人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« クロムハウンズ・オンライン戦 | トップページ | さらばVIVIO »

2006年7月 3日 (月)

ヴュルツヴェルグ

振り替え休日で、昼食は家内へのサービスで滋賀県の大津にある「ヴュルツヴェルグ」というドイツ料理レストランへ行く。大津プリンスホテルのすぐそば。なぎさ公園の中にそれらしい建物があってすぐわかる。中に入ろうと思ったら扉が開かない・・・・。中から店長さんらしき人が開けてくれる。「この扉重いんですよ~」と。ちゃんと開店していた。
060703_1333
私の食べたランチ。グリルした鶏肉を煮込んである。上右のポテトサラダの酢加減がとてもいい

060703_1334
家内の食べたランチ。ハンバーグにほうれん草のソテーとかりかりの目玉焼きが添えてある

060703_1337
ソーセージ。めちゃおいしい!
 ドイツ料理ってすご~く濃い味付けを想像していたのだが、案外素材の味を活かす方向で作ってあるのがいい感じ

 雑誌とかテレビとかで紹介されてたのでなんとなくはわかっていたけれど、全体的になかなかいい雰囲気だ。 デザートまですご~く満足だったのだが、おばちゃんの集まりが2組井戸端会議をしていて、おばちゃん関西弁が大きくドイツムードを損なってしまってのがちと残念ではあった(笑)
 蛇足→
 060703_1325

 ハイジの「白パン」ってこんな感じやったのかなあ~と家内と笑ってしまった

« クロムハウンズ・オンライン戦 | トップページ | さらばVIVIO »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヴュルツヴェルグ:

« クロムハウンズ・オンライン戦 | トップページ | さらばVIVIO »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31