人間嫌いを考える本・・・

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)
    この痛快さを面白がっていてはいけない。しかしおもしろい!優位性を維持しようとする中国軍に、特殊作戦群は消耗を強いられてゆく。でもこれ、与那国、多良間島の話決着見ないまま、尖閣に飛ぶの??かわぐち先生の悪い癖?

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気
    一気に読ませてもらった。逸話の断片は知っていたが、まとまると凄まじい内容。「ヤマト」も「ブルーノア」も私は好きだ。その製作の背景でドロドロの戦いが繰り広げられていた実態がここにまとめられている。「ヤマト完結編」初日公開版最終3分がいかにして無くなったかの経緯にびびった!!

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか?

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月30日 (土)

京都・伝承の(?)納豆餅の技

 今日はうちの家は餅つきの日に充てている。正月に向けてうちの家で絶対にないといけないのが「納豆餅」だ。ネットで検索すると全国でいろんな納豆餅があることがわかるが、うちのところの納豆餅は元々は亡くなったばあちゃんの里である京都の京北町の一部で作られているやり方を継承しているので、ほんっとにどうでもいいことだけれどもここで紹介しておこうと思う。
Dsc06450
納豆を用意する。納豆は何でもいいのだが、できればいいものを用意したい。納豆にも善し悪しはあるのだ。毎年うちが使っているのは京都京北町美山の「美山健康納豆」というやつだ。「美山 おか本」というところで作っていて原材料は国産大豆と藁(納豆菌)だけだ。これがいいのだな。

Dsc06451
Dsc06452
藁苞納豆6本位を投入する。納豆には塩を入れて和えておく。納豆に塩というと「え?」とびっくりする人もいるのだがこれが重要だ。塩は相当たくさんの量を入れる必要がある。これで味が決まってしまうのだけれどもこればっかりは加減の問題なので造る人の感覚に頼るしかない。

Dsc06453
餅船にきな粉を用意する。きな粉は砂糖などは混ぜてはいけない。そのまんまで使う。これも味の決め手になる

Dsc06454
Dsc06455
Dsc06456
餅を用意。熱いうちにシート状に広げる。これが熱いのですごく大変。

Dsc06457
Dsc06458
広げた餅の上に納豆を投入。ちょっと多いかな?と思うくらいがいい。それを広げる。

Dsc06459
これをロール状に巻いてゆく。

Dsc06460
これで完成。すぐには食べずに正月3日くらいまで待つ。するとどうなるかというと餅にロールされた納豆が餅の中で発酵するのだ。塩を多い目に入れたのもそのためで、塩が餅に染みこんでちょうどいい加減になる。これを年明けに餅網で焼くと実にっ!!こうこんがりと香ばしいいいにおいがして、発酵した納豆と味の染みこんだ餅の焦げたそこんところがまたおいしいのだ。
改めてまとめると何でもないことだけれども、このやり方で納豆餅をやっている人がだんだんと減っている。京北美山町で売っている納豆餅は納豆を餅に一緒につきこんでしまうやり方でそれはそれでおいしいのだが、個人的には納豆のおいしさと発酵食品だという特性を活かすにはこのやり方だと思う。毎年京北町から納豆餅を送ってくれていたばあちゃんの親戚のおばさんは本当に名人で、きな粉と納豆の塩加減と全体のバランスが絶妙で、伝承している私の母も相当に近づいてきたと思うがその技にはまだ遠いような気がする。失われゆく日本の食文化なのだな・・・・・。

 納豆餅なんてほんとにどうでもいいことだが、どうでもいいことをこだわってくどくど書き連ねるというのが自分のHPづくりの本分であったということをこの1年忘れていたような気がする。来年に向けての原点立ち返りを考えよう・・・・・って、かんがえんでもええのか(笑)

2006年12月29日 (金)

仕事納め・・・・その後発散

 仕事納めする。いいことが一つもなかった今年だった。前向きになにかが積み上げられていない。できないことを削ってジリジリ後退してきた1年だったように思う。まあ、とにかく数日は嫌なカンケイは忘れて自分の世界に没頭するのがいい過ごし方だ。
 取り急ぎwindowsマシンを組み直す。今まで使っていたのはAthlon2400+にビデオカードはATIのRADEONの自作機だったのだが、少し前から動作がおかしくなってきていて、またVistaも出ることだし快適に動作するマシンにアップグレードしようと機会を伺っていたのだ。下調べするとビデオカードのポートがAGPからPCIEXPRESSとかいうのに知らないうちに進化してるではないか?トレンドはCore2DUOだけではなかったのだな。ついでにATAの規格も進化してる。ちょっとしたアップグレードのつもりだったのに、ケースを残してほとんど新品交換になってしまう。予算はなんとか5〜6万くらいに押さえたいところだ。CPUだけは絶対にCore2DUOにしたかった。本当はE6600にしたかったのだが少し押さえてE6300にする。ビデオカードもだいぶ迷ったがGIGABYTE製のGeForce7600の廉価版に決める。
 家内にバレないようにこそっと組み立てる。外見はいままでのまんまなので、自作機はこういうとき便利だ。だいたい1時間くらいで組み終わる。Windowsをインストールし、古いHDDを外付けケースにつないでマイドキュメントとiTunesのデータを移植して終わり。全体的にすごく静かなマシンになる。機動も早くなりなんとなくいい感じ。データのエンコードとかは早くなっているようなのだけれど?そのへんは冬休み中にゆっくり実験してみよう。

2006年12月24日 (日)

初代iBookはまだ現役

 小3の息子が「ちょっと調べたいことがあるねん」とパソコンを引っ張り出してきた。初代貝殻iBookはまだまだ使える。
Dsc06436

 画面の解像度が800*600というのがいささか狭さを感じるが、AirMacがちゃんと搭載されているので家の中どこへ持って行ってもスカッと繋がってくれるし、丸みのある筐体デザインも個人的にすごく好きだし、なによりOS9,6だ(笑)
 娘の通知票を見ると中学の「技術・家庭」の授業ではパソコンが項目としてあるようなのだ。今時なんでもできないとだめなんやなあ・・・

2006年12月23日 (土)

タグラグビー

タグラグビー

息子がやってるニュースポーツを観戦。頼りない奴だが息子はキャプテンだ(笑)結構いいうごきしてるやん。見ていて面白かった。

2006年12月22日 (金)

SDガンダムスカッドハンマーズクリア!!

 

SDガンダム スカッドハンマーズ
SDガンダム スカッドハンマーズ
バンダイ 2006-12-02
売り上げランキング : 206

おすすめ平均 star
star爽快!
starほほえましくアレンジされた初代ガンダムの世界
starお手軽アクションゲーム

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今日は出勤が遅番になったのでwiiのスカッドハンマーズを終わらせる。なかなかおもしろかった。あとターンAを出現させていないので隠し要素が残っているのだが・・・・。
 基本的には映画でなくテレビのストーリーに沿っている。酸素欠乏症(?)のテム・レイとアムロの漫才でお話が進む形で、結構細かな展開にこだわっているのがよかった。特にジャブローから宇宙へ出て以降ビグロ、ザクレロの話がちゃんとフォローされていたり、「コンスコン強襲」でサイド6中立地帯で「火器は使えない」お話がこのゲームでは「ハンマーは火器でない」ので先制攻撃できるというあたりで結構笑えたのと、映画ではカットされた「テキサスの攻防」でのギャン戦もフォローされてたのがよかった。残念なのはミハルがらみの話は反映されていなかったのと、ララアの出番も少なかった。WBのクルーも出て欲しかったがそれではテム・レイのキャラが埋没してしまうという配慮なのだろうな。基本的には人が死なないストーリーに変えられているので、笑える部分と物足りない部分が出てしまった感じかもしれない。
 ゲームそのものも腕が若干疲れるがなかなか爽快感があっておもしろかった。個人的にはハンマー一本に絞るのでなくて、去年出たGCのSDガンダムの改良版みたいなゲームが欲しかった。やはり使える機体が5体というのはあまりにも寂しいしステージによって機体を変えるというような戦略性も特にはないので何のために操作できる機体のバリエーションがあるのかが意味がなかったように思う。アレックスかG3か?あくまで趣味的なレベルでの機体選択になってしまった。ハンマーと機体と装備を組み合わせてどう切り抜けるかというような攻略の楽しみもあればもっとSDガンダムらしいゲームになっていたのかもしれない。
 次はもうハンマーにあんましこだわらないでこのレベルのゲームをつくってもらいたいなあ・・・・

2006年12月16日 (土)

CAPCOM CLASSICS COLLECTION REMIXD

X-BOX360の「カルドセプトサーガ」があまりのバグの多さに回収騒ぎになってしまい、遊ぶ本命を無くしてしまったのだが、先週出張で秋葉原で買ってきた海外版PSPタイトルの「CAPCOM CLASSICS COLLECTION REMIXD」が私の心を癒してくれている。
Dsc06417

 国内版も「カプコンクラシックコレクション」というのがでているのだが、内容がかなり違っているのと、動作感覚もだいぶ違う。まあ、違うメーカーが作っているので仕方ないと思うけれど、この海外版の出来に国内版は是非見習っていただきたかった。収録タイトルだけで言うと国内版も決して悪くはないけれど海外版も非常にいい。
「1941」・「必殺無頼拳」・「トップシークレット」・「ブラックドラゴン」・「ブロックブロック」・「キャプテンコマンドー」・「ファイナルファイト」・「ラストデュエル」・「フォゴットンワールド」・「アレスの翼」・「マジックソード」・「クイズ&ドラゴンズ」・「チキチキボーイズ」・「セクションZ」・「サイドアームズ」・「ラッシュ&クラッシュ」・「ストリートファイター」・「ストライダー飛竜」・「ワンダー3」・「バース」の20タイトル。ワンダー3には3つゲームがあるから厳密には22タイトルだ。国内版「カプコンクラシックコレクション」になかったユーザー本意の部分は半端ではなくロードの待ち時間がそれなりの長さで、メニュー画面からもゲームタイトルからもタイトルごとに難易度もキーのアサイン、画面設定が細かく設定でき、連射の設定まで個別にさせてもらえる。
Dsc06419
 個人的には「スライダー飛竜」「キャプテンコマンドー」ワンダー3」「ファイナルファイト」「バース」が遊べるのが非常に嬉しい。特に「バース」はカプコンシューティングの中でも個人的に結構好きなタイトルで思いっきりはまらせてもらっている。『間延びしたゲーム展開はいただけない』とMAMEのアートワークでも酷評されることの多いシューティングだけれども、自分としてはカプコンのちまちましたシューティングの良さが結構でていて「19**」シリーズと比べてもとてもおもしろいと思うのだ。

 秋葉原ではもう1本PSPの海外タイトルを買ったのだがそれはまた次の機会に・・・・

2006年12月 8日 (金)

秋葉原

秋葉原

合宿がめでたく終わったので、気合い入れにやっぱし立ち寄ることにする。秋葉原も高校生くらいの頃から何度もきているが、だんだんと様子が変わっていってしまっている。日本橋にはないとんでもないマニアックさを感じていたのだが、今ではこのラジオデパートあたりに名残を感じる位になってしまった。ここに来ないと見れない、買えないモノがすごく多かったがそういう部分が秋葉原からはどんどん抜け落ちて行っているように思える。
 今日の目当ては某洋ゲー専門店だ。2件あるのだが老舗のほうの店が引っ越ししめでたく隣同士になって非常に買い物しやすくなったようなのだ。

2006年12月 7日 (木)

関東のそばは・・・

関東のそばは・・・

やっぱしおいしい!鰹の一本調子なダシがいいなあ。

合宿生活

合宿生活

まさかこの歳になって、合宿するとは思わなかった(笑)相部屋でもう1人の人も京都の人だ。ここは埼玉の所沢で結構寒い。暖房便座が恋しい・・・・

2006年12月 5日 (火)

出張

出張

埼玉まで出張になる。新幹線で移動中。やっぱしのぞみは早い。伊吹山がもう見えた。
新幹線からみえる風景というのは、いつもみとれてしまう。実に不思議だ。人間って至るとこにいるなあと実感させられる。この人らの大半と顔を合わすことはないのだとおもうとまたなんとも不思議な気分になるのだ

2006年12月 3日 (日)

Wii バーチャルコンソールの威力

 個人的にWiiの目玉機能だったのはバーチャルコンソールで、よく原理はわからんけれど合法的なエミュレータなのだろうな???ラインナップもまあまあで価格もまあこんなところだろうか?64の「マリオ64」、MDの「ガンスターヒーローズ」、FCの「ゼビウス」を落としてくる。
Dsc06415
ガンスターはなんの違和感もなく遊べた。メガドライブの風邪ひいたような音もちゃんと再現されてるし、ちょっとした入力の感覚もまぎれもないメガドライブそのまんまだ。マリオ64も息子言うには「父ちゃん、これ完璧やわ!」と。息子もこのゲームは64実機で相当にやり込んだ口なのだが、遊んでいて全然違和感がなかったとのこと。ただ問題があるのはクラシックコントローラーだ。
Dsc06416
 このコントローラちょっとくせ者だ。スティックの位置がどうにも問題に思う。マリオ64なんかではそれなり64コントローラーのアサインをうまく当てはめているなあと思うのだが、あの64コントローラーの独特のホールド感にはかなわない。またガンスターをやっていると微妙にボタン位置や形状に違和感があり、また白熱してくると特にスティック位置が邪魔になってくる。フィット感というかホールド感に欠けるのだな。せっかくゲームそのものは再現性高いのにコントローラーのせいでだいぶ損してしまっているように思うのだ。

2006年12月 2日 (土)

wii購入抽選に当選

 これはついているのかどうなのか?当選してWiiがもらえるのならともかく、買わないといけないところが複雑。ともあれ発売日に新しい機械で遊べるのはええことだ。
Dsc06413

 設置するのにマニュアルを読んでしまった。多少複雑だったがwi-fiの設定などはDSで見慣れた方法の延長線上にあったのでそんなに迷うことはなかった。ファームウエアかなにかのバージョンアップでだいぶ時間をとってしまうのは、多少じれったい。
 ゲームは「ワリオ」と「ガンダムハンマー」を買ったのだがコントローラーの焦点がなんとなくしっくりこない気がする。まあこれは慣れなのかもしれない。
バーチャルコンソールでMDの「ガンスターヒーローズ」を買ってきたのだが再現具合はなかなかよろしい。ただクラシックコントローラーの3Dスティックの大きさがちょっと不釣り合いで遊びにくいのは難点だ。いつの日かWiiコントローラーで遊べる64の「罪と罰」を是非出していただきたいものだ。


2006年12月 1日 (金)

宮内国郎さんまでもが・・・・ショック

 新聞見てびっくりした。宮内国郎さんも亡くなってしまった。自分の幼少期に影響を受けた方々がなくなってゆくのは複雑な気分だ。宮内国郎さんは「ウルトラマン」の音楽もいいのだが、やっぱし「快獣ブースカ」の音楽がよかった。明るさの中に一抹の寂しさのようなものを感じる曲調と楽器編成がすばらしい。「ウルトラQ」の「鳥を見た」の回のラストに流れる曲なんかも、ハッピーエンドっぽくってどこかに報われなさを感じる雰囲気が魅力だと思う。寂しいかぎりだなあ・・・・・

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

ついった

その筋の音楽

  • 戸川純 with Vampillia -

    戸川純 with Vampillia: わたしが鳴こうホトトギス
    最初聞いたとき、滑舌の悪くなったひょろひょろ声の戸川純さんに絶句してしまった。ちがう!なんかちがう!? しかし、繰り返し聞くうちに印象が変わってきた。タイトル曲「私が鳴こうホトトギス」の意味が分かったような気になりで泣けた。絶景なるかな・・・・ (★★★★★)

  • 音楽:渡辺宙明 -

    音楽:渡辺宙明: Columbia Sound Treasure Series「透明ドリちゃん」オリジナル・サウンドトラック
    このようにマニアックなサントラが今発売されるとは。宇宙刑事ギャバン流用曲最後のピースがここに明らかになる。若き日の「柿崎澄子」さんを思い出しながら聞こう! (★★★★)

  • 坂本龍一 -

    坂本龍一: 音楽図鑑-2015 Edition-(紙ジャケット仕様)
    以前の版にに比べて大幅な音質の向上+追加収録曲。特にdisk2を聞いていると、このアルバムがどのように形作られていったかを思い巡らせることができて非常に興味深い。紙ジャケ大好き!! (★★★★)

  • ゴダイゴ -

    ゴダイゴ: 西遊記
    発売は私小五の頃。50歳近くなって、今改めて聞いて実に絶妙な構成であることを実感。ゴダイゴのアルバムでありドラマ西遊記のサントラという立ち位置がバランス取れていて素晴らしい。 (★★★★)

  • 戸川純 -

    戸川純: TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST&RARE 1979-2008
    内容的にはダブってしまう方もいるのだろうけれど、私のようにこれまでのアルバムを買ってこれなかった人には非常に価値の高い中身だと思う。特にDISC-3の「ラジャ・マハラジャ」は必聴だ! (★★★★)

  • 飯島真理 -

    飯島真理: blanche(ブランシュ)(紙ジャケット仕様)
     飯島真理さんにリン・ミンメイのイメージばかりを重ねていけない!!吉田美奈子さんのプロデュースが光るこのアルバムは癒しとしても聞き応えありと思う。 (★★★★★)

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30