人間嫌いを考える本・・・

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)
    この痛快さを面白がっていてはいけない。しかしおもしろい!優位性を維持しようとする中国軍に、特殊作戦群は消耗を強いられてゆく。でもこれ、与那国、多良間島の話決着見ないまま、尖閣に飛ぶの??かわぐち先生の悪い癖?

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気
    一気に読ませてもらった。逸話の断片は知っていたが、まとまると凄まじい内容。「ヤマト」も「ブルーノア」も私は好きだ。その製作の背景でドロドロの戦いが繰り広げられていた実態がここにまとめられている。「ヤマト完結編」初日公開版最終3分がいかにして無くなったかの経緯にびびった!!

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか?

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月31日 (土)

十三参りと鬱とメビウス

十三参り
 長男の十三参りに出かける。嵐山の法輪寺というお寺にお参りし「知恵」を授かってくるのだ。帰りには渡月橋を振り向かずに渡らないといけない。もらった知恵を落っことすというのだ。混むのが嫌だったのでかなり早い時間に出かける。嵐山に着いたのは九時頃だったのにもうかなりの人出でちょっとうんざりする。早々にお参りを済ませて引き上げる。
 春というのはどうも嫌な季節だ。何がというわけでもないが、恐ろしく気分が憂鬱になってくる。この一年ほどこういう精神状態からの恢復を考えて医療の力を借りてみたりもしてきたがどうにも改善が見られず、こうなるとなんとか自力で生活全般見直しや物の考え方や人との距離感をうまく調整して生きてゆくしかないのかという風に考えるようになる。かの富野由悠季さんも「あえて健全に生きるべきだ・・・」というような事を言っておられるし、やっぱし信じられるのは自分しかおらんのか?というどうしようもない結論に至ったのだった。とりあえずどこから手をつけようかと物置から昔乗ってた自転車を引っ張り出す。身体的な健康も必要と思うのだ。十年ほど放っておいたので至る所ボロボロだ。近くの自転車店に持ち込んで修理の相談をする。新しいのもええのだが原点を大事にするということでできるだけ古い持ち物を活かす方向で考えようと思う。ワイヤーの類はほとんど交換。変速機も新しい物に交換。タイヤも交換。ハンドルもドロップハンドルをやめて街乗りに特化するような方向で改修してもらうことにする。
 午後から京都市内へ。伊福部昭さんの追悼版アルバムが発売されているというような事が特撮ニュータイプに載っていたのでCDショップを数軒ハシゴする。このところ京都は特にこういう系統のCDを入手しやすい店が減っている。大阪へ行かないと何が新譜で出回っているかがチェックしにくくなってきた。結局モノが見つからずあきらめて帰る。行き帰りには「クレージーキャッツトラックス」を聞きながら移動する。青島幸夫さんの歌詞も素晴らしいが植木等さんの歌も素晴らしい。私が特に好きなのは「ショボクレ人生」と「遺憾に存じます」だ。『人のズボンで靴を磨く』とか『学生の頃は天才だったがサラリーマンになってしまったら皆同じ』というセンスが尋常ではない。最後に「大冒険マーチ」を繰り返し聞いて元気を出す。
 メビウス最終回。あまりのご都合主義と友情の力の美しさの甘ったるさにガックリしてしまう。ミライを始めとするルーキー達がどう人間的に成長していったかという結果をもう少し明確に打ち出す必要があったのだと思う。リュウの変身も楽しいけれどだからどうだということもなく、迫っちのゾフィ変身もイベント消化の一環で終わってしまったように思う。結局壮大なつじつま合わせに終始しただけというような印象が強く残ったのは私だけなのでしょうかね?

2007年3月25日 (日)

メビウス消化不良・・・

 メビウスのラストが近い。敵のロボットが複数体一挙に攻めてくるというのはなかなかおもしろいのだけれど、どうも盛り上がりに欠ける。キリヤマ隊長がかつて言ったという言葉の引用があっても、ヒカリが戦って、ザムシャーが死んでもなんかイベント消化みたいな域を超えない。ファイナルメテオールもおそらく迫っちのゾ*ィー変身なのかとおもってたらどうもそうみたいだし、直前にはあれだけ兄さん方が助けに来てくれているのに、肝心な時には地球見捨ててるし・・・・。蛭川のたれ込みも結構あっさりと世論にかき消されるしもうちょっと濃い展開を期待してるのにちょっと安易すぎる展開ではなかろうか?ラストを目前にすごく萎えてしまった。あんましつまんないので、以前録りだめしてほおっておいたネクサスを1話から見始める。多少暗い話だがこっちの方が筋が通っていておもしろい。これは年少の視聴者の支持は得られないのはよくわかる。大体にして人間が捕食の対象という存在であるという設定をしたところでウルトラらしさからは逸脱してしまっているわな。でも独自のウルトラマンを見いだそうとしている姿勢がすごくいいと思う。これまでのシリーズとの関連性みたいなところに重点を置くのはすごく楽しいのだけれど、兄さん方からの教えを元にルーキーがどう成長していったかという結果の部分がメビウスのドラマからはすご〜く感じにくいのだ。過去つながりイベントばっかりが先走っている印象がメビウスの弱いところなのだと思うなあ。

2007年3月24日 (土)

iPod shuffle

 家内がiPod shuffleを買う。私も個人的にすごく興味があったのでちょっと使わせてもらう。
070324_2025
 とにかくこれとんでもねー小ささだ。パッケージには簡単なマニュアルが付いてるだけでiTunesは自分で調達しないといけないようになっている。クレードル形状も他のiPodとは違っていてヘッドフォン端子から充電してデータ転送も行うようになっている。充電が終わってiTunesから曲を転送しようとしたが・・・・転送されない???なんで、突き刺さり方がよろしくないのか?オートフィルという見慣れないボタンがあったので試しに押してみると転送が始まった。なるほど。shuffleはプレイリストを指定することですごく割り切った転送の仕方をするのだ。でないとパンクしてしまうもんな。すごく納得してしまう。こうなると自分もすごくほしくなってしまった。いいなあ、また貸してもらおう!!

休日本屋めぐり

 娘と本屋に行こうということになり、四条河原町まで出かける。中学1年の娘は友達の影響でそういう筋の文庫本を読むようになり、ジャンルがちと気になるモノの活字に慣れ親しむことはええ事だと思って品数の多い本屋を物色しに行こうということになったのだった。
 070324_1519
 しかしいざ意識して本棚を眺めてみると、硬派な大型書店にはこういうコーナーは無いのだということに気がつく。数件ハシゴして寺町京極のマンガ専門店に結構充実したコーナーがあるのを発見。娘が立ち読みさせてもらっているので、ついてきた小3の息子がブリーチを、私がドラゴンボール完全版の25巻と26巻を買わさせてもらう。
 吉田忠さんの「ハムサラダくん」の復刻本が出ているのを見てちょっとびっくりする。よっぽど買って帰ろうと思ったが今日はやめておく。

2007年3月22日 (木)

出張と母校から

 今日は京都市内まで出張勤務。最近よくあるディスカッション形式のセミナー出席なのでちょっと気持ちが滅入ってしまっている。自分の意見をまとめて言うのはどうも苦手だ。一緒のグループになった人がどうも自分の世界を押しつけがちな人だったので、さらに気が滅入ってしまう。人の話も聞いて欲しい。春が近いとタダでさえ気持ちが滅入るので、人とのつきあい方もうまく距離を測りながらやってゆかないと、沈没してしまわないとも限らない。
 気持ちを切り替えようと、帰りに本屋にでも寄ろうと思ったのに、夕立に降られてあわてて原付を走らせて帰る。
 自分宛に封書が届いていて、高校のサークルの顧問の先生が職を辞されるという知らせと、大学からはビッグに活躍している卒業生の近況報告だった。自分はなかなかビッグにはなれへんなあ・・・・というか素質も努力もしてないもんがどうビッグになれるというのか?
 息子らとゆっくり過ごす。こういう時間が一番楽しい。Wiiの似顔絵チャンネルを覗くとなんか知らんがさんまちゃんと松岡修造が送られてきていてすごくびっくりしてしまった。すごく不思議なのは似顔絵チャンネルのデフォルトのパーツでさんまの顔がちゃんとつくれるのだろうか?
 

2007年3月18日 (日)

ミスチル「HOME」を聞く

HOME (通常盤)
HOME (通常盤)Mr.Children Kazutoshi Sakurai

トイズファクトリー 2007-03-14
売り上げランキング : 1

おすすめ平均 star
star繰り返し聴くべし!!
starほんわか温か
star温かいアルバム

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 家内が買ってきてくれたので早速iPodに登録して通勤の途中で聞いている。なんか全体的に地味〜な印象のアルバムだけれどもそんなに悪くない。個人的には「彩り」がなかなか良かった。  「ぼくのした単純作業がこの世界を回り回って、まだ出会ったことのない人の笑い声をつくってゆく」というとこがハッとさせられる。どういう所からイメージした歌詞なんか、すごく知りたいところだ。

2007年3月10日 (土)

ドラえもん新魔界大冒険を見る

ドラえもん新魔界大冒険を見る
家内が出張(?)で、私が子連れで映画館へ。なかなかおもしろかった。私は個人的には「大長編ドラえもん」は「のび太の恐竜」以外はあんまし好きではないのだ。それはのび太があんまし勇気を持って巨大な悪に立ち向かってはいけないのではないのか?というところが大体の作品の内容にひっかかってしまうからだ。まあ、藤本先生はのび太の成長を願ってたらしいけれど、私的には、のび太は自堕落なやつでないといかんのではないかというポリシーがあるのだな。で、今回の映画についてはやっぱしのび太が勇気ありすぎではないかな?というところがやっぱしひっかかってしまった。いくらドラえもんみたいな万能のロボットがいたとしても、あんな巨大な宇宙悪みたいなやつがやってきたら怖いんではないだろうか?
 あと内容が個人的には前作とそんなに変わらなかった印象なのが残念。一緒に見た息子らは「全然違う!」とは言ってたが・・・・。この映画独自の解釈としておもしろかったのは、もともと地球に接近する小惑星があって、それが「もしもボックス」を使った影響で魔界の星に変貌してしまうというところ。だからもしもボックスを使わなかったパラレルワールドでは満月博士がどう解決していたのか?というところはもうちょっとはっきりさせて欲しかった。
 アニメ自体はかなり気合いが入っていて素晴らしい。よく動いている。
 
 来年も映画ドラえもんはあるみたいだけれど、できればオリジナルが見てみたいなあ。

2007年3月 3日 (土)

スティール・ボール・ラン をがっかりする・・・

スティール・ボール・ラン 11 (11)スティール・ボール・ラン 11 (11)
荒木 飛呂彦

集英社 2007-03-02
売り上げランキング : 11

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
「黄金長方形」の話はなかなかおもしろいんだけれどなあ・・・・・。なんでサンドマンを只の刺客&スタンド使いにしてしまったのか?そこんところがどうも納得できない。そもそもスタンドからはもう脱却してもらってもいいとおもうのだわ。最初このマンガが始まったとき、やっと人間のテクニックの話に戻ってきたのだなと嬉しかったのだ。スタンドも嫌いじゃないけれど、のっけから持ってる能力の話よりも、ちょっと特訓が入った方が個人的にはおもしろいと思うのだ。だから「鉄球の回転」と「大陸横断乗馬レース」という設定で今度こそ人間の努力とテクニックの話にしてもらえるのだなとすごく期待したのだった。  やっぱし「スタンド」と「賢者の遺体」みたいな派手な要素でテコ入れしないと読者が食い付かないのだろうか?なんか残念。

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

ついった

その筋の音楽

  • 戸川純 with Vampillia -

    戸川純 with Vampillia: わたしが鳴こうホトトギス
    最初聞いたとき、滑舌の悪くなったひょろひょろ声の戸川純さんに絶句してしまった。ちがう!なんかちがう!? しかし、繰り返し聞くうちに印象が変わってきた。タイトル曲「私が鳴こうホトトギス」の意味が分かったような気になりで泣けた。絶景なるかな・・・・ (★★★★★)

  • 音楽:渡辺宙明 -

    音楽:渡辺宙明: Columbia Sound Treasure Series「透明ドリちゃん」オリジナル・サウンドトラック
    このようにマニアックなサントラが今発売されるとは。宇宙刑事ギャバン流用曲最後のピースがここに明らかになる。若き日の「柿崎澄子」さんを思い出しながら聞こう! (★★★★)

  • 坂本龍一 -

    坂本龍一: 音楽図鑑-2015 Edition-(紙ジャケット仕様)
    以前の版にに比べて大幅な音質の向上+追加収録曲。特にdisk2を聞いていると、このアルバムがどのように形作られていったかを思い巡らせることができて非常に興味深い。紙ジャケ大好き!! (★★★★)

  • ゴダイゴ -

    ゴダイゴ: 西遊記
    発売は私小五の頃。50歳近くなって、今改めて聞いて実に絶妙な構成であることを実感。ゴダイゴのアルバムでありドラマ西遊記のサントラという立ち位置がバランス取れていて素晴らしい。 (★★★★)

  • 戸川純 -

    戸川純: TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST&RARE 1979-2008
    内容的にはダブってしまう方もいるのだろうけれど、私のようにこれまでのアルバムを買ってこれなかった人には非常に価値の高い中身だと思う。特にDISC-3の「ラジャ・マハラジャ」は必聴だ! (★★★★)

  • 飯島真理 -

    飯島真理: blanche(ブランシュ)(紙ジャケット仕様)
     飯島真理さんにリン・ミンメイのイメージばかりを重ねていけない!!吉田美奈子さんのプロデュースが光るこのアルバムは癒しとしても聞き応えありと思う。 (★★★★★)

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30