人間嫌いを考える本・・・

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)
    この痛快さを面白がっていてはいけない。しかしおもしろい!優位性を維持しようとする中国軍に、特殊作戦群は消耗を強いられてゆく。でもこれ、与那国、多良間島の話決着見ないまま、尖閣に飛ぶの??かわぐち先生の悪い癖?

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気
    一気に読ませてもらった。逸話の断片は知っていたが、まとまると凄まじい内容。「ヤマト」も「ブルーノア」も私は好きだ。その製作の背景でドロドロの戦いが繰り広げられていた実態がここにまとめられている。「ヤマト完結編」初日公開版最終3分がいかにして無くなったかの経緯にびびった!!

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか?

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月29日 (日)

自転車で流れ橋

 休日。息子2人と自転車で木津の流れ橋まで走る。
Dsc06632

 うちの近くに自転車道が通っているので健康的で非常に便利だ。高校生の頃から乗っていた自分の自転車をレストアしてもらってあり、快適にツーリングを楽しませてもらう。天気が良かったこともあり人出はとても多い。みんなそれぞれいい自転車乗ってる。

Dsc06635

 人の自転車を見てるとハンドルの所にCAT EYEの速度計をつけてる人が多い。最近のは消費カロリー表示なんかもしてくれるモデルが結構手頃な値段であったりして、近いうちにぜひ自分の自転車にもくっつけてやりたい。
 だいたい2時間位で流れ橋には到着。息子らもよく走った。橋の往来を眺めながらおにぎりを食べてぼーっとして過ごす。
 天気が良かったのでめちゃくちゃ日焼けしてしまって体と顔が痛い。懲りずに今度は嵐山まで行こう・・・・

2007年4月22日 (日)

冥王計画ゼオライマー 最終章〜前篇〜を読む

 本屋に寄ったら「リュウ」に冥王計画ゼオライマー 最終章〜前篇〜と書いてあり、ほんまに続編を描くのかと感動して立ち読みさせてもらう。でも、なんで掲載誌が「リュウ」なのだ???
 3回読み切りみたいで今回はさわりなのだが、何の説明もなく普通〜に単行本の最後からの続きになってるところがなんともすごい。ラストで出てきたもう1体のゼオライマーが何だったのかもちゃんとフォローしてくれそうな話の展開になっている。この人、絵うまいのか下手なのかどうもよくわかんないが、違和感なく続きとして読めてしまった。ゼオライマーのデザインが若干変わってるような気がするが気にしない。なかなかに燃える内容で来月に期待したいところだ。

偽善とそば屋

 午前中はとあるコーラスの会に参加。参加者の要請に応えて世話役をしているのだが、ここんところは精神的に辛くなってきた。自分としてはそれなりに誠実に動きを取っているつもりなのだが、一方で人とのつながりがどうにも辛くて仕方がないというのも現実だ。どっちがほんまなのか???自分でももうわからなくなってきている。行き帰りに戸川純さんの歌をず〜っと聴く。詞も歌唱もなにかこうひどく危うい自分の存在を強くアピールしていて、そこんところが今の自分にはなかなか心地よかったりする。

 帰りに伏見に寄る。いいそば屋があると家内の買ったタウン誌に載っていたのだ。入り口がとてもわかりにくいところにあってだいぶ探してしまう。
そば屋
 1時過ぎに店に入ったのだが 「十割蕎麦がまだできますよ」と嬉しいことをいってくれるのでそれを頼んでしまう。小皿に塩がついてくる。だしだけでなく塩をちょっとふって食べるのもありとのこと。なかなかおいしい。わさびも鮫肌のおろし板で擂るようになっている。酒とつまみのメニューもまあまあ充実しているし、通勤ルートにあるしいい感じだ。8:30がラストオーダーなのがちと残念だが仕方ないかも。

 なんとなくDCの「アンダーディフィート」がやりたくなって電源を入れる。地味〜だけれどもなかなか芸コマな燃えるシューティングだ。なんでやりたくなったのかが自分でもわからんがしばらく没頭する。

充電願望と戸川純

 相変わらず状況は好転しない。周囲の雑音が頭に響く。なんとかかんとか誤魔化してはいるがどこまでも続くモノではない。仕事の関係で外部の会議に出たところ、尊敬する先輩の奥さんが参加者の中に座っていたのですごくびっくりする。奥さんも実は同業者なのだが、自己紹介の所で実に素晴らしくまとまった話をされたあとで、「自分の苦手は人の前で話すこと・・・・」などといわれるので愕然とする。だったら俺は何なのや?延々と放電し続けている生き方をなんとか変えたいモノだ。


 職場の後輩とウオシュレットの話をしていて戸川純って知ってるか?ということになり、「ばこばこさん、戸川純って自殺しましたよね?」とかいわれてすごくびっくりしてしまう。あんましびっくりしたのでwikipediaで調べてみたらばちゃんと存命だった。でも、自殺って言われるとそういう危うい雰囲気ってあの人はあるかも知れない。調べると去年に「玉姫様」とかゲルニカのアルバムとかが紙ジャケ仕様で再販されているとの事。これはちょっと欲しくなってしまう。自分がCDで持ってるのはベスト盤だけなので、「隣のインド人」なんかがすご〜く聴きたくなってしまう。

戸川純 TWIN VERY BEST COLLECTION戸川純 TWIN VERY BEST COLLECTION
戸川純 ゲルニカ 戸川純とヤプーズ

テイチクエンタテインメント 2001-12-19
売り上げランキング : 16320
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 
 今日のよしもと新喜劇は内場の回だったが、途中に出てきた辻本と島木穣二のツッコミ合いがかなりおもしろかった。少し元気が出る。

2007年4月15日 (日)

レッドショルダーのマーチと焼き鳥

 相変わらず不調。大きくなった職場の喧噪がとても耳障りで辛い。昨日は職場の歓送迎会に夕方から出席。夕方から仕事もどきというのも自分としてはあんまし好きなパターンではないが仕方がない。唐突に「司会」をせよとのお達しがありなんとかこなす。心の準備なしにいきなり「やれ!」というのも勘弁して欲しい。
 まあ、いろいろとつまんないことばっかしで、おもしろいことは何にもなかった一週間だったが、深夜、Wikipediaを検索してだらだら読んでいると、装甲騎兵ボトムズの項で劇中に使用されている「レッドショルダーのマーチは元曲があって・・・・・」という事が書いてあり、これがイタリアかどこかの国の映画音楽でCDも発売されていて、さらにはiTunesストアでオンライン購入できるということまでわかり、¥150ということでついダウンロード購入してしまう。「Arrivano I Marines」というのがこの曲の本名で、たしか子供用の自転車か何かのCMやビッグワンガムのCMとか太陽の牙ダグラムのプラモデルのCM曲にも使い回されていたように思う。嫌な仕事に出て行く前とかに聴くと結構やる気を出させてくれたりするのでおすすめ。

 日曜は休息に充てる。息子と「ゴジラVSビオランテ」を見て、アニマックスでやっていた「うる星やつら ビューティフルドリーマー」を見て、X-BOX360の「悪魔城ドラキュラX」とDSの「ジャンプウルティメットスターズ」を平行して遊びながらWiiのインターネットブラウザの更新を行ってYouTube動画を見てごろごろと惰眠を貪る。
 夕方弟夫婦が「焼き鳥をしよう!」とやってくる。
070415_1905
 庭に七輪を持ち出して炭で火をおこして、じわじわと焼いて楽しませてもらう。七輪というところがミソだ。明日仕事がなけりゃ最高なのになあ・・・・・。

2007年4月 8日 (日)

そば屋とギャリア

 休日、朝10時頃まで寝る。寝だめは精神的に抑鬱の状態になるらしくあんましいいことはないそうだ。でも睡眠欲には勝てない。寝たいときには寝なくてはいけない。選挙があったので母校まで投票に行く。そのあと家内の自転車を借りて京都市内まで出る。四条通にある本屋の地階に模型店ができた。量販店だけれども普通に模型店っぽい雰囲気も残してあってなかなかいい店だ。超合金魂のウオーカーギャリアを買ってしまう。レイズナーとかエルガイムMKⅡなんかも作ってみたいが、時間がもてない。なんか完成品に逃げてしまう。
 近くの百貨店のPAPASの店を覗く。服にはあんましこだわらないが、たまにはまともな格好をしてみたい。すごくいいのがあるけれども高い!。昨日の新オバケのQ太郎が買えてしまう。こんど家内に付いてきてもらって買ってもらおう。
 帰り道に前々から気になっていた蕎麦屋に入ってみる。看板に大きく「蕎麦と酒」と書いてあり、関西でそういう酒のんで蕎麦喰うというコンセプトの店は少なくて、ちょっと気になっていたのだった。中は京都の町屋改造風というか蔵改造風の建物でいい雰囲気だ。石臼で蕎麦をゴリゴリやっていて期待できそうだ。とりあえず丼とのセットモノを頼むがなかなかおいしかった。十割蕎麦も置いてあって、ちと値段は高いがこんど頼んでみようと思う。酒のメニューは数は少ないけれどもアテは結構バリエーションがあってこれは絶対に夜に来ないといけない。唯一の問題は店の所在が烏丸五条なので仕事の帰りに寄ることができないという点だ。伏見あたりにこういう店がないものかなあ・・・・。

 家に帰ってギャリアを組み立てる。やっぱしこのパッケージの売りは「ドラン」だろう。箱がでかい。ザブングルについていたブラッカリイは1/3くらいのパッケージサイズだったが、ドランはきっちり半分取っている。Dsc06548_1
ドラン出すためにギャリアを出したといってもいいかも知れない。プロポーションは実に良くって文句ないのだが、背中のホバーと首は一体的になってる造りなので首がまわない。そういう制約があったのだな。
 ガチガチ遊んでいて、ザブングルが好きだった友人がOPの最後のところで「あれ、絶対にラグびっくりするやろうな?」と言っていた謎の言葉を思い出す。
Dsc06549_1
オープニングのラストはアイアンギアの前にザブングルが降下してきて、その直前にギャリアが降下すて上の写真のような状態になるのだが、そいつが言いたかった事がなんとなくわかったような気がした(笑)

2007年4月 7日 (土)

放浪とWikipedia

 休日出勤する。この春から職場の規模が大きくなりすごく自分が混乱してしまっている。自分にはやはり大きい組織というのはむいていないということを実感する。混乱してる中で業務をうまくこなせず、整理事で休日をつぶす羽目になってしまう。
 半日ほどで片付ける事ができて、夕方からは市内の古本屋とかをぶらぶらする。藤子不二雄先生の「オバケのQ太郎」と「新オバケのQ太郎」のFFコミックス版全巻セットで15万円を超えてるのを発見する。「新オバケのQ太郎」だけならば8万円を切るくらいのお値段・・・・。てんとう虫コミックス版で未収録の話がどうしても読みたいのだが、これはすごく勇気のいる買い物だ。今度出る大人向けの「コロコロコミック」の第1回配本には「新オバケのQ太郎」の別冊が付録で付くみたいなので、版権上藤本先生の新オバQはもしかしたら復刊できるのかもしれない?中古ゲームショップではドリームキャスト版の「爆裂無敵バンガイオー」を発見するが1万5千円を超えている。ゲームボーイカラー版の「メタルギア」も見つけてだいぶ心が揺れるが、なんか知らんが今日は買うのをやめてしまう。

 このところずっーとWikipediaばっかり検索しては読んでを繰り返している。どうでもいい知識を貪るというのはなかなかに楽しい事だと久々に実感する。項目によっては非常に深いところまで書き込んであるモノもあって、こんなスゲー百科事典風のモノが自分の興味を潤してくれてしかもタダというのはなんともすごい。「現代用語の基礎知識」とか「知恵蔵」とかの存在意義が薄れてくるよなあ。

2007年4月 1日 (日)

コンタクトレンズと沖縄そばといい買い物

 朝から気分が晴れない。できれば今日は出勤して明日からの業務の下準備しようとおもっていたがとてもではないがそういう気分にはなれなかった。でもまあ、ゆるやかにがんばってみることにしよう。
 家内が昨夜から、買ったはずの使い捨てコンタクト8週間分が見つからないと騒いでいる。どうやら買ったデパートに置き忘れしてしまったみたいだ。開店と同時にそこのデパートに電話して紛失係に問い合わせると、そういう届け出モノがあるという。家内にくっついて京都市内のデパートまで行く。そのモノは間違いなく家内のコンタクトレンズだった。トイレの手洗い場に置き忘れてあったとの事。よかったよかった。時間をもらって近くの大型書店とその地下にできた模型店とソフマップに行く。ソフマップでDSのJUMP ULTIMATE STARSが¥1000を切る特価で売っていたので衝動買いしてしまう。かえって息子らに見せるとすごくうらやましがってくれる。今はまだメタルギアソリッド・ポータブルともじぴったんDSとX-BOX360のドラキュラXをやってる最中なので多少落ち着いてからゆっくり遊ぶことにしてしまっておく。
 昼食に沖縄限定の「ラ王沖縄そば」を食べる。
070401_1229
 大阪池田の日清製粉工場に行くと各地の限定版ラ王が置いてあるらしく、息子らがそこに行ったときにおみやげで買っておいてくれたのだった。
070401_1235
おなじみのラ王の湯切りで作るのでちと手間だが、豚の煮込みもレトルトで付いていて、スープの味も結構まともでなかなか雰囲気は出ている。島とうがらしを買っておけばよかったと後悔する。なかなかおいしかった。
 午後からは考え事をしながら近所をぶらぶらする。近くの大型古本店でドラゴンボール完全版の27巻と28巻を発見。状態も良く他の古本屋の設定よりも¥400近く安かったのでついつい手が出てしまう。お話としてはちょうどセルゲームが終わったところ辺りだ。この歳になるまで読んだことがなかったというのは良かったのか悪かったのか?リアルタイムで息子らと楽しめるというのはすごく楽しい。たぶん誰もが気がついてると思うのだが、フリーザの完全体で戦闘力が53万くらいだったと思う。それを超えるメカフリーザと親父フリーザをあっさりと倒したトランクスの戦闘力は当然それ以上だろうしさらにそれを上回る人造人間達とそれより強いセルとそれを倒した悟飯というのはいったいなんぼほど強い奴らやねんと・・・・。ピッコロ大魔王で十分強かったのになあ・・・。

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

ついった

その筋の音楽

  • 戸川純 with Vampillia -

    戸川純 with Vampillia: わたしが鳴こうホトトギス
    最初聞いたとき、滑舌の悪くなったひょろひょろ声の戸川純さんに絶句してしまった。ちがう!なんかちがう!? しかし、繰り返し聞くうちに印象が変わってきた。タイトル曲「私が鳴こうホトトギス」の意味が分かったような気になりで泣けた。絶景なるかな・・・・ (★★★★★)

  • 音楽:渡辺宙明 -

    音楽:渡辺宙明: Columbia Sound Treasure Series「透明ドリちゃん」オリジナル・サウンドトラック
    このようにマニアックなサントラが今発売されるとは。宇宙刑事ギャバン流用曲最後のピースがここに明らかになる。若き日の「柿崎澄子」さんを思い出しながら聞こう! (★★★★)

  • 坂本龍一 -

    坂本龍一: 音楽図鑑-2015 Edition-(紙ジャケット仕様)
    以前の版にに比べて大幅な音質の向上+追加収録曲。特にdisk2を聞いていると、このアルバムがどのように形作られていったかを思い巡らせることができて非常に興味深い。紙ジャケ大好き!! (★★★★)

  • ゴダイゴ -

    ゴダイゴ: 西遊記
    発売は私小五の頃。50歳近くなって、今改めて聞いて実に絶妙な構成であることを実感。ゴダイゴのアルバムでありドラマ西遊記のサントラという立ち位置がバランス取れていて素晴らしい。 (★★★★)

  • 戸川純 -

    戸川純: TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST&RARE 1979-2008
    内容的にはダブってしまう方もいるのだろうけれど、私のようにこれまでのアルバムを買ってこれなかった人には非常に価値の高い中身だと思う。特にDISC-3の「ラジャ・マハラジャ」は必聴だ! (★★★★)

  • 飯島真理 -

    飯島真理: blanche(ブランシュ)(紙ジャケット仕様)
     飯島真理さんにリン・ミンメイのイメージばかりを重ねていけない!!吉田美奈子さんのプロデュースが光るこのアルバムは癒しとしても聞き応えありと思う。 (★★★★★)

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30