人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« ○竹のラーメン | トップページ | GEARS of WARにはまる »

2007年2月 9日 (金)

冥王計画

 長らく音信不通だった友人がコメントをくれた。メビウスとは全然関係ない内容なのがちょっとばかし気になるが、「ウルトラマンねたでは無いけど、ばこばこはんも知ってるゼオライマー密かに1話だけ続きが描かれていたらしい」とのこと・・・・。なんで今ゼオライマーなんや(笑)???
 Dsc06528

でもまあゼオライマーはすごく好きなアニメで、漫画の方も一応読むだけは読んだ。これエロ漫画なんだな。アニメも漫画もゼオライマーのほぼ無敵な強さを話の軸に、人間のドロドロした生き様をえぐり出してゆくようなストーリーはかなりおもしろかった。アニメは結構作画もきれいで菊池通隆のキャラがとてもよかった。特に八卦ロボの設定がなかなか秀逸で、**衆とかいうのが一人一人・・・・と倒されてゆくという整理魔的な話はとても好みだった。漫画の方は強殖装甲ガイバーの作者の高屋良樹の旧ペンネームの「ちみもりお」で描かれている。この人京都の花園大学出身っちゅう噂もあるのだ。どうでもいいけれど・・・・・。非常に凝ったストーリーで、敵の設定がややありきたりだけれども、ゼオライマーがスーパーロボットとして強いのでなく、次元連結システムのおかげで無敵なのだというあたりを話の核にした敵味方の攻防戦がおもしろい。腕を吹き飛ばされようが、パイロットごとぶっ飛ばされようが、次元連結システムあるかぎりビュンビュン自己再生してしまう、ある意味イデオンと同じくらい無敵なロボットだ。ラストゼオライマーに対抗するための敵の秘策がもう一体のゼオライマーであることが明かされ、敵の基地に向かってゼオライマーが飛んでゆくところでお話は終わっている。ゼオライマーって、さしたる能力もないただの巨大ロボだとストーリー中でも言ってるくせに、同じゼオライマーを登場させて秘策だというところはなんか矛盾と無理があるし、敵に特攻していって終わりという実写レインボーマンみたいなよくわからんラストは消化不良もええところだ。ガイバーみたいに20年かかってでも続きを・・・・・と思ってたら続きがあるのか?なんか見たいようなみたくないような・・・・。

 個人的に自分がいま一番見たい未完の漫画は、永井豪先生の「マジンサーガ」だな。弓さやかのとんでもねープラグスーツも見たいが、紅蓮コンドル隊のデュークフリード大尉の背中に翼が生えているのはなんでや!?とか気になる点ではこっちの方が続きが気になっているこの10年だったりするのだ。

« ○竹のラーメン | トップページ | GEARS of WARにはまる »

コメント

漫画版ゼオライマーはそのまま続きの話だそうです。
ネマトーダにマサキがカチコミに向かう一方でネマトーダは!?って話らしい。
ネットでアニメのMADを漁っててたまたまゼオライマーを観て、懐かしさのあまり
検索したら続編を一話だけ描いていたのを知った次第。
んで、ゼオライマーでは無いが、最近見つけた出来の良いMADを張りますね。

http://www.nicovideo.jp/watch/utnY102sCbsIM

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36085/13850472

この記事へのトラックバック一覧です: 冥王計画:

« ○竹のラーメン | トップページ | GEARS of WARにはまる »

ついった

その筋の音楽

  • 戸川純 with Vampillia -

    戸川純 with Vampillia: わたしが鳴こうホトトギス
    最初聞いたとき、滑舌の悪くなったひょろひょろ声の戸川純さんに絶句してしまった。ちがう!なんかちがう!? しかし、繰り返し聞くうちに印象が変わってきた。タイトル曲「私が鳴こうホトトギス」の意味が分かったような気になりで泣けた。絶景なるかな・・・・ (★★★★★)

  • 音楽:渡辺宙明 -

    音楽:渡辺宙明: Columbia Sound Treasure Series「透明ドリちゃん」オリジナル・サウンドトラック
    このようにマニアックなサントラが今発売されるとは。宇宙刑事ギャバン流用曲最後のピースがここに明らかになる。若き日の「柿崎澄子」さんを思い出しながら聞こう! (★★★★)

  • 坂本龍一 -

    坂本龍一: 音楽図鑑-2015 Edition-(紙ジャケット仕様)
    以前の版にに比べて大幅な音質の向上+追加収録曲。特にdisk2を聞いていると、このアルバムがどのように形作られていったかを思い巡らせることができて非常に興味深い。紙ジャケ大好き!! (★★★★)

  • ゴダイゴ -

    ゴダイゴ: 西遊記
    発売は私小五の頃。50歳近くなって、今改めて聞いて実に絶妙な構成であることを実感。ゴダイゴのアルバムでありドラマ西遊記のサントラという立ち位置がバランス取れていて素晴らしい。 (★★★★)

  • 戸川純 -

    戸川純: TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST&RARE 1979-2008
    内容的にはダブってしまう方もいるのだろうけれど、私のようにこれまでのアルバムを買ってこれなかった人には非常に価値の高い中身だと思う。特にDISC-3の「ラジャ・マハラジャ」は必聴だ! (★★★★)

  • 飯島真理 -

    飯島真理: blanche(ブランシュ)(紙ジャケット仕様)
     飯島真理さんにリン・ミンメイのイメージばかりを重ねていけない!!吉田美奈子さんのプロデュースが光るこのアルバムは癒しとしても聞き応えありと思う。 (★★★★★)

最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30