人間嫌いを考える本・・・

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)
    この痛快さを面白がっていてはいけない。しかしおもしろい!優位性を維持しようとする中国軍に、特殊作戦群は消耗を強いられてゆく。でもこれ、与那国、多良間島の話決着見ないまま、尖閣に飛ぶの??かわぐち先生の悪い癖?

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気
    一気に読ませてもらった。逸話の断片は知っていたが、まとまると凄まじい内容。「ヤマト」も「ブルーノア」も私は好きだ。その製作の背景でドロドロの戦いが繰り広げられていた実態がここにまとめられている。「ヤマト完結編」初日公開版最終3分がいかにして無くなったかの経緯にびびった!!

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか?

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月30日 (木)

実相寺昭雄監督死去・・・・

 「実相寺さん死なはったなあ・・・・」と家内が。おまえは実相寺昭雄さん意識してたんか!?(笑)

 私が実相寺監督を意識したのはいつの頃だったのだろう?妙な画面構成に気がついたのは中学2,3年頃だと思う。何十回目かのウルトラセブンの再放送だったのではなかろうか?監督によって同じウルトラでも仮面ライダーでも戦隊モノでもはっきりと画面のカラーが異なっているということがわかってきたのだった。特に実相寺監督の画面作りは際だった個性があった。これはなかなかおもしろいとわかってきた頃深夜枠で「怪奇大作戦」の再放送が始まった。「恐怖の電話」「死神の子守歌」「呪いの壺」そして「京都買います」には燃えた。特に京都在住の私は「京都買います」にははまってしまった。
 去年のウルトラマンマックスでは「狙われない街」を演出されてまだまだ健在なところを見せてもらった。次の「シルバー假面」はなんとか完成したとのことだったのだが・・・・・実に残念としか言いようがない。

 今、怪奇大作戦の「死神の子守歌」を見ているのだが、やっぱしすばらしい。あと怪奇大作戦見て今日は寝ることにしよう・・・・・。

2006年11月26日 (日)

ぼくはくま

ぼくはくまぼくはくま
宇多田ヒカル 冨田謙

東芝EMI 2006-11-22
売り上げランキング : 8107
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 たまたま見たみんなのうたで宇多田ヒカルが歌っていてびびってしまった。スカしたいい歌だ。通常版がDVD付きか考えるところだがiTunesのショップでもダウンロードできるのだな。ライバルはエビフライらしいぞ(笑)

カルドセプトサーガ進行中

Dsc06401

待望のカルドセプトサーガが先週中頃に特典と到着。じっくり楽しまさせてもらっているが非常にいいできだ。内容に文句はないのだが全体的な操作感のレスポンスの悪さだけはなんとかならなかったのか?その点は非常に残念だ。そのためか1ゲームがすご〜く長く感じる。3人プレイとかになるとすごく顕著。数秒のひっかかりが積み重なって長時間になるのだな。
 特典のトランプは紙製でなかなか雰囲気がでていていい感じだ。ジョーカーにコードが書いてあってそれをLiveの画面から入力すると特典カードがダウンロードできる。思えばドリームキャスト版でレオナイトがダウンロードできる時にはまだアナログモデムだったなあ。X-BOX Liveというのは考えると非常にありがたい仕組みだと実感する。特典の入手から対戦まで課金のシステムも含めて非常に気楽でいいもんだな。でも一般にゲームを普通に楽しんでる層にネットワークでアドバンテージがあるゲーム機というのはどれほどの希求力があるかと思えば、まだまだマニアックな印象が先行するのだな。

 領地能力で進化するカードがなかなか新鮮。かなりこれはおもしろい・・・・。

wii抽選販売に向けて・・・・

 任天堂wiiが欲しくて予約をいれようと思っているのだが、近くのゲームショップやソフマップではすでに予約は終わってしまっていた。上新電機だけが「販売方法を考える」とのアナウンスだったのが、今日寄ってみると「抽選販売」ということにするらしい。カウンターには次々に親子連れが上新カード持って手続きをしている。いまはX-BOX360のカルドセプトサーガが進行中なので別に12/2に買えなくてもいいのかも知れないが、きっちり手に入れておきたいので申し込みしておいた。カウンターの兄ちゃんに「どれくらい入荷するもんなんですか?」と聞くと「だいたい100台くらいと聞いています」とのこと。ここの上新だけで100台なのか?京都近辺の上新で100台なのか?だいたいどれくらいの確率で買えるものなんだろう?
 息子に予約券見せると「やった〜!」と。でもよく考えろ息子よ。買わされるんやぞ。くれるのではなく・・・・・。

2006年11月21日 (火)

「みきおとミキオ」祝!文庫化

みきおとミキオみきおとミキオ
藤子・F・不二雄

小学館 2006-09
売り上げランキング : 20914
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 昔うちにも小学館のてんとう虫コミックス版があったのだがなぜか弟が手放してしまい、FFランド版もこれは買いそびれてしまっていたので、個人的には幻の本だったのだ。どういうわけかめでたく文庫化されて手軽に読めるようになったのはうれしいことだ。日常の生活に異分子が入ってくるタイプのシチューエーションコメディーではなくて、自分自身が異世界に身を置くことからでてくるズレで楽しむおはなし。連載元はてれびくんだとばかり思っていたが小学館の小4と小5だったとは知らなかった。「ひみつのタイムトンネル」という話はてんとう虫コミックス版には入っていなかったような気がする。巻末にダイジェストで未収録の話3話が入っているのだがこれはちょっと複雑なところだ。なんとかして全編収録というわけにいかなかったのだろうか?
 全体的にドラえもんで使い古されてゆくアイデアの集約という印象が強いけれど、自分としてはすごく好きな作品だったりする。息子にも読ませよう・・・・

2006年11月17日 (金)

石川賢さん死去

 新聞見てびっくりした。仲谷昇さんが亡くならはったのもびっくりしたが、石川賢さんが亡くなったのにはもっとびっくりした。
Dsc06267

 私がゲッターロボを少年サンデーで読んだのは小学校2年頃だったと思う。「ゲッターロボ」と言っておいて肝心のゲッターがロボットの形態でさっぱり出てこない。爬虫人類にバリボリ惨殺されてゆく人間と、気が狂ってる神隼人がとんでもなくトラウマだった。永井豪先生のマンガを読んでいると、これは絶対に石川賢さんが描いてるコマだろうな?というのがたくさんあった。確か「凄ノ王」だったと思うが凄真吾と体育会系クラブの果たし合いのところで、相撲部の兄ちゃんのおけつの穴に真剣が突き刺さるシーンも絶対に石川賢さんの画でトラウマだった。
 今日は石川版ウルトラマンタロウを読んで寝ます

2006年11月10日 (金)

宇宙刑事シャリバンORIGINAL SOUNDTRACKを聞く

宇宙刑事シャリバン オリジナル・サウンドトラック
宇宙刑事シャリバン オリジナル・サウンドトラックTVサントラ 串田アキラ

コロムビアミュージックエンタテインメント 2006-10-18
売り上げランキング : 30814

おすすめ平均 star
star構成に難あり?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

宇宙刑事シャイダーも同時発売。少し前に出たギャバンの総音楽集がなかなかいい内容だったのと、ANIMEX1200シリーズで復刻された盤を改めて聞いていて、若干足りない曲があるなあと少し不満だったのと、最近仕事がつまんなくて元気がなかったので、シャリバン→渡辺宙明ならば元気が出るだろう・・・・という淡い期待を抱いて購入したのでした。確かに・・・・・思ってた不足曲は全部入っていた。そういう点ではなかなか満足だった。しかしなんというのか?燃えない。構成が自分の趣味と大きく異なるのだ。大体にしてレーザーブレードのテーマを妙なトラックに配置してある。やっぱしこれでシャリバンクラッシュして大団円というのがありがちだけれど、シャリバン好きな奴はそうでないといけないだろう。でもこのアルバムそうなってない。旧シャリバン音楽集の構成をベースに足りなかった曲を付加するようなのが個人的にはベストだったのになあ・・・・・。サントラの構成って誰もが満足するようにと思うと実に難しいかもしれない。シャイダー買うのがちょっと不安になっている(笑)

2006年11月 6日 (月)

「ブラッカムの爆撃機」を読む

ブラッカムの爆撃機―チャス・マッギルの幽霊/ぼくを作ったものブラッカムの爆撃機―チャス・マッギルの幽霊/ぼくを作ったもの
ロバート・アトキンソン ウェストール 宮崎 駿 Robert Westall

岩波書店 2006-10
売り上げランキング : 113

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 意訳の具合が自分にはちょっと合わなかったのだがさっき読み終わった。なかなかおもしろかった。戦争に正義はなくかっこええことなど何にもない。生きるか死ぬかの極限状況でのとぎすまされた人間模様と人の生き様があるだけにすぎないのだろう。これは宮崎駿さんの雑想マンガ「泥だらけの虎」でも指摘されていたけれど、戦車兵の戦いはひたすら耐えることで、異臭のする車内でじ〜っと待ってがーっと戦ってまたじっと待つ。時々砲弾のなかにおしっこして、うんこは夜中に一度だけ。そうしないと狙撃兵のいい的になってしまう。これが毎日毎日延々と繰り返されるというのはエピソードとしておもしろいとかそんな悠長なことではなくって生きてゆくための現実としてそういうことがあったという、とても悲惨な若者の生き様なのだ。
 最近また宮崎駿さんの視点が変わってきたように思う。ぼちぼちでいいので雑想マンガ描いてほしいなあ・・・・。

ランチ補給

 久々に仕事が休みで、家内の用事につきあって昼食を食べに行く。京都北区の下鴨にある寿司屋のランチメニュー。京都新聞で紹介されていてなかなか良さそうだったので・・・・・とのこと
Vfts0005

ちゃんとした寿司屋のちらし寿司というのはすごく久しぶりだ。宅配寿司でよく頼むちらし寿司の3倍くらいの値段はする。ネタが新鮮ですごくおいしかった。ちょっと満足する。

まだピンチ

 なかなか休養できない。疲れがたまってゆく一方で精神的に癒されることが少ない。極端な前向きさの減退が続いている。物事に対する欲望が沸いてこないというのが致命的だ。大好きなゲームですらかつてのようなやる気が起こってこない。「ワンダと巨像」も11体目の巨像で中断している。
 極端な鬱とでもいうのか?周期があるわけでもなく、唐突に何も手をつけるのがいやになってしまう。だから何も進展してゆかない。仕事もプライベートも予定がたまる一方だ。これではまずいとわずかに感じているところはまだ救いかもしれないけど・・・・

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

ついった

その筋の音楽

  • 戸川純 with Vampillia -

    戸川純 with Vampillia: わたしが鳴こうホトトギス
    最初聞いたとき、滑舌の悪くなったひょろひょろ声の戸川純さんに絶句してしまった。ちがう!なんかちがう!? しかし、繰り返し聞くうちに印象が変わってきた。タイトル曲「私が鳴こうホトトギス」の意味が分かったような気になりで泣けた。絶景なるかな・・・・ (★★★★★)

  • 音楽:渡辺宙明 -

    音楽:渡辺宙明: Columbia Sound Treasure Series「透明ドリちゃん」オリジナル・サウンドトラック
    このようにマニアックなサントラが今発売されるとは。宇宙刑事ギャバン流用曲最後のピースがここに明らかになる。若き日の「柿崎澄子」さんを思い出しながら聞こう! (★★★★)

  • 坂本龍一 -

    坂本龍一: 音楽図鑑-2015 Edition-(紙ジャケット仕様)
    以前の版にに比べて大幅な音質の向上+追加収録曲。特にdisk2を聞いていると、このアルバムがどのように形作られていったかを思い巡らせることができて非常に興味深い。紙ジャケ大好き!! (★★★★)

  • ゴダイゴ -

    ゴダイゴ: 西遊記
    発売は私小五の頃。50歳近くなって、今改めて聞いて実に絶妙な構成であることを実感。ゴダイゴのアルバムでありドラマ西遊記のサントラという立ち位置がバランス取れていて素晴らしい。 (★★★★)

  • 戸川純 -

    戸川純: TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST&RARE 1979-2008
    内容的にはダブってしまう方もいるのだろうけれど、私のようにこれまでのアルバムを買ってこれなかった人には非常に価値の高い中身だと思う。特にDISC-3の「ラジャ・マハラジャ」は必聴だ! (★★★★)

  • 飯島真理 -

    飯島真理: blanche(ブランシュ)(紙ジャケット仕様)
     飯島真理さんにリン・ミンメイのイメージばかりを重ねていけない!!吉田美奈子さんのプロデュースが光るこのアルバムは癒しとしても聞き応えありと思う。 (★★★★★)

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31