人間嫌いを考える本・・・

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)
    この痛快さを面白がっていてはいけない。しかしおもしろい!優位性を維持しようとする中国軍に、特殊作戦群は消耗を強いられてゆく。でもこれ、与那国、多良間島の話決着見ないまま、尖閣に飛ぶの??かわぐち先生の悪い癖?

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気
    一気に読ませてもらった。逸話の断片は知っていたが、まとまると凄まじい内容。「ヤマト」も「ブルーノア」も私は好きだ。その製作の背景でドロドロの戦いが繰り広げられていた実態がここにまとめられている。「ヤマト完結編」初日公開版最終3分がいかにして無くなったかの経緯にびびった!!

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか?

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

「メビウス&ウルトラ兄弟」を見る

 息子と見に行ってきました。同じような組み合わせのお客が多い。よく知ってる親父+ルーキーの息子パターン。デラニさんもおっしゃってた通りなかなかおもしろかった。
 以下ネタバレ含みます。

・テレビでもそうだけれどもヤプールが幅を効かせてきたのはどんなもんでしょうね?テンペラー、ガッツ、ザラブ、ナックルの宇宙人連合で十分おもしろい話にできると思うのだけれども?ヤプールがすべての宇宙悪の元凶という図式は個人的にはつまらないです。
・テンペラー星人とナックル星人の造形が非常にかっこいい。特にナックル星人は精悍な感じになりとてもいい感じ。
・究極超獣Uキラーザウルスは非常にかっこええし華があるのだけれども、冒頭でウルトラ4兄弟と戦ってたやつのほうが強かったようにおもう?
・ザラブ星人はやはり偽ウルトラマンメビウス作戦。偽物と見分けたサコミズ隊長の「よく見ろ、目つきが悪い!」には笑えた。
・連続変身シーンは新撮でけっこうグッとくるものがあります。セブンの変身ではダンの鼻がやっぱり上向いてます(笑)
・チームGUYSのメンバーはほとんど活躍しないのが残念。コノミ隊員をもっと出せ!!
・ハヤタとウルトラマンは最終回で分離したはずなのだが、今回のハヤタの姿はどういうつじつまがあるのだろう?
・北斗がホテルのシェフっていうのはA第1話でパン屋の兄ちゃんやってたという所からの発想なのだろうか?そのへんはマニアックでちょっと嬉しい。
・タロウはテレビでもウルトラの星勤務だったのでしかた無いけれど、篠田三郎さんには出て欲しかった。あと神戸の街で空手道場開いてるおおとりゲンと中学校教師を続けてる矢的猛という画面も含めて予算的にはつらいだろうけれど見てみたかった。
・エンディングのテロップに桜井浩子さんと池田駿介さんと星光子さんの名前があって、どこに出ていたかな?と思って見続けているとちゃんと出てこられたので最後まで見てください。私の席の前に座ってたお父ちゃんが「ああ〜」とため息ついてはった

ああ、こんなアホなこと書いてたら今日のベロクロンの回見逃してしまったぞ。放映時間違うやんか悔しい。

2006年9月25日 (月)

丹波哲郎さん死去・・・・

 なんかすごくびっくりしてしまった。折しも昨日丹波さん幻の主演作をYouTube経由でみたとこだったので驚きもひとしおだった。代表作、Gメンの黒木警視正よりも砂の器の今西刑事よりも、小林正樹監督の「切腹」での慇懃無礼な藩士の沢潟彦九郎役とか旧「日本沈没」の山本総理役が私には忘れられない。なんかイマイチ主演作に恵まれていないような気がするが、やはり日本映画界を代表する大物だったと思います

映画のスタッフロールで↓
-----------------------------------------
    丹波哲郎
-----------------------------------------
っていうように丹波さんの前後には線がひいてあるのがミソだとどっかの映画誌に書いてありましたが・・・・。そのとおりだとおもう(笑)

2006年9月24日 (日)

ウルトラマンミレニアムとか

 デラニさんのコメントでも勧めてもらったメビウスの映画に、下の息子と次の土曜に見に行こうと約束をして今週は仕事をがんばるつもりなのだが、けさの京都新聞を見ていると中国かどこかでパチもんのウルトラマンがはびこっていて円谷プロが訴訟起こしているという記事があった。調べてみるそいつは「ウルトラマンミレニアム」という名前で、巨大隕石が落下した後に現れた13体の怪獣をやっつけるためにミレニアムほか2人のウルトラマンが戦うというどっかで聞いたようなストーリーだ(笑)
 メビウス映画のCMを見ていてふと思ったのだが、ウルトラマンは最終回ハヤタと分離したので「地球での名前はハヤタ・・・・」とミライに名乗るのは矛盾があるのではなかろうか?とはいっても昨日のメビウスでもウルトラマンA第7話との恐るべきつじつま合わせをしてくれていたので、なんか説明はつくのだろうな・・・・・

2006年9月23日 (土)

R1つながり・・・・

 休日出勤する。早く仕事が片付いたので本屋で立ち読みしていると、めったに会えない友人の火星大王に呼び止められる。なんでここにいるのだ・・・・・
060923_1155

 いろいろ聞いていると彼もSUBARU R1を購入したのだとのこと。本屋の駐車場には私のR1とおんなじ色のR1がわざわざ隣に停めてあるではないか(笑)やっぱ個性的な車が少ないこの頃にあってR1の造りはなかなか魅力的であったとのこと。しかし不人気車やなあ・・・・と。それがまた魅力なのだけれど。R1数台集めるのってなかなか見られない光景やなあ

2006年9月10日 (日)

ボークス

ボークス

 長岡京で仕事だったので、帰りに久しぶりにボークスに寄る。私らが子供の頃・・・・ガンダムプラモも無かった頃は畑の真ん中にある、輸入模型・・・ってスターウオーズものが多かったが、に強いすげー模型店だったのにずいぶんと様変わりしてしまった。店の1/3位がドールになってしまっていてちょっと付いていけない。1/10位が萌え系エロフィギュアで、私はこういうの嫌いで萎えてしまう。なんかなあ・・・・自分好みの硬派な模型店なんてなかなか商売にならないんだろうなあ。

2006年9月 2日 (土)

メビウスへの不満

 今日のメビウス「日々の未来」は「地底GOGOGO」みたいでしかも隊長はミライの正体知ってそうでなかなか驚きの展開だった。毎回息子らと楽しみに見ているのだが、唯一気に入らないのは、メビウスは新怪獣がなかなか出てこないのがつまらない。特に私はボガールが嫌いだ。シリーズを通しての敵というのは悪くないと思うし、捕食生命体という設定も悪くないかもしれない。要はボガールにライバルとしての美しさを感じられないのだ。やっぱしバルタン星人並に何かを感じさせるようなデザインが欲しかった。ヒーローとタメを張るだけの強いキャラクター性がほしいなあ・・・・・テンペラー星人に負けているように思う(笑)
 劇場版私も楽しみです。

極魔界村

Dsc06134

 盆前にPSPを買ってしまう。前々から興味のあるハードだったのだが手が出ずにいたのだ。気の迷いでついつい買ってしまう。Ver.2.0だったので噂のエミュレーたの具合はどうかと数日実験したのだが、思ってたほどの実行速度は得られていないことがわかり、これだったら早々にバージョンアップしてなつかしゲーム系ソフトで楽しんだ方がええのでは?と思ってVer.2.80にしてしまった。自分的にはこの方が具合がいい。ビデオもきれいだしAACオーディオも再生してくれる。ネットブラウザも具合がいいし「汎用ウオークマン」というPSPのコンセプトはなかなか素晴らしいと実感する。ところがPSP、ゲームの方はさっぱりだ。自分にとって魅力あるソフトが少ない。でも1本あった。気を迷わせてくれたのは「極魔界村」だった。魔界村シリーズは代々あまりの難しさに途中で投げ出してきたのだが、個人的にすごく魅力あるタイトルなのだ。
 全体的にすごくデキがいい。なかなかおもしろい。相変わらずの極悪難度なのだけれども先に進もうという気にさせてくれる。すごく満足度が高いのだけれど、残念なのはこの「極魔界村」、普通のアクションゲームではなく「探索型アクション」っぽいゲーム性になってしまった。リングとアイテムを揃えないと最後の扉が開いてくれず、ラストボス戦に挑めなくなってしまっている。相当探したがリングのありかがわからず仕方なく項略本を買ってしまった。このへんが残念だ。途中の雑魚どもよりも各ステージボスのほうが弱めに設定されていたりするゲームバランスはとても好感がもてるのに、リング集めにあっち行ったりこっち行ったりすごくうざったい。よくよく考えるとこれってDSのニュースーパーマリオブラザーズっぽいシステムなのだな。変に意識せず普通に難しいゲームを作ってくれたらそれで十分楽しめたのになあ。

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

ついった

その筋の音楽

  • 戸川純 with Vampillia -

    戸川純 with Vampillia: わたしが鳴こうホトトギス
    最初聞いたとき、滑舌の悪くなったひょろひょろ声の戸川純さんに絶句してしまった。ちがう!なんかちがう!? しかし、繰り返し聞くうちに印象が変わってきた。タイトル曲「私が鳴こうホトトギス」の意味が分かったような気になりで泣けた。絶景なるかな・・・・ (★★★★★)

  • 音楽:渡辺宙明 -

    音楽:渡辺宙明: Columbia Sound Treasure Series「透明ドリちゃん」オリジナル・サウンドトラック
    このようにマニアックなサントラが今発売されるとは。宇宙刑事ギャバン流用曲最後のピースがここに明らかになる。若き日の「柿崎澄子」さんを思い出しながら聞こう! (★★★★)

  • 坂本龍一 -

    坂本龍一: 音楽図鑑-2015 Edition-(紙ジャケット仕様)
    以前の版にに比べて大幅な音質の向上+追加収録曲。特にdisk2を聞いていると、このアルバムがどのように形作られていったかを思い巡らせることができて非常に興味深い。紙ジャケ大好き!! (★★★★)

  • ゴダイゴ -

    ゴダイゴ: 西遊記
    発売は私小五の頃。50歳近くなって、今改めて聞いて実に絶妙な構成であることを実感。ゴダイゴのアルバムでありドラマ西遊記のサントラという立ち位置がバランス取れていて素晴らしい。 (★★★★)

  • 戸川純 -

    戸川純: TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST&RARE 1979-2008
    内容的にはダブってしまう方もいるのだろうけれど、私のようにこれまでのアルバムを買ってこれなかった人には非常に価値の高い中身だと思う。特にDISC-3の「ラジャ・マハラジャ」は必聴だ! (★★★★)

  • 飯島真理 -

    飯島真理: blanche(ブランシュ)(紙ジャケット仕様)
     飯島真理さんにリン・ミンメイのイメージばかりを重ねていけない!!吉田美奈子さんのプロデュースが光るこのアルバムは癒しとしても聞き応えありと思う。 (★★★★★)

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30