人間嫌いを考える本・・・

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)
    この痛快さを面白がっていてはいけない。しかしおもしろい!優位性を維持しようとする中国軍に、特殊作戦群は消耗を強いられてゆく。でもこれ、与那国、多良間島の話決着見ないまま、尖閣に飛ぶの??かわぐち先生の悪い癖?

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気
    一気に読ませてもらった。逸話の断片は知っていたが、まとまると凄まじい内容。「ヤマト」も「ブルーノア」も私は好きだ。その製作の背景でドロドロの戦いが繰り広げられていた実態がここにまとめられている。「ヤマト完結編」初日公開版最終3分がいかにして無くなったかの経緯にびびった!!

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか?

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月25日 (日)

おっちゃん同士がPSPの遊びを考える

 弟(37歳)がPSPを買ってしまう。今度発売になったGPSユニットを使って簡易なカーナビにしようと考えているようなのだ。きっと使い勝手は悪いだろうなあと予想していたら、案の定処理は遅いらしい(笑)
 そんなことでせっかくPSPが2台もあるのだからなんか対戦できるいいゲームはなかろうか?という話になり、物色してみたがこれがいいのが全然無い。DSにはいっぱいあるのにPSPの通信機能を活かしきったゲームソフトというのはどうも見あたらない。DSにだいぶ押されているけれど使いようによってはPSPもハードウエアとしてはなかなか魅力的だとは思う。機能を使い切るためのハードル・・・・使い方のアイデアも含めて・・・・が若干高いのかもしれない。おっちゃん同士の通信対戦ゲームの肝としては、できれば撃ち合うようなやつがええなあ・・・・と弟とは相談しているのだが、候補に挙がっているのは
1,コーデットアームズ
2,エースコンバットX
3,メタルギアソリッドポータブルオプス
4,メダルオブオナーヒーローズ
あたりだ。仕事の帰りにソフマップに寄って物色していると

メタルスラッグ コンプリートメタルスラッグ コンプリート

SNKプレイモア 2007-02-22
売り上げランキング : 69
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

おおっ!12月に発売延期になったメタルスラッグが出てるではないか!?ということでこっちを買ってしまう(笑)このPSP版メタスラはなかなか出来がいい。PS版ほどアニメをはしょってないのがまずいいポイントだ。ロードが若干長くゲームスタート後の操作説明がすっ飛ばされていたりSEがよく聞こえたりするほかは、ほぼ満足のゆく内容だ。やっぱし自分にとってPSPって懐ゲープレイヤーでしなないのかしら?

2007年2月23日 (金)

今日のカレーパン

今日のカレーパン
コンビニで一番手に入りやすい「カレーパン」。自分としてはこれが標準だ。中身とパンのバランスも非常にいいし、やっぱしどこでも売ってるっていうのが安心だな。できればコンビニでは「チン」してもらうようにしよう(笑)

2007年2月17日 (土)

大伴昌司の世界展

 昨日は京都市内で研修があって、その帰り道に朝日新聞社の前を通ったら夕刊が貼りだしてあって、京都大学で「大伴昌司の世界」という展示をやっているという記事が載っていた。なんでまた今大伴昌司なのかわからなかったが、入場無料ということもあって見に行ってみる。
 Dsc06535
 
 京都大学はめちゃくちゃでかい。じゃりン子チエの花井先生ではないが「大きいから大学ゆうんや」とはよく言ったモノである。場所がなかなかわからなかったがなんとか見つかる。大きな建物の中の小さなスペースだったが内容はなかなか充実していて、大伴昌司さん自身のアイデア書きなんかも展示してあってすごく楽しめた。
Dsc06532
Dsc06530
 有名な「1枚の絵は1万字にまさる」もあった。携帯もインターネットもなかった時代にこれだけいろいろなことを考えて実践していたこの人の先見性というのは改めてすごいなあと思う。
 少年マガジンの巻頭特集の復刻本を読んでみたくなって書棚を探してみると自分が持っているのは全3巻のうちの1巻だけだということがわかって残り2巻が無性に欲しくなってしまう。古本サイトを探してみよう


2007年2月15日 (木)

沖縄で見かけたイカすロボット!?

Dsc00002_1

ダイ*ージャかザン*ット3か???なかなかパチモン具合がイカしてる。

GEARS of WARクリア!!

 沖縄より無事に帰還。現実の世界に舞い戻って仕事に精ださねばならなくなる。旅行ははかない夢だなあ。
 さて、ささやかな現実逃避の世界であるGEARS of WARを一番簡単なモードだがクリアする。とてもおもしろかった。ゲームはアイデアだと確かに思うが、このゲームみたいにビジュアル面での説得性が恐ろしく高いと、ゲームの世界に有無も言わせず引きずり込まれてしまう。敵が扉をバーナーでガーッっと切って突入してくるのを待ちかまえて、飛び込んできたところへマシンガンをたたき込むというシチューエーションが2回ほどあって、これがとてもかっこよかった。ラストボスもなんか理不尽に強い奴だったが、ライフルで正確に頭だけを6〜7回ほどねらい撃ってやったらなんとか倒せた。全体的には非常に難しいが、やってやれない絶妙のゲームバランスだと思う。

 今度は360のロストプラネットか?DSのレイトン教授かDQMか?迷うところだ・・・・・。

2007年2月11日 (日)

また沖縄そば

また沖縄そば
やっぱしおいしい!ソーキが最高。こういうの苦手な息子が気の毒だ

美ら海水族館

美ら海水族館
大阪海遊館とはまた違う。すごく立派な水族館。

2007年2月10日 (土)

沖縄食

沖縄食
 夕食は国際通り近くの食堂に入る。ソーキソバ最高!これはおいしい。沖縄そばと違うのはでっかい豚の煮物が入ってるところだ。その「軟骨付き豚バラ肉の煮物」を「ソーキ」と言うらしい。ゴーヤチャンプルーも初めて本場のやつを食べた。うちの家内の我流のやつよりも苦い。しかしこれもおいしい。基本的な材料は同じにしてあるのだけれどもなあ・・・・。「島らっきょうの天ぷら」もおいしかった。さやえんどうみたいな形だけども味はらっきょうなのだ。さすがに「ミミガー」は根性無くて頼まなかった(笑)

首里城

首里城
 レンタカー借りて少し那覇市内を観光。沖縄って思ってたよりもあんまし異国っぽくない。普通に日本だ。ローソン、ファミリーマート、マクドナルド、スターバックコーヒー、焼き鳥の大吉もある。地理的にほとんど台湾というところが、こんなに日本でいいのだろうか?沖縄らしい風景を探すのは結構大変かもしれない・・・・

沖縄

沖縄
唐突に家族旅行で沖縄に到着。空気がぬるい(笑)

2007年2月 9日 (金)

GEARS of WARにはまる

 X-BOX360のGEARS of WARにはまっている。これはかなりおもしろい。バイオハザード4みたいな三人称シューティングで、なんかよくわからないが攻めてきた地底人類に銃器をとって立ち向かうというお話だ。
Dsc06526

 とにかく画面がめちゃくちゃ綺麗だ。ウルフェンシュタインもDOOMもずーっとFPSはいろんなのをやってきたが、この有無を言わせぬ画面の綺麗さからくる世界観の説得性は、ゲームはアイデアとはわかってるものの、やっぱしハイデフってすげーなあと思わせてしまう。バイオ4でも相当に綺麗な画面と思っていたが、雨が降っている表現などはかなりすごいと思った。建物の陰に潜むアクションが簡単な操作でかっこよくできて、すごくムードが出ている。これまでのFPSではそれらしいことをしようと努力していたのがなかなかうまく表現できず、そういった点でもまた一歩新しいアクション表現の幅が広がったように思う。
 全体的な難度もかなり高いが、やってやれないことはない抜群のバランスでやめ時を見失ってついつい深夜までやり込んでしまった。今ラストのボスと戦っているが、こいつがまた理不尽に強いんだな。
 360は最近とても元気だ。PS3は完全にぶっ飛ばしていると思う。かといって360がゲーム機の主流になってほしいとも思わない。知ってるマニアは重宝するという線を貫いてほしいと思うのだ。

冥王計画

 長らく音信不通だった友人がコメントをくれた。メビウスとは全然関係ない内容なのがちょっとばかし気になるが、「ウルトラマンねたでは無いけど、ばこばこはんも知ってるゼオライマー密かに1話だけ続きが描かれていたらしい」とのこと・・・・。なんで今ゼオライマーなんや(笑)???
 Dsc06528

でもまあゼオライマーはすごく好きなアニメで、漫画の方も一応読むだけは読んだ。これエロ漫画なんだな。アニメも漫画もゼオライマーのほぼ無敵な強さを話の軸に、人間のドロドロした生き様をえぐり出してゆくようなストーリーはかなりおもしろかった。アニメは結構作画もきれいで菊池通隆のキャラがとてもよかった。特に八卦ロボの設定がなかなか秀逸で、**衆とかいうのが一人一人・・・・と倒されてゆくという整理魔的な話はとても好みだった。漫画の方は強殖装甲ガイバーの作者の高屋良樹の旧ペンネームの「ちみもりお」で描かれている。この人京都の花園大学出身っちゅう噂もあるのだ。どうでもいいけれど・・・・・。非常に凝ったストーリーで、敵の設定がややありきたりだけれども、ゼオライマーがスーパーロボットとして強いのでなく、次元連結システムのおかげで無敵なのだというあたりを話の核にした敵味方の攻防戦がおもしろい。腕を吹き飛ばされようが、パイロットごとぶっ飛ばされようが、次元連結システムあるかぎりビュンビュン自己再生してしまう、ある意味イデオンと同じくらい無敵なロボットだ。ラストゼオライマーに対抗するための敵の秘策がもう一体のゼオライマーであることが明かされ、敵の基地に向かってゼオライマーが飛んでゆくところでお話は終わっている。ゼオライマーって、さしたる能力もないただの巨大ロボだとストーリー中でも言ってるくせに、同じゼオライマーを登場させて秘策だというところはなんか矛盾と無理があるし、敵に特攻していって終わりという実写レインボーマンみたいなよくわからんラストは消化不良もええところだ。ガイバーみたいに20年かかってでも続きを・・・・・と思ってたら続きがあるのか?なんか見たいようなみたくないような・・・・。

 個人的に自分がいま一番見たい未完の漫画は、永井豪先生の「マジンサーガ」だな。弓さやかのとんでもねープラグスーツも見たいが、紅蓮コンドル隊のデュークフリード大尉の背中に翼が生えているのはなんでや!?とか気になる点ではこっちの方が続きが気になっているこの10年だったりするのだ。

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

ついった

その筋の音楽

  • 戸川純 with Vampillia -

    戸川純 with Vampillia: わたしが鳴こうホトトギス
    最初聞いたとき、滑舌の悪くなったひょろひょろ声の戸川純さんに絶句してしまった。ちがう!なんかちがう!? しかし、繰り返し聞くうちに印象が変わってきた。タイトル曲「私が鳴こうホトトギス」の意味が分かったような気になりで泣けた。絶景なるかな・・・・ (★★★★★)

  • 音楽:渡辺宙明 -

    音楽:渡辺宙明: Columbia Sound Treasure Series「透明ドリちゃん」オリジナル・サウンドトラック
    このようにマニアックなサントラが今発売されるとは。宇宙刑事ギャバン流用曲最後のピースがここに明らかになる。若き日の「柿崎澄子」さんを思い出しながら聞こう! (★★★★)

  • 坂本龍一 -

    坂本龍一: 音楽図鑑-2015 Edition-(紙ジャケット仕様)
    以前の版にに比べて大幅な音質の向上+追加収録曲。特にdisk2を聞いていると、このアルバムがどのように形作られていったかを思い巡らせることができて非常に興味深い。紙ジャケ大好き!! (★★★★)

  • ゴダイゴ -

    ゴダイゴ: 西遊記
    発売は私小五の頃。50歳近くなって、今改めて聞いて実に絶妙な構成であることを実感。ゴダイゴのアルバムでありドラマ西遊記のサントラという立ち位置がバランス取れていて素晴らしい。 (★★★★)

  • 戸川純 -

    戸川純: TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST&RARE 1979-2008
    内容的にはダブってしまう方もいるのだろうけれど、私のようにこれまでのアルバムを買ってこれなかった人には非常に価値の高い中身だと思う。特にDISC-3の「ラジャ・マハラジャ」は必聴だ! (★★★★)

  • 飯島真理 -

    飯島真理: blanche(ブランシュ)(紙ジャケット仕様)
     飯島真理さんにリン・ミンメイのイメージばかりを重ねていけない!!吉田美奈子さんのプロデュースが光るこのアルバムは癒しとしても聞き応えありと思う。 (★★★★★)

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31