐るべき感性と個性がなくしては成立しない音楽世界だ。学校から帰ってきた息子らは「なにこの変な音楽・・・・」とものすごい拒絶反応を示していた。小学生にはわからんよなあ・・・・。
 ネットで調べていたらゲルニカって2002年に3枚組のベスト盤を出しているのだな。これがすごく欲しくなってしまったのと、アナログLPでは持っているのだが「太田蛍一の人外大魔境」がすご〜く欲しくなってしまった。

2007年5月13日 (日)

そば焼酎とドラえもん本

Dsc06652

知り合いから上等の(?)そば焼酎をもらったので、なんかいい酒のアテと一緒に・・・・ということになって、夕食は焼き鳥になった。ところが、ガスコンロではあんましうまく焼くことができなくて、外で七輪をつかって・・・・となってしまった。面倒だけれどもこういう焼き方が一番おいしいとおもう。肝心のそば焼酎もいい酒だった。感謝。
 夜になって、弟がむかし持っていたドラえもんのムック本をもってやってくる。
Dsc06655
「コロコロコミックデラックス ドラえもん 藤子不二雄の世界」という本で、当時価格¥480。弟はだいたいその5倍くらいの値段で手に入れたらしい。てんとう虫コミックス版ドラえもんはまだ15巻が最新刊の頃で、旧作の「のび太の恐竜」が作られた前後くらいに持っていたと思う。藤子先生の作品紹介の項もあるのだが、この時点ではまだ藤本・我孫子の作品棲み分けはされていない。自分もこの頃はドラえもんもプロゴルファー猿も2人が共同で分業しながら描いていると信じていたものだ。特別書き下ろしマンガ「ドラえもん誕生」がすごく懐かしかった。
 ドラえもんはなぜ「ドラ」がカタカナで「えもん」がひらがななのかという理由がかいてあったのだが、なるほど、これが公式な理由なのだな・・・・・。

ジョジョの奇妙な冒険〜黄金の風〜を読む

 スティールボールラン12巻がなかなかおもしろかったので続きを心待ちにしているのだが、その間途中で読むのをやめてしまった第5部を読むことにする。正直なところ第5部はあんまし好きな展開ではなくって59巻で買うのをやめてしまったのだ。ついでにストーンオーシャンも買っていない。5部の最初から読みながら60巻以降を探すという事も始めたのだが・・・・・これが見つからない。ストーンオーシャンとスティールボールランはたいていの本屋には置いてあるのだがそれ以前の巻は見あたらない。品揃えのいい本屋でもなぜか57巻位までしか置いていない。なんでや?できるだけジャンプコミックス版で揃えたいと思っているので、近隣の本屋、古本屋をしらみつぶしにするが見つからない。十数軒目に入った本屋でとうとう60巻から64巻までを発見。買って帰って最後まで一気読みして休日を過ごす。
 なかなかおもしろいのだけれども、やっぱし第5部は不満も多い。
・ジョルノのキャラクターがどうにも没個性化している印象がある。ブチャラティーとかミスタの方がキャラクターとしてわかりやすくおもしろい。大体にしてゴールドエクスペリエンスの能力が当初と物語の後半ではだいぶ内容が違ってきているのがいけない。ディオの息子という設定も生かし切れていないように思う。やっぱし主人公の個性というのは大切だな。
・ラストボスはどうしても「時間」を司るスタンドというのはなんかパターンみたいに思える。強さの逆算でいくとやっぱし時間に絡んだやつが一番強いというのはあるかもしれない(吉良のバイツアダストなんかもそうだし・・・・)。けれどキングクリムゾンもジョルノと同じでどこかつかみ所がなかったように思えるのがまた残念だ。
・やたらと指とか体の一部が崩れたり吹っ飛んだりする描写が多い割には、次の展開では再生されていることが多いのでなんか納得ゆかない。
・ポルナレフの登場はなかなかおもしろい展開だったが、あれではちとかわいそうだ。
・腐食ウイルスのスタンドはもっと登場させて欲しかった。リタイアさせたのは使いどころが難しかったのか?
・ラストの彫刻のスタンドの話はさっぱり訳がわからん(笑)

 でも全体通してみると非常にクオリティーが高くて楽しめた。またいつか読み返そう。今度は古本屋でストーンオーシャン全巻揃えてやる!!

2007年5月 6日 (日)

ポケモンデコキャラシール

Dsc06638
Dsc06639

 パンのおまけについてくるポケモンのシールがなんかバインダー5冊分くらいたまっていたようで、息子らがその整理に追われていた。ニャースだけでも結構な数。6〜7年以上は買い続けているだろうな。これはこれで立派なコレクションになると思う。ちゃんと保管させよう。

100マス計算小学生の正体を知る

Dsc06637

けさのポケモンサンデーを子供らと見てたら、DSの100マス計算のソフトのCMに出てる子が踊ってた。あれは合成とかではなかったのだな・・・。ストロングマシーン2号というお名前であったということを、今日になって初めて知る。
 この子すごすぎ。いま一緒にDSのソフトのCMに出てる男の子もこういう筋の子なのだろうか?

2007年5月 5日 (土)

新しい靴とメタルギア ゴーストオブバベル

 休日3日目。運動靴がかなりすり減ってきているので買いに出かける。トレッキングシューズを選ぶようにしていて、メーカーはL.L BEANというところだ。本当は靴底がビブラムで皮革はゴアテックスでというのがいつもほしいと思うのだが、あんまりにも高いのでちょっと下のランクのにしておく。それでも結構な値段だ。いままであんまし身なりにはこだわらなかったが、最近ちょっとだけいい服とかもっていたくなった。このメーカー、そんなに飛び抜けた価格設定でもないので、まあまあ気に入っているのだ。

 昨日買った、GBC版のメタルギアのさわりを遊ぶ。非常に良くできている。やっぱしメタルギアってこの位の表現のチマチマアクションゲームにとどめておいた方が良かったのではなかろうか?こういう上方視点の「戦場の狼」とか「怒」みたいなゲームって個人的にはすご〜く好みなのだ。息子ら言うには、「父ちゃんのゲームボーイカラーは調子悪い」らしい。ちょっとした衝撃でリセットがかかってしまうらしい。電源入れて叩いてみると、なるほど電源切れてしまう。こういうのはちょっとばかし困るなあ。こんど息子らに任天堂に持って行ってもらおう。

 夜はブラスバンド部の娘が近くの高校のマーチングバンド部の定期演奏会にちょっとだけ出演させてもらうということで、家内と城陽市まで出かける。娘らの出番もよかったのだが、メインの某高校マーチングバンドの演奏が元気があってなかなか素晴らしかった。うまい下手ではなくって、難しい事考えずに全力投球してるところにすごく感銘うけてしまった。それに進学校だった自分の高校とはだいぶ違うノリだったのも元気良くってすごくうらやましかった。若いっていいよなあ・・・・・。少し元気ださせてもらったおっちゃんはしみじみ考えてしまったのでした。

2007年5月 4日 (金)

期せずして「歩こう会」

 休日2日目。家族とは別行動をとる。自宅を出て、近鉄〜京阪を経由して大阪地下鉄北浜から恵美須町へ。今日知ったのだが、京阪電車のPRキャラクター3代目おけいはんは「森小路けい子」という名前なのだそうだ。恵美須町から難波へ向かってぶらぶら歩く。途中中古ゲームショップに寄ると探していたGBC版のメタルギア〜ゴーストバベル〜を発見。手頃な値段だったので手を出してしまう。
Dsc06636
 さらに中古CDショップで家内がさがしていたBankBandの「to U」を見つけて買っておく。日本橋が様変わりしたのか、自分の価値観が変質したのか?かつて日本橋にモノ探しに行くときには隅々までええもんを突くように探し回ったものだったが、「ここに来ないと無い」というものはありえなくなりつつある。京都にいてもたいてい揃うか、ネットで探して事足りてしまう。日本橋をぶらぶらするということに意味がなくなりかけているのがなんとも悲しいところだ。
 難波の「大阪王将」で食事をとる。京都の「餃子の王将」か「大阪王将」いずれが本家かという論争があるのだが、個人的には大阪王将のほうが中華っぽい味付けでチェーン店によっての味のバラツキも少ないように思う。まあ、おいしかった。
 難波ジュンク堂書店で「封印歌謡」というさがしていた本を見つけるが、思っていたよりも薄口な内容だったので買うのをやめてしまう。
 難波から地下鉄に乗るが、梅田で人身事故が起こったとかで心斎橋で電車が止まってしまい、復旧の見通しもなさそうなので、御堂筋を梅田まで歩くことにする。歩きながらやっぱり仕事のことをとりとめもなくノイローゼのように考え込んでしまうが、そんなに悲観はしていない。まだもうすこしがんばれそうだ。
 梅田でスティール・ボール・ランの12巻を買って帰りの阪急電車の中で読むが、今回はなかなかおもしろい。シュガー・マウンテンのご褒美をどう使い切るかという結末はありきたりのアイデアに終わったけれども、全体を通しての緊張感がなかなかいい雰囲気で楽しめた。ちゃんと納得行く結末がつくのだろうな・・・・このマンガ。

2007年5月 3日 (木)

休日初日とゲーム王選手権を見る

 息子の13参りで城南宮に家族でお参りする。お庭の拝観券をもらって、お茶席でお抹茶をいただく。

 午後からは京都市内へ出て本屋を数軒はしごしてソフマップに寄る。先日ポケモンサンデーでやっていた「Wiiのやわらかあたま塾」が¥4000を切っていてなんとなく買ってしまう。
 さてこのところはまっているのはX-BOX360のテストドライブアンリミテッドだ。薄口なグランツーリスモにMMORPGの要素を足してあって、目的無く舞台となる島でぶらぶらとカーライフを送るのだ。まあ、目的持たないと先には進めないのだが・・・。やっとフェラーリを買うことができ、ヒッチハイクにつきあって島をうろうろしている。自分のペースで進行できるのがなんともいい感じだ。

 子供らがテレビチャンピオンを見ていて、今日のテーマはテレビゲーム王選手権だった。自分も偉そうな事は言えないがそういう雰囲気のある人らが技と知識を競ってはった。「父ちゃんも出たら勝てるのに」と息子。こんだけゲーム機とソフトに囲まれてる親父ってそういうイメージ持たれてしまうわな。

 Wikipediaを読んでいて、「たらこ たらこ」の作曲者がゲルニカの上野耕二さんだということを今更ながらに知ってすごくびっくりする。自分の知らない事ってやっぱし多い・・・・。

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

ついった

その筋の音楽

  • 戸川純 with Vampillia -

    戸川純 with Vampillia: わたしが鳴こうホトトギス
    最初聞いたとき、滑舌の悪くなったひょろひょろ声の戸川純さんに絶句してしまった。ちがう!なんかちがう!? しかし、繰り返し聞くうちに印象が変わってきた。タイトル曲「私が鳴こうホトトギス」の意味が分かったような気になりで泣けた。絶景なるかな・・・・ (★★★★★)

  • 音楽:渡辺宙明 -

    音楽:渡辺宙明: Columbia Sound Treasure Series「透明ドリちゃん」オリジナル・サウンドトラック
    このようにマニアックなサントラが今発売されるとは。宇宙刑事ギャバン流用曲最後のピースがここに明らかになる。若き日の「柿崎澄子」さんを思い出しながら聞こう! (★★★★)

  • 坂本龍一 -

    坂本龍一: 音楽図鑑-2015 Edition-(紙ジャケット仕様)
    以前の版にに比べて大幅な音質の向上+追加収録曲。特にdisk2を聞いていると、このアルバムがどのように形作られていったかを思い巡らせることができて非常に興味深い。紙ジャケ大好き!! (★★★★)

  • ゴダイゴ -

    ゴダイゴ: 西遊記
    発売は私小五の頃。50歳近くなって、今改めて聞いて実に絶妙な構成であることを実感。ゴダイゴのアルバムでありドラマ西遊記のサントラという立ち位置がバランス取れていて素晴らしい。 (★★★★)

  • 戸川純 -

    戸川純: TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST&RARE 1979-2008
    内容的にはダブってしまう方もいるのだろうけれど、私のようにこれまでのアルバムを買ってこれなかった人には非常に価値の高い中身だと思う。特にDISC-3の「ラジャ・マハラジャ」は必聴だ! (★★★★)

  • 飯島真理 -

    飯島真理: blanche(ブランシュ)(紙ジャケット仕様)
     飯島真理さんにリン・ミンメイのイメージばかりを重ねていけない!!吉田美奈子さんのプロデュースが光るこのアルバムは癒しとしても聞き応えありと思う。 (★★★★★)

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31