人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« おっちゃん同士がPSPの遊びを考える | トップページ | ドラえもん新魔界大冒険を見る »

2007年3月 3日 (土)

スティール・ボール・ラン をがっかりする・・・

スティール・ボール・ラン 11 (11)スティール・ボール・ラン 11 (11)
荒木 飛呂彦

集英社 2007-03-02
売り上げランキング : 11

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
「黄金長方形」の話はなかなかおもしろいんだけれどなあ・・・・・。なんでサンドマンを只の刺客&スタンド使いにしてしまったのか?そこんところがどうも納得できない。そもそもスタンドからはもう脱却してもらってもいいとおもうのだわ。最初このマンガが始まったとき、やっと人間のテクニックの話に戻ってきたのだなと嬉しかったのだ。スタンドも嫌いじゃないけれど、のっけから持ってる能力の話よりも、ちょっと特訓が入った方が個人的にはおもしろいと思うのだ。だから「鉄球の回転」と「大陸横断乗馬レース」という設定で今度こそ人間の努力とテクニックの話にしてもらえるのだなとすごく期待したのだった。  やっぱし「スタンド」と「賢者の遺体」みたいな派手な要素でテコ入れしないと読者が食い付かないのだろうか?なんか残念。

« おっちゃん同士がPSPの遊びを考える | トップページ | ドラえもん新魔界大冒険を見る »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スティール・ボール・ラン をがっかりする・・・:

» 乗馬でフィットネス [乗馬でフィットネス]
乗馬でフィットネス。乗馬は健康によいらしいですね夜中のテレビで乗馬スタイルの健康器具がよく売れているロデオボーイでしたっけ? [続きを読む]

« おっちゃん同士がPSPの遊びを考える | トップページ | ドラえもん新魔界大冒険を見る »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31