人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« さらに「日本沈没」を考える | トップページ | 今日も低調・・・・ »

2006年7月19日 (水)

月刊ASCIIが休刊!!

 中学生の頃からずーっと買っているのだが、今月号はやけに薄っぺらいなあ・・・・とおもって読み進むと「突然ですが・・・」と休刊宣言が巻末に。25年近く買ってるんではないだろうか?バックナンバーもほぼ残ってるはず。いっぺん確認してみよう。
 ASCII誌買い始めた当時私は中学生で、新しモノ好きの仲間らはまだ「マイコン」と言われてたパソコンの可能性に興味を持ち始めていた頃だった。私の周りではHARPのMZ-80派が断然多かったが、私はさんざん迷って8色ものカラーが出せるNECのPC-8001を買った。ASCII誌に載っていた「宇宙戦艦ヤマトゲーム」を打ち込んでイスカンダルまで毎日往復して遊んだものだ。パソコンがビジネスに使えるかどうかが真剣に雑誌で論じられるようなころだったな。遊んでてしゃべっていてすごく楽しかったものだが。ASCIIよありがとう、勉強させてもらった。

« さらに「日本沈没」を考える | トップページ | 今日も低調・・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月刊ASCIIが休刊!!:

« さらに「日本沈没」を考える | トップページ | 今日も低調・・・・ »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31