人間嫌いを考える本・・・

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)
    この痛快さを面白がっていてはいけない。しかしおもしろい!優位性を維持しようとする中国軍に、特殊作戦群は消耗を強いられてゆく。でもこれ、与那国、多良間島の話決着見ないまま、尖閣に飛ぶの??かわぐち先生の悪い癖?

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気
    一気に読ませてもらった。逸話の断片は知っていたが、まとまると凄まじい内容。「ヤマト」も「ブルーノア」も私は好きだ。その製作の背景でドロドロの戦いが繰り広げられていた実態がここにまとめられている。「ヤマト完結編」初日公開版最終3分がいかにして無くなったかの経緯にびびった!!

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか?

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月30日 (火)

○竹のラーメン

○竹のラーメン
今日は出張で京都市内へ。ちょうど都合よかったので先日家内が見てたタウン誌に載ってたラーメン屋にいく。竹屋町高倉を少し東へ。見逃してしまいそうな店なのにお客がとぎれない。
さかなベースのダシらしいがなかなかおいしかった。

2007年1月29日 (月)

メビウスが馬鹿ウケ

 ビデオ録画しておいた昨日の「行列のできる法律相談所」を見てたら、ウルトラマン、セブン、メビウス、バルタン星人が出ていた。裏番組の「華麗なる一族」対策らしい。紳助のトークにメビウスがえらく受けていた。
Dsc06491


2007年1月28日 (日)

ウルトラマンメビウス「想い出の先生」を見る

 ウルトラマン80が登場。なによりすばらしかったのはちゃんと矢的先生が登場したということだろう。
 80は私が中2の頃のウルトラマンだ。ザ・ウルトラマンはなかなか楽しめたものの、やっぱし実写の新作ウルトラマンが見たかった。そこへ出てきたのが80だった。一般に不評だったとされるウルトラマン先生の設定も私的には全然違和感なかった。別に矢的先生がUGMの所属していなくてもええのではと思うくらい先生の設定は好きだった。多少無理があっても、心のマイナス波をうけて現れる怪獣とそれに対抗するウルトラマンという構図はなかなか丁寧に描かれていたと思うのだ。それが突然なんの説明もなくUGMだけの話になり、最終回もそのまんま終わってしまった。せめて最終回くらい桜ヶ丘中学が出てきて生徒にサヨナラするシーンがあるだろうと思っていたがそれもなかった。80は結構好きなだけにウルトラマン先生という最大の個性を全否定してしまったところに私はどうしても納得できないものを感じてしまうのだ。
 昨日のメビウスでは話の前半に当時の矢的先生のスチルが出てきて、80は「みんなには会えない」とか言い出して、もしかしたら長谷川初範は出てこないのではないか?とあきらめたところへの登場。なんで先生を突然辞めたのかということも自信の口からきちんと語られた。言ってることはメビウス十八番のこじつけ設定ととれるかもしれない。でもこの台詞は80の最終回で矢的先生に言ってほしかった言葉に違いなかった。それが20数年を経てようやく矢的先生自身の口から発せられたという点で昨日のお話には価値があったと言えるだろう。長いことのもやもやをようやく解消してくれたお話ですごく楽しめたと思う。
 昨日の生徒役の皆さんは当時の役者さん(?)なのでしょうか?なんかそれっぽいけれど・・・・。 

 あと篠田三郎はでないのかな???

沙羅曼蛇ポータブル

 息子とゲームショップに寄ったときにPSP用の「沙羅曼蛇」「パロディウス」「ツインビー」のコンピレーションモノが出ているのを発見。我が家のPSPも新いゲームって「極魔界村」以降は1本もなくって、なつかしゲームのコンピレーションものしか買っていない。現行のゲーム機プレイヤーとして見たらPSPは魅力に乏しいのが現実だな。その代わり海外版ソフトも含めると、お手軽ななつかしゲームプレイヤーとしてはなかなか魅力がある。
 Dsc06486

 息子と遊んでみて思ったのは、沙羅曼蛇とライフフォースで自分の撃ってる弾がほとんど見えないというのが致命的な欠点になってしまっている。なんか何やってるのかよくわかんない。いかにきれいで広いPSP画面でも沙羅曼蛇をするのにはちとばかし狭くて不鮮明だったかもしれない。このソフトのウリはなんといっても「XEXEX」だろう。私は業務用基板もちゃんと持ってるのだが、手軽に遊ぶにはちとばかし儀式が多すぎる。家庭用ゲーム機初の移植がPSPというのはちょっと複雑だけれども、買った第一の理由はXEXEXがほしかったということに尽きる。画面はそんなに見にくくなくって、まあまあの感じだ。かなり移植のできはいい感じだけれども音楽の入り方が若干遅れるのがちょっとばかし気になる。

 パロディウスが¥2900のベスト版になったら買ってあげよう。年の暮れには「メタルスラッグ1~5」あたりまでを集めたソフトが出る予定だったのが延期になってしまっている。これがPSPの次の楽しみだな。

2007年1月27日 (土)

厄除け

厄除け
私は今年は大厄なのだ。知り合いから言われたことなのだが、厄年をあまり甘く見ない方がいいらしい。自分に災難が降りかかるもしくは身近なものに災難が降りかかるという感じで何らかの恐ろしいことに見舞われたときに「ああ、ちゃんとお祓いうけといたらよかった・・・・」ということになるので、ばこばこさん神社いっといたらええよとアドバイスされたのだ。後悔しないためにも氏神さんと併せて、今日は門戸厄神まで行ってきた。門戸厄神ってすごく住宅の建て込んだところにあるのだな。カーナビで行く先設定したら、不思議なことにすご〜く遠回りさせられるのでみなさん注意してください。

私は厄除けの火箸を買ってきました。

2007年1月24日 (水)

今日のカレーパン・・・・「とろけるビーフカレー」

 仕事が深夜に終わって、あんまり腹が減ったのでコンビニに寄って帰る。よっぽど肉まんと思ったが、裏の紙はがしたり、からし塗るのがなんとなく面倒に思えたのでやっぱしカレーパン買ってしまう。かわぐちかいじさんのジパングの27巻もあったのでついでに買ってしまう。
 070124_2156
今夜は「とろけるビーフカレー」というやつだ。サークルKあたりによく出回っている。手に入りやすいっていうのがいいよな。よ〜く煮込んだ崩れた肉が混ざっているようにも思うが気のせいかも。具は基本的には入っていないというかよく煮込んだ結果具がなくなったという言い訳なのかも知れない。カレーとしては適度に辛くておいしい。あとパンのところがカラッと揚がっているかんじがして中身のカレー部分とのバランスが非常によくとれていると思う。わりあいおすすめのカレーパンですな。

2007年1月21日 (日)

1/21日本テレビ ウタワラに田中青児さんが

Dsc06474
なんか日本テレビ系ってこういう歌番組作ると垢抜けない造りになってしまうのはなんででしょう?
田中青児さんがでてきてビューティフルサンデーうたってたけれどなんか見ていて辛かったなあ。懐かしアニメソング番組とかで大杉久美子さんが歌うときなんかも辛いけどなあ。

ポケモンダイヤモンド現況報告

 Dsc06473
 Wiiのポケモンバトルレボリューションであそびまくりたいということもあって、年の暮れから精力的にダイヤモンドの攻略を進めている。ここまでで殿堂入りが5回。手持ちのポケモンは大体レベル55〜65あたりだ。図鑑完成はあまり考えずに、対戦しておもしろい方向に向かうように育成&GETしているつもりだ。ダイヤモンド&パールポケモンは個人的にあんまし魅力のあるやつが少ないような気がする。ここまでに相当数のポケモンもいることだし、その中でキャラが立つようにするのは確かに難しいかもしれない。ガブリアスとかドータクンとかなかなかに使い勝手もよくって魅力のある奴もいるんだけれどなあ・・・。
 息子はなんとかいう隠しポケモンを裏技でGETしようとして失敗しデータをとばしてしまいよった。泣いている。あれは絶対にやってはいけない(笑)

華麗パン・・・・

 納豆の誇大イメージ報道が騒がせていて、納豆好きの私としてはなんか寂しい気分だ。昨日買い物に行った家内も納豆が売っていなくてびっくりだったと。放送というのはこわいもんだ。
 さて、納豆と並んで自分がこだわっているのは「カレーパン」だ。かの「美味しんぼ」の何巻だったかでも「カレーパンは日本だけのもの・・・・インドにはない」という記述もあり、あんパン、ジャムパン以上に日本人が誇るべき菓子パンなのだと思う。
 Dsc06471
 
 各メーカーからそれぞれに個性のあるカレーパンが出ているのだけれども、今日買ってきてもらったのはY社の「華麗パン」というやつだ。キムタクが出ているドラマの「華麗なる一族」とのコラボレーション食品なのだとか。私はそのドラマ見たことないけれど・・・・。「21種類のスパイスを石臼で2度つきしています」というのがウリ文句。なかなかスパイシー。具が全体的にジャガイモの分量が多くてちょっと舌触りがよろしくない感じもするけれどもなかなかおいしいと思う。

2007年1月19日 (金)

ツイている夢とツイていない現実

 18日の朝方、すごくいい夢をみた。自分がどこかのゲーセンで遊んでいるのだ。するとそこへ店員一同がやってきて、自分がなにかの記念に当選したとかなんとか言うのだ。記念品として韓国文字の入ったプレステ2国内版動作するとてもレアなゲームとか(夢なのでどんなゲームなのかはさっぱりわからんが)1年間ゲームタダ券とかいろいろもらってウハウハするという素晴らしい夢だった。考えてみれば今日はX-BOX360のGears of Warの発売日だ。海外版は買わずに、年末のロストプラネットも買わずにとても楽しみにしていたのだ。ちょっと不安なのは今日の勤務はすごく遅くに終わるのだ。まあX-BOX360なので売り切れなんてことは無いだろう・・・・・とタカをくくってたら甘かった。いつも行くゲームショップで売り切れ。本屋に併設されてる穴場ゲームショップも売り切れ・・・・・。360のゲームはあんまし置いてる店がすくないのだな。さらにゲームショップをハシゴして売り切れ。あきらめて家に帰る。あんまし悔しいんでSEGA DIRECTとか探してみたがこれも「完売」の無情な文字が。
 ちょっとばかし認識を改める必要があるなあ。X-BOX360のいいタイトルはこれからは予約いれておかないといけない。

2007年1月10日 (水)

1/10NHK「あのうたがきこえる」にビッグ錠先生が

Dsc06469
 仕事から帰ってきて、食事をしながらぼーっとテレビを見ているとビッグ錠先生が出てきた。なんだかよくわからない初めて見た番組だったが、想い出の歌のエピソードにマンガ家さんが画をつけるという番組らしい。今日はたまたまビッグ錠先生だったようだ。相変わらず野暮ったい絵だけれどすごくうまい。テレビ見ていてなんか嬉しくなってきてしまった。

2007年1月 8日 (月)

納豆餅、その後

仕事始めで忙しくて、年の暮れに作った納豆餅を忘れていた。昼食に家内に焼いてもらう。
Dsc06466_1
餅の中で発酵した納豆ときな粉が焦げた感じがとてもおいしい。やっぱし納豆餅は数日おいた方がおいしいと思う。納豆餅については、人や場所によって色んなやり方があることを教えてもらった。納豆発祥の地は関東でなくて実は京都京北町だとかいう説も出てきたりして非常に興味深い。冷蔵庫の無かった頃の保存食としては重要だったのだな・・・・・。

2007年1月 7日 (日)

「リーンの翼」 全6話を見る・・・・

 大好きな富野由悠季さんの近作「リーンの翼」6話分を一気に見る。前作「オーバーマンキングゲイナー」が非常におもしろかったので期待してたのだけれど、正直なところの感想は若干消化不良という感じかも?展開がすごく早くて理解しにくい部分も多かったので副読本を買ってくる。

リーンの翼 解析設定資料集リーンの翼 解析設定資料集
ポストメディア編集部

一迅社 2006-12-23
売り上げランキング : 38678

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 これはVガンダム以降の富野アニメ全体に言えることだけれども、監督の思う世界観とか人間観を表現してゆくにあたって「絵」的なインパクトにすごく欠けると思うのだ。安彦さん、湖川友謙さんとのタッグ以降迷走を続けているように思う。今回のリーンの翼なんかでは古風な日本国人であるサコミズと混血のエイサップとの同じ日本人なのに立ち位置が違っている・・・というところが大きなポイントになっているはずなのに「絵」の上での明確な差異が感じにくくなっている。これは副読本の富野インタビューでも「今回の最大の失敗」と監督も感じているところだ。あととてもよく動いているのにデジタル彩色によるものと思えるのっぺりした質感のなさがどうにも「絵」的な軽さを助長してしまっているように思う。
 お話も展開がすごく早い。特にエイサップとリュクスが短期間になんでそんなに親密になってしまえるのかがどうしても納得ゆかない。できればテレビシリーズで見たかった。ホウジョウ軍はどうみても悪者で、エイサップが成り行き上そっち側に属しながら話が展開してゆくというあたりはいかにも富野っぽいなあと感心した。CGを使ったオーラバトラーの表現についてはかなりよかったと思う。斬られて体液がドバドバ飛び散るところとかはすごくいい。篠原保さんのデザインもよかった。特にオウカオーなんかは近年のロボットデザインでは抜群だと思うし劇中の立ち回りもすばらしい。こっちの「絵」は人物側よりも遙かにキャラが立っているように思った。
 ビデオの終わりのところにダンバインのDVDの告知が入ってるのだけれど、すごく見直したくなってしまったのだった。

2007年1月 5日 (金)

金曜プレステージ新春特別企画「悪魔が来りて笛を吹く」を見る

Dsc06465
稲垣吾郎の金田一はぜんぜん悪くない・・・・・んだけれど、関西弁があまりにもお粗末すぎて興ざめしてしまった。最後の方で真犯人が真相を独白するところでもイントネーション、アクセントの置き方がド素人すぎ。この妙な関西弁さえなければ(笑)
ちらっと元吉本新喜劇の山田スミ子さんが出ていた(内山理名の「嫌われ松子」にも出てはったけれど)。さすがにこの人の関西弁は完璧や。

2007年1月 3日 (水)

ポケモンダイヤモンド攻略への道

 年の暮れに弟からポケモンダイヤモンドをもらう。Wiiのポケモンバトルレボリューションのwi-fi対戦がとてもおもしろく、はやく自分の手持ちポケモンで対戦を楽しみたいというのが自分の今の欲望だ。すぐにも参戦させたいポケモンはアドバンスのポケモンエメラルドに待機させてあるので早く殿堂入りしてやらないといけない。今キッサキシティーのボス戦の最中だ。今回は道中湿地帯があったり豪雪地帯があったりでなかなか前に進めない。今まで以上に旅をしているムードが強く感じられるのがいいところなのだけれど、どこへ行っても出てくるポケモンがあまり代わり映えしないような気がしてならないのが、つまらないところだ。ドダイドス、レントラー、ムクホークでここまでは切り抜けてきたが、キッサキシティのトレーナーはこのチームでは息子ら情報によると相性が悪くちょっと苦戦しそうとのこと。いろいろ考えて、エメラルドの私の待機ポケモンをすでに殿堂入りしている息子のエメラルド経由で私のカートリッジに転送してきて対応することにする。ちょっとばかしズルかもしれないが、愛着のあるポケモンで戦いたいもんな・・・。X−BOX360のカルドセプトサーガがなんとかなるまではこっちで楽しむことにしよう。

母がブログを・・・・

 ところでこの正月休み、還暦を迎えようとしている義理の母が「ブログやりたいっておもうねん・・・」とびっくりするようなことを言ってきた。母の周囲の人でブログを始めたという人が何人かいるようで、また多趣味な母親なのでそれを日記風に掲載したいということで、始める気になったようだ。とりあえず自分がわかっているのでココログを勧めて、申し込みをし設定をする。母は事務仕事でパソコンとかをさわっているので覚えが早くて非常にありがたい。この年代の人で「パソコン教えて・・・・」という人も結構いるのだがどうにも覚えがよろしくなくっていけない。テンプレートとかを利用させてもらってなんとか形になる。これから始めようっていう人をその気にさせる説得力あるわな、この簡便さ・・・・。

正月・大阪ポケモンセンター

大阪ポケモンセンター

 元日2日と3日は毎年恒例で大阪の家内の実家に一族が集合。3日は暇だったので息子と甥に梅田のポケモンセンターにつれてこられる。人は結構多いがそんなに激混みということでもない。息子らはこの間ポケモンカードゲーム対戦に凝っていて、とにかく強いカードを手に入れることに執念の炎を燃やしているのだった。
 

2007年1月 1日 (月)

初詣で

家族に言われて気がついたのは今年は大厄の年。深夜に家内と氏神さんへおはらいしてもらいにでかける。
あけて元旦は家族で雑煮を祝い、お年玉渡しなどしてそのあと初詣へ・・・・・

初詣で
京都の北にある小さな神社へ毎年出かけている。正月らしくない雰囲気の世の中だけれど、ここはこじんまりとしたお社で非常にいいところだ。
 

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

ついった

その筋の音楽

  • 戸川純 with Vampillia -

    戸川純 with Vampillia: わたしが鳴こうホトトギス
    最初聞いたとき、滑舌の悪くなったひょろひょろ声の戸川純さんに絶句してしまった。ちがう!なんかちがう!? しかし、繰り返し聞くうちに印象が変わってきた。タイトル曲「私が鳴こうホトトギス」の意味が分かったような気になりで泣けた。絶景なるかな・・・・ (★★★★★)

  • 音楽:渡辺宙明 -

    音楽:渡辺宙明: Columbia Sound Treasure Series「透明ドリちゃん」オリジナル・サウンドトラック
    このようにマニアックなサントラが今発売されるとは。宇宙刑事ギャバン流用曲最後のピースがここに明らかになる。若き日の「柿崎澄子」さんを思い出しながら聞こう! (★★★★)

  • 坂本龍一 -

    坂本龍一: 音楽図鑑-2015 Edition-(紙ジャケット仕様)
    以前の版にに比べて大幅な音質の向上+追加収録曲。特にdisk2を聞いていると、このアルバムがどのように形作られていったかを思い巡らせることができて非常に興味深い。紙ジャケ大好き!! (★★★★)

  • ゴダイゴ -

    ゴダイゴ: 西遊記
    発売は私小五の頃。50歳近くなって、今改めて聞いて実に絶妙な構成であることを実感。ゴダイゴのアルバムでありドラマ西遊記のサントラという立ち位置がバランス取れていて素晴らしい。 (★★★★)

  • 戸川純 -

    戸川純: TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST&RARE 1979-2008
    内容的にはダブってしまう方もいるのだろうけれど、私のようにこれまでのアルバムを買ってこれなかった人には非常に価値の高い中身だと思う。特にDISC-3の「ラジャ・マハラジャ」は必聴だ! (★★★★)

  • 飯島真理 -

    飯島真理: blanche(ブランシュ)(紙ジャケット仕様)
     飯島真理さんにリン・ミンメイのイメージばかりを重ねていけない!!吉田美奈子さんのプロデュースが光るこのアルバムは癒しとしても聞き応えありと思う。 (★★★★★)

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30